フォト
無料ブログはココログ

ランキングに参加しております。いずれかポチッとお願いします。

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月28日 (日)

東所沢のあの道は東京都につながるのか(東京狭山線)

関越道所沢ICや国道463号線(浦和所沢バイパス)から、東所沢経由で清瀬方面に車で向かう際、あの道路がつながればいいのにと、以前から思っていた所がありました。

しかし、かなりの高低差があるので、道路計画そのものがないのかと思っていました。

東京都清瀬市の方からなら、小金井街道をさらに北に向かい、都県境の清瀬橋の先あたりです。

Img_2727_500x375

↑清瀬橋は道路拡幅に備えるように、道幅を何年か前に架け替えられています。

埼玉県側の浦所バイパスから向こう側(北西)は、国道16号線まで道路が全線開通したと聞きます。
久しぶりに様子を見に行きました。

東京都道24号線、埼玉県道24号線練馬所沢線と位置付けられている道です。

Img_2730_500x375

↑小金井街道側から北東の東所沢方面を見てみると、道路導入空間があいています。
これは想定外のことでした。

途中いくつかある路地からも見てみます。

Img_2734_500x375

急斜面があり、スキー場ゲレンデの夏の風景といった感じです。
さらに近づいて見ると

Img_2738_500x375

隣のマンションに比べてみると、6階建てに該当する高低差があるように見えます。
マンションは上と下がつながっているようにも見えますが、さすがに自転車で勝手にエレベーターに乗るのは気が引けます。

近くに階段の道があるので、自転車を担いで登ってみることにします。
曲がっていて先が見えないので、来てしまいましたが、途中で後悔します。
遠い、長い、重い…

Img_2741_500x375

汗びっしょりですが、さすが、上から見るといい景色です。

この高低差を通る予定の道は、所沢都市計画道路3・3・2号線東京狭山線として、幅員22~25mで計画されています。
26年3月現在、所沢市内の整備率はと調べてみると、

続きを読む "東所沢のあの道は東京都につながるのか(東京狭山線)" »

2014年9月21日 (日)

都市計画道路は自転車にとって走りやすい道か

自転車は原則、歩道ではなく車道を走ることとなっていますが、車道の狭い道では車に轢かれそうになるし、歩道の狭い道では歩行者にぶつかりそうになるし、どちらも走りづらいことがよくあります。

では、そこそこ幅もある都市計画道路ならどうか、近隣の道を検証してみました。

まず、古くからある都市計画道路で、東村山3・4・4号線(新青梅街道)東久留米市柳窪四丁目付近(小平霊園とガスト近く)です。

Img_2697_500x375

都道で幅員は18mですが、昭和時代の道路構造令による古い設計のため、車道が片側2車線あり、かつ交通量も多いので、自転車で車道を走るのは怖いです。

歩道に歩行者は少ないですが、自転車は数多くは走っており、街路樹と電柱の両方があるところで、対向車とすれ違う時にちょっと危険です。

次に、比較的新しい都市計画道路としては、平成18年に開通した小平3・4・7号線(新小金井街道)小平市大沼町七丁目付近(小平グリーンロード立体北側)です。

Img_2682_500x375

都道で幅員20mですが、道路構造令で歩道も車道も必要幅が広くなったため、車道は片側1車線です。
自転車では車道の端も走りやすいですが、歩道も広く走りやすいためか、ほとんどの自転車は歩道を走っています。

↓少し北に行った大沼町三丁目付近(東京ガスグランドと錦城高校前)では、車道は右折レーン手前から渋滞で2列となっており、自転車は危険で車道は走れません。

Img_2684_500x375

同じく小平3・4・7号線ですが、新青梅街道より北側は幅員18mですが、やはり昭和に開通していたためか、車道は片側2車線で交通開放されていました。

前後の新しい道が1車線なのにここだけ2車線である必要がないのではとの、滝山団地自治会等の働きかけもあり、平成10年頃、片側1車線化されました。
Img_2688_500x375
↑大沼町四丁目(ガスミュージアムバス停前)ですが、車道を狭め歩道を広げたので、元は端にあったバス停や街路樹が、歩道の真ん中に残っているという、ちょっと不思議な形状となっています。

自転車はほとんど歩道を走っており、歩行者や対向車がいると、右側の狭い部分にどちらかがよけてすれ違っています。

次に市道ですが、平成14年に交通開放した東村山3・4・21号線(小平久留米線)東久留米市柳窪一丁目付近です。

Img_2595_500x375

東久留米市道で幅員16m、車道は片側1車線、歩道には点字ブロックがあります。
車道4.5m、歩道3.5mという多摩地区によくある形状の道で、車道の端も走りやすいですが、やはり歩道を走る自転車が多いです。

この道の大きな課題は、夜間歩道が真っ暗なことです。
なんと、車道の道路照明を見てみると、あえて車道外に光がいかないように細工してあるようです。

続きを読む "都市計画道路は自転車にとって走りやすい道か" »

2014年9月14日 (日)

オスプレイを見に横田基地友好祭2014に行く

9月7日、在日米軍横田基地で日米友好祭2014が行われたので、行ってきました。

青梅線牛浜駅からだいぶ混雑しているとのことなので、拝島駅から歩きます。
拝島駅改札には、ゲートまでの地図も用意してあり、約1.6km、徒歩で25分とあります。

国道16号線の歩道には、同様の多くの人が歩い混んでおり、車道は大渋滞です。
入り口である第5ゲート前の横断歩道を渡り、敷地内に入ると、さらに大行列です。

Dsc02576_500x375

米軍基地なので、お祭りとはいえ、ゲートで検問が行われているのです。
国籍入り写真付き身分証明書を持ってくるように推奨されていました。

午前中は雨だったのですが、午後からは止んだので、時折強い日も射し暑い中、並びます。

全員ではきりがないので、何人かに一人の割合でチェックをしているようですが、私は人相が悪いせいか、検問の対象として呼び止められてしまいました。

Dsc02579_500x375

金属探知機を体に沿ってあてられ、反応があったのかポケットからは財布と鍵を出し、再チェックでようやく無事通過です。

その後、全員、バッグの荷物検査もあり、ようやく基地内に入れました。
拝島駅から結局50分くらいかかってしまいました。

基地内はやはり広く、滑走路のエプロン部分には屋台が並び、ステーキやハンバーグを焼く煙が立ち込めています。

数多くの飛行機やヘリコプターが展示されていますが、オスプレイは一番奥にあり、さらに1kmほど歩きます。

Dsc02621_500x375

MV-22Bオスプレイです。
ニュースや新聞で展示されていることが報じられたせいか、数多くの人がいます。

航空祭などではロープが張ってあって、近くには行けないことが多いですが、米軍は太っ腹なことに近づけるし、中に入ることもできるようで、後ろには長い行列ができています。
Dsc02637_500x375
↑左に並んでいる人たちが、もうすぐ荷室や操縦席まで見ることのできる、羨ましい人達です。

↓こうして入っていきます。

Dsc02636_500x375

すごい行列ですが、どうしましょう。

続きを読む "オスプレイを見に横田基地友好祭2014に行く" »

2014年9月 7日 (日)

小平駅北口駅前広場と都市計画道路の小平久留米線はできるのか

西武新宿線小平駅には、南口駅前広場はありますが、北口にはありません。

北口の西武鉄道敷地内は駐車場となっており、狭い道を挟んで低層の商店が並んでいます。

Img_2657_500x375

小平都市計画では、北口駅前広場が計画されており、高層ビル建築は制限されています。
その広場は、西は踏切のある満北亭横の道から、東は太平楽やファミリーマート横の道までの広さがあり、幅100mの地域が指定されています。

Img_2576_500x375

駅前広場からは、東久留米市方面に向けた小平久留米線という小平都市計画道路3・4・19号線の都市計画道路も計画されています。

この計画線があるためか、数年前できた建物はこれを避けるように、斜めに南東部を駐車場などにしており、見る人が見るとちょっと不自然な形で建設されています。
↓北から南西の小平駅北口方面を見ています。この辺りに道路が通る計画です。

Img_2582_500x375

平成25年2月には、市街地再開発事業によりまちづくりを図るため、小平駅北口地区再開発協議会も設立されたようです。

(追加 9月11日付で小平市HPに「再開発協議会からのお知らせ(第1号)」が載りました)

小平3・4・19号線は、平成18年の東京都と各市による「多摩地域における都市計画道路整備方針」において、第三次事業化計画として、「今後10年間に整備すべき路線」と位置づけられています。

東京街道との交差予定部分もよく見れば、大きな街路樹はなく、ここに道路が通ることを暗示しているかのようです。

Img_2647_500x375

↑駐輪場、駐車場のところではなく、その東側を計画線は通っているようです。
計画線は北東方向に向かって進んでいきます。

多摩済生病院や多摩済生園にはかからずに、その東側を通り、美園第2児童公園(あの道路が直角に曲がっているところです)やその先の畑の真ん中を進みます。↓(写真9月14日追加)

Img_2669_500x375

小平市施行の予定ですが、事業認可などの具体的な動きはないようです。

小平霊園と接する所からは東久留米市になりますが、どうなるのでしょうか。

続きを読む "小平駅北口駅前広場と都市計画道路の小平久留米線はできるのか" »

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »