フォト

ブログの記事

無料ブログはココログ

ランキングに参加しております。いずれかポチッとお願いします。

« 国立国会図書館に行ってみると中はやはり広い? | トップページ | ローマ風神殿建築にある日本水準原点と、その海抜はどうなっているのか »

2014年8月10日 (日)

目黒天空庭園と大橋ジャンクションと再開発

東名高速とつながっている首都高速3号渋谷線と中央環状新宿線との「大橋ジャンクション」は、平成22年3月に開通し便利になりました。

高架上の3号線から、ぐるっと回りながら、地下の中央環状線の山手トンネルまで行くのですから、広い面積が必要なはずです。

とは言っても渋谷のすぐ近くでそんな広い面積もとれないので、苦労して再開発により事業を実施しました。Img_2436_500x375

ここは平成25年3月に「オーパス目黒大橋」として再開発され、ジャンクションとともに2つのビルと公園もできました。

↑模型の写真上方にあるのは42階建てのクロスエアタワー、下方にあるのは27階建てのプリズムタワーです。
3号線からの車は、ループを時計回りに地下の中央環状線に入っていきます。

Img_2430_375x500_2

クロスエアタワーのすぐ横を、上下線双方向の4車線の道路が地下に入っていく様子を、3号線高架下の国道246号線から見てみると壮観です。

このクロスエアタワーは主に高級マンションとなっていますが、9階は目黒区の施設となっており、目黒区立大橋図書館もあります。

この9階へ直通するためのエレベーターの専用入口があるのですが、高級マンションのイメージを損なわないよう、区の施設の入り口とは思えないような立派なつくりです。
Img_2486_500x375
9階の図書館のすぐ前からは、大橋ジャンクションの屋上に行けるようになっています。
そして、そこは「目黒天空庭園」となっています。

↓左が大橋図書館、右がジャンクションのループと庭園です。
Img_2488_500x375
しかし、この橋を後で下から見てみたらと、けっこうスリルがあるところでした。

Img_2479_375x500

この庭園は朝7時から夜9時まで開放されているようです。
どんなところか見に行ってみましょう。

首都高速のジャンクションのループ上とは思えない空間が広がっています。

都市公園法に基づく立体都市公園とされており、面積7,000㎡もあります。
道路の上ですから、幅は16mから24mの細長い土地が長く続いていきます。
Img_2446_500x375
芝生がきれいです。

約6%の勾配となっており、この庭園の高低差は24mあります。
先にはプリズムタワーが見えます。
Img_2448_375x500
ジャンクションのループ上には庭園が造られていますが、真ん中の空間も有効活用されており、「オーパス夢広場」となっています。

↓プリズムタワー近くのあたりから振り返ると、庭園の高低差を感じることができます。

プリズムタワー5階にも専用エレベーターがあり、地上に行くことができます。Img_2495_500x375
下に降りて、オーパス夢広場からあらためて上を見上げてみると、ダムのような巨大な壁です。

なんといっても、地上35m、地下36mで高低差71mもあるジャンクションなのですから…

この広場は人工芝のグラウンドで、昼間は一般開放されており、夜間は有料で団体利用されています。
Img_2461_500x375
↑2つのタワー(ビル)だけでなく、庭園の中央の辺り(写真右)にもエレベーターがあり、上下間の移動をすることができます。

↓ジャンクションの外側から見ると、外観もきれいになっており、ジャンクションのループ部分だとは思えません。

Img_2473_500x375

大橋ジャンクション建設の話を最初にニュースで聞いたときは、そんなものほんとうに造るのかと驚きましたが、道路がおおわれているため、騒音もなく立派な構造物ときれいな庭園ができあがっていました。

再開発の全体面積25,000㎡、庭園への盛土量は5,000㎥、植栽した木は4,800本といいますから、大変なものです。

ブログランキングに参加して、交流を広げていきたいと思っています。

いずれかポチッとお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


ポタリング ブログランキングへ


« 国立国会図書館に行ってみると中はやはり広い? | トップページ | ローマ風神殿建築にある日本水準原点と、その海抜はどうなっているのか »

11東京23区」カテゴリの記事

土木」カテゴリの記事

庭園」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1626433/57037072

この記事へのトラックバック一覧です: 目黒天空庭園と大橋ジャンクションと再開発:

« 国立国会図書館に行ってみると中はやはり広い? | トップページ | ローマ風神殿建築にある日本水準原点と、その海抜はどうなっているのか »