フォト
無料ブログはココログ

ランキングに参加しております。いずれかポチッとお願いします。

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月31日 (日)

擬洋風建築物にある東大の建築ミュージアムを見に行く

東京大学総合研究博物館小石川分館に行きました。

1876年(明治9年)に今の東大本郷キャンパス内に建設された「旧東京医学校本館」が解体され、小石川植物園内に移築された建物で、その建物を見るのが目的です。

Dsc02565_500x375

これは東京大学内に現存する最古の学校教育用建物とのことであり、明治初期の木造擬洋風建築の貴重な歴史遺産です。

擬洋風建築とは、明治時代初期に西洋の建築物を見よう見まねで日本人の職人が作ったものを言います。

Dsc02544_500x375

外観に洋風デザインを取り入れていますが、小屋組みなどの基礎構造は和風建築の技術が使われています。

この建物は洋風、唐風、和風の三要素の混交形式が残っています。

Dsc02556_500x375

先程の「東京大学に現存する」という表現に不自然さを感じた方もいるかもしれませんが、小石川植物園は東大理学部付属植物園という位置づけです。

この建物は、現存最古の教育建築遺産で国の重要文化財にも指定されていますが、移築、改装により、すっかりきれいな外観及び内装となっており、少しがっかりしました。

しかし、よく見ると、古い木造の柱が一部残されていました。

Dsc02554_500x375

↑建物内には建築ミュージアムとして、「建築博物誌/アーキテクトニカ」の常設展示がされており、建築模型などが展示されています。

柱の二階部分はどうなっているのかと思いみて上がって見てみると、やはり柱は天井まで繋がっています。

Dsc02557_500x375

一部はこうして保存してあるのだと感心しながら、同じ二階の北側部分に行って、びっくり。

続きを読む "擬洋風建築物にある東大の建築ミュージアムを見に行く" »

2014年8月24日 (日)

樹木墓地と樹林墓地の違いを見に小平霊園へ(2か月前の答え合わせも)

お盆は少し過ぎましたが、お墓の話です。

2年ほど前に、小平霊園に樹林墓地ができるということがニュースでも話題になって、見に行きました。
さらに、樹木墓地もできたというので、再び見に行ってきました。

Img_2540_500x375

二つは並んでいます。
↓左が樹林墓地、右が樹木墓地です。

まず、両者の共通点として、どちらも、直接土に触れるかたちで遺骨を埋蔵し、石でできたお墓は設置しません。

埋蔵場所は指定できず、埋蔵に立ち会うことはできません。
焼香や献花は、墓地正面の参拝広場に設けられた献花台で行います。
お墓を継ぐ人がいなくても申込みできます。

では、違いはなんでしょう。
Img_2543_500x375
↓樹林墓地(樹林型合葬埋蔵施設)は、樹林の下に設置された共同埋蔵施設(カロート)に、遺骨を納骨袋に入れた状態で、直接土に触れるかたちで共同埋蔵します。

コブシ、ヤマボウシ、ナツツバキ、ネムノキ、イロハモミジが植えられています。
こちらは、生前に申し込みすることができます。

Img_2546_500x375

↓樹木墓地(樹木型合葬埋蔵施設)は、樹木の周辺に、遺骨を納骨袋に入れた状態で、直接土に触れるかたちで「個別に」に1体ずつ埋蔵します。

カツラ3本が植えられています。
こちらは、生前に申し込むことができません。

Img_2545_500x375

共同埋蔵なのか個別埋蔵なのかの違いがあることがわかります。
今年度初めて樹木墓地の募集を行ったのですが、その結果が東京都HPに載っていました。

個別埋蔵される樹木墓地のほうが人気なのかと思っていたら、樹木墓地は300体の募集に対して1.7倍の応募があり、樹林墓地は1600体の募集に対して、10.6倍もの応募があったとのことです。

子供がいなくても納骨が大丈夫なように、生前申し込みし、墓地を確保しておきたいというニーズは予想以上に大きいようです。
自然回帰の流れもあるようです。

ところで、小平霊園に来たので、2か月前の謎の答え合わせもしてきました。

続きを読む "樹木墓地と樹林墓地の違いを見に小平霊園へ(2か月前の答え合わせも)" »

2014年8月17日 (日)

ローマ風神殿建築にある日本水準原点と、その海抜はどうなっているのか

土地の高さを表すのに、標高何メートルといいますが、その基準はどうなっているのでしょう。

海抜ともいわれ、平均海面から算定しているのはわかりますし、水準点が全国に設置されていることも知っています。

その総本山ともいうべき「日本水準原点」が国会議事堂のすぐ近くにあります。

Dsc02514_500x375

国会前庭の北庭にありますが、あまり大きなものではないので、案内板がなければ見過ごしてしまうかもしれません。

この「日本水準原点標庫」は、1891年(明治24年)に日本全国の統一された標高の基準とするため設置された水準原点を保護するために建てられたものです。

全国の主要道路沿いにある水準点の高さは、この日本水準原点に基づいて測量されます。

Dsc02518_500x375

建築面積は14.93㎡と小さいものですが、石造りでローマ風神殿建築に倣い、明治期の数少ない洋風近代建築物として貴重であり、東京都指定有形文化財に指定されています。

上部をよく見ると、レリーフ装飾がなされています。
↓横書きで右から左に向かって書かれており、「大日本帝国 水準原点」とあります。

Dsc02513_500x375

国土地理院HPによれば、設置当時のこの水準原点の東京湾平均海面からの海抜は24.5000mとされ、経年による高さの変動がないように基礎が地下10mまで達しているそうです。

しかし、大正12年の関東大震災で地殻変動があり、標高24.4140mに修正され、平成23年の東日本大震災でさらに24.3900mとなりました。

東京湾平均海面は東京都のどこかで測っているかと思っていましたが、神奈川県三浦市三崎の油壺験潮場で測量しています。

Dsc02503_500x375

この国会前庭の北庭には、憲政記念館もあります。

昭和45年(1970年)に議会開設80周年記念として、議会制民主主義の一般の認識を深めるために設立され、昭和47年開館しました。

入場は無料です。
憲政の歩みの展示がメインですが、こんなものの現物もありました。

続きを読む "ローマ風神殿建築にある日本水準原点と、その海抜はどうなっているのか" »

2014年8月10日 (日)

目黒天空庭園と大橋ジャンクションと再開発

東名高速とつながっている首都高速3号渋谷線と中央環状新宿線との「大橋ジャンクション」は、平成22年3月に開通し便利になりました。

高架上の3号線から、ぐるっと回りながら、地下の中央環状線の山手トンネルまで行くのですから、広い面積が必要なはずです。

とは言っても渋谷のすぐ近くでそんな広い面積もとれないので、苦労して再開発により事業を実施しました。Img_2436_500x375

ここは平成25年3月に「オーパス目黒大橋」として再開発され、ジャンクションとともに2つのビルと公園もできました。

↑模型の写真上方にあるのは42階建てのクロスエアタワー、下方にあるのは27階建てのプリズムタワーです。
3号線からの車は、ループを時計回りに地下の中央環状線に入っていきます。

Img_2430_375x500_2

クロスエアタワーのすぐ横を、上下線双方向の4車線の道路が地下に入っていく様子を、3号線高架下の国道246号線から見てみると壮観です。

このクロスエアタワーは主に高級マンションとなっていますが、9階は目黒区の施設となっており、目黒区立大橋図書館もあります。

この9階へ直通するためのエレベーターの専用入口があるのですが、高級マンションのイメージを損なわないよう、区の施設の入り口とは思えないような立派なつくりです。
Img_2486_500x375
9階の図書館のすぐ前からは、大橋ジャンクションの屋上に行けるようになっています。
そして、そこは「目黒天空庭園」となっています。

↓左が大橋図書館、右がジャンクションのループと庭園です。
Img_2488_500x375
しかし、この橋を後で下から見てみたらと、けっこうスリルがあるところでした。

Img_2479_375x500

この庭園は朝7時から夜9時まで開放されているようです。
どんなところか見に行ってみましょう。

続きを読む "目黒天空庭園と大橋ジャンクションと再開発" »

2014年8月 3日 (日)

国立国会図書館に行ってみると中はやはり広い?

日本で唯一の国立図書館である国立国会図書館に行きました。

昭和23年(1948年)には迎賓館(旧赤坂離宮)に設置されていたといいますから、その頃に行ってみたかったものです。

現在の場所はやはり国会議事堂のすぐ北側で、永田町駅のすぐ前です。

Dsc02492_500x375

昭和28年(1953年)に官報公示によりコンペが行われ、設計は前川國男設計事務所(前川氏は入っていないようです)で、昭和36年(1961年)と昭和43年(1968年)に作られた建物です。
地上6階、地下1階建てとなっています。

国立国会図書館法によると、設立目的として、国会議員の職務の遂行に資するとともに、行政及び司法の各部門に対し、更に日本国民に対し、図書館奉仕を提供することとされています。

ですから、18歳以上であれば一般の人も利用可能です。
土曜日には開館しているので来ましたが、かなり多くの入館者がいました。
Dsc02493_500x375
↑ここは高低差のある土地なので、国会議事堂側の南側入り口(通常利用できません)から見ると4階建てです。

法により、国内で発行されたすべての出版物は国立国会図書館への納本が義務付けられています。

30年近く前に来たことはありますが、その頃でもセキュリティーには厳しく、住所氏名を記入したうえで入館カードをもらい、荷物はロッカーに預けて、自動改札機のようなものを通って入館していました。
退館時にはカードに本を返した記録があるかの確認がされていました。

この時代ですからさらに厳しくなっていることでしょう。
一般用の入り口は東側にあります。(ところで、こちらから見ると、5階建てに見えます)

Dsc02495_500x375

平成24年からデジタル情報のさらなる活用等のため、新たな登録利用者制度となっており、未登録の人は本館ではなく、新館から入場します。
↓左が本館、右が新館入り口

Dsc02499_500x375

新館は同じく前川事務所の設計で、昭和61年(1986年)と平成5年(1993年)に完成した地上4階、地下8階の建物です。

地下の深さに驚かされますが、本館新館の総床面積14万8000㎡で、うち書庫が53%を占め、総収蔵能力は約1200万冊だそうです。

ここで本人確認書類を示して利用者登録すると、登録利用者カードが発行され、IDやパスワードも設定されます。

B5サイズ以上のかばん、紙袋は持ち込み禁止なので、ロッカーに預けて、必要なものは備え付けの透明のビニール袋に入れ、いよいよ入館します。

続きを読む "国立国会図書館に行ってみると中はやはり広い?" »

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »