フォト
無料ブログはココログ

ランキングに参加しております。いずれかポチッとお願いします。

« 目黒天空庭園と大橋ジャンクションと再開発 | トップページ | 樹木墓地と樹林墓地の違いを見に小平霊園へ(2か月前の答え合わせも) »

2014年8月17日 (日)

ローマ風神殿建築にある日本水準原点と、その海抜はどうなっているのか

土地の高さを表すのに、標高何メートルといいますが、その基準はどうなっているのでしょう。

海抜ともいわれ、平均海面から算定しているのはわかりますし、水準点が全国に設置されていることも知っています。

その総本山ともいうべき「日本水準原点」が国会議事堂のすぐ近くにあります。

Dsc02514_500x375

国会前庭の北庭にありますが、あまり大きなものではないので、案内板がなければ見過ごしてしまうかもしれません。

この「日本水準原点標庫」は、1891年(明治24年)に日本全国の統一された標高の基準とするため設置された水準原点を保護するために建てられたものです。

全国の主要道路沿いにある水準点の高さは、この日本水準原点に基づいて測量されます。

Dsc02518_500x375

建築面積は14.93㎡と小さいものですが、石造りでローマ風神殿建築に倣い、明治期の数少ない洋風近代建築物として貴重であり、東京都指定有形文化財に指定されています。

上部をよく見ると、レリーフ装飾がなされています。
↓横書きで右から左に向かって書かれており、「大日本帝国 水準原点」とあります。

Dsc02513_500x375

国土地理院HPによれば、設置当時のこの水準原点の東京湾平均海面からの海抜は24.5000mとされ、経年による高さの変動がないように基礎が地下10mまで達しているそうです。

しかし、大正12年の関東大震災で地殻変動があり、標高24.4140mに修正され、平成23年の東日本大震災でさらに24.3900mとなりました。

東京湾平均海面は東京都のどこかで測っているかと思っていましたが、神奈川県三浦市三崎の油壺験潮場で測量しています。

Dsc02503_500x375

この国会前庭の北庭には、憲政記念館もあります。

昭和45年(1970年)に議会開設80周年記念として、議会制民主主義の一般の認識を深めるために設立され、昭和47年開館しました。

入場は無料です。
憲政の歩みの展示がメインですが、こんなものの現物もありました。

Dsc02506_500x375

わざわざ「実物の議員席です。」というプレートまでついています。

さらに、衆議院の演壇もあるのですが、なぜかそちらは4分の3の大きさになっています。

スペースの関係でしょうか、せっかくなら実物大にすればいいのに…

再び、外に出ますが、一帯は、江戸時代の初めに加藤清正が屋敷を建て、その後彦根藩の上屋敷となり、幕末には藩主で、江戸幕府の大老でもあった井伊直弼が居住していました。

明治時代になり、参謀本部、陸軍省がおかれていました。

Dsc02527_500x375

南庭は池のある庭園となっており、のどかな風景です。
でも周辺は、さすが国会議事堂周辺なので、警察の警備車両が何台もいます。

↓右が日本水準原点や憲政記念館がある北庭、左が庭園のある南庭。

Dsc02534_500x366

ところで、1890年(明治23年)の第一回帝国議会はどこで行われたのでしょう。
この国会議事堂はそんなに古くありません。

1887年(明治20年)の閣議で現地への建築は決定されていますが、間に合いそうもないので、いくつかの仮議事堂で国会は行われており、大正9年(1920年)に原首相の時、ようやく地鎮祭が行われ着工しました。

さらにその後もいろいろあり、昭和11年(1936年)広田首相の時、ようやく竣工式を迎えています。

Dsc02501_500x375

建築材料は国産のものを使用し、当時は日本一の高さを誇っていましたが、いまでは周辺にも高層ビルが建って、景観を損ねてしまっています。

しかし、こうして見るとやはり美しい建物ではあります。

ブログランキングに参加して、交流を広げていきたいと思っています。

いずれかポチッとお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


ポタリング ブログランキングへ







« 目黒天空庭園と大橋ジャンクションと再開発 | トップページ | 樹木墓地と樹林墓地の違いを見に小平霊園へ(2か月前の答え合わせも) »

建築物」カテゴリの記事

11東京23区」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 目黒天空庭園と大橋ジャンクションと再開発 | トップページ | 樹木墓地と樹林墓地の違いを見に小平霊園へ(2か月前の答え合わせも) »