フォト
無料ブログはココログ

ランキングに参加しております。いずれかポチッとお願いします。

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月27日 (日)

TBSと日本テレビの本社移転の跡地を見に行く

「ビッグハット」という名は最近あまり使われなくなりましたが、1994年にできたTBS放送センターの愛称です。

屋上にあるヘリポートのようなものの、帽子ハットのような見かけから呼ばれていました。

Dsc02464_375x500

では、これができる前のTBS本社はどこにあったのでしょうか。

ご存知の方も多いと思いますが、ラジオ東京がテレビ放送を開始したころから、同じ港区赤坂五丁目にありました。
敷地が広大であったために、自社敷地内で本社建て替えができたのです。

では、一ツ木通り沿いにあり、懐かしのTBSホールもあった旧TBS本館ビル跡地はどうなったのでしょうか。

隣のTBS会館とともに、赤坂メディアビルとしてオフィスビルとして使われていたはずです。

Dsc02467_500x375

これらの1万坪、33000㎡もの敷地は再開発により、2008年に赤坂サカスとして生まれ変わっています。
地下鉄赤坂駅と直結しています。

赤坂BLITZ、赤坂ACTシアターが建て替えられ、さらに21階建ての賃貸住宅やオフィスビルが建てられました。

Dsc02455_375x500

↑この赤坂BIZタワーは39階建てでひときわ高い建物です。
高さ約180mで、遠近感はあるものの、右にあるビッグハットがとても小さく見えます。

この再開発は、TBSの持ち株会社である東京放送HDが、放送局を他地域に移転させずに、土地所有したままで実施している点が特徴です。

では、麹町から汐留に移転した日本テレビの跡地はどうなっているのでしょうか。

続きを読む "TBSと日本テレビの本社移転の跡地を見に行く" »

2014年7月21日 (月)

迎賓館赤坂離宮の建物装飾の美しさと、新旧2つの御所トンネル

四ツ谷駅から南に向かうと、正面中央に迎賓館があります。

Dsc02432_500x375

自動車交通は左右に分離され、正面の並木道は歩行者しか通れなくなっています。
賓客を迎えるときのみ、車がここを通行するのでしょう。

正門からして立派です。

Dsc02422_500x375

時折来る人は皆、記念撮影をしています。
門の隙間から建物を見てみます。

Dsc02418_500x375

芝生と松が整然と植えられた庭の向こうに、「迎賓館赤坂離宮」があります。

明治42年(1909年)に、皇太子(後の大正天皇)の東宮御所として建築された、ネオバロック様式の洋風宮殿建築物です。

片山東熊による設計で、当時の日本の建築家、美術工芸家が総力を挙げて建設したとのことです。

鉄骨補強煉瓦造りで、外壁には花崗岩を使用しています。
壁面のレリーフも見事です。

Dsc02438_500x375

建築面積5153㎡で、戦後は国立国会図書館や東京オリンピック組織委員会としても使われましたが、昭和42年(1967年)、外国からの賓客をもてなす迎賓館とすることが閣議決定され、改修されました。

よく見てみると、中央部軒上の両端には、甲冑の彫刻装飾まであります。

Dsc024192

100年目にあたる平成21年(2009年)国宝に指定されました。

屋根上を見てみると、他にも面白いものがあります。

続きを読む "迎賓館赤坂離宮の建物装飾の美しさと、新旧2つの御所トンネル" »

2014年7月13日 (日)

フジテレビと文化放送の跡地はどうなっているのか見に行く

フジテレビでは、視聴率低迷に対する対策のため、約1500人の社員のうち、3分の2もの約1000人を異動させたとのことです。

以前は、視聴率ダントツ1位のイメージがあります。
1982年から1993年まで12年間連続して、年間視聴率三冠王(プライムタイム・ゴールデンタイム・全日ともにトップ)だったとのことですが、現在は3位。

そういえば、あの頃は新宿区河田町に本社がありました。

Dsc02382_500x375

都営新宿線曙橋駅から歩くと、「あけぼのばし通り」の看板がありますが、以前はここは「フジテレビ下通り」だったはずです。

さすがに、名前をかえてありますが、名残を見つけました。

Dsc02385_500x375

以前はフジテレビは階段を上った先にあり、その念仏坂に向かう道の分かれ目に、左に行くとフジテレビだとの道標?が残っていました。

1997年3月に港区台場二丁目に移転するまでは、この坂、というか階段の上に局舎がありました。

あの球体展望室はちたまのあるFCGビルがインパクトのある見かけなので、今ではすっかりお台場のテレビ局のイメージです。

跡地には高層マンションが建っていました。

Dsc02391_375x500

UR都市機構により再開発されて、河田町コンフォガーデンとなっており、一番高い建物は41階建てです。

フジテレビがあった頃にも通っていた東側の一方通行の道側から見ています。

現在は住宅棟が4棟あり、敷地内にはスーパーマーケットSantokuもあります。

Dsc02389_500x375

当時の「フジテレビ下通り」の方から、つまり南西側からも、別の階段で直接この敷地に行くことができるようになりました。

Dsc02398_375x500_2


この建物は「東急ビューレジデンス市ヶ谷河田町」という高級賃貸マンションになっています。

すっかり景色が変わってしまいましたが、北側の女子医大通り(以前は通称「フジテレビ通り」だったはずです)にあった店は今でもありました。

Dsc02395_500x375

「コーヒー&レストランふじ」があるのは、あの頃と同じです。

この今では駐車場入り口となっている敷地の北東端(写真の手前)に、かつてのフジテレビの入口がありました。

Dsc02397_500x375

店名が変わっていないのが、なんかうれしいです。

最高気温32.8℃の暑い日ですが、ここから今度は四谷方面まで歩いてみます。

ところで、駅名にもなっている「曙橋」ってどこにあるのでしょうか。

このあたりには、川は流れていないはずです。

続きを読む "フジテレビと文化放送の跡地はどうなっているのか見に行く" »

2014年7月 6日 (日)

雷雨で新青梅街道は小平霊園付近が冠水、その時さいかち窪は

先週の日曜日、6月29日は午前中は晴れていましたが、天気予報では、午後は大気の状態が不安定になり、雷雨になる恐れがあるとのこと。

そんな雰囲気全くないないと思って自転車に乗っていたら、午後2時過ぎころから西の空がかなり暗くなってきて、3時前にはいかにも大雨が降り出しそうな空模様になりました。

Img_2314_500x375

数日前には三鷹市近辺で、雹(ひょう)が降り積もったといいますから、また降ると大変です。
がんばれば、なんとか家まで間に合いそうなので、急いで走り、なんとか辿り着いたところ、すぐに激しい雷雨となりました。
やはり、短時間ではありましたが、雹(ひょう)も降りました。
でも、1時間ほどで雷雨も無事おさまり、雨も上がったようなので、自転車で再び出かけてみて、びっくり…

Img_2330_500x375

新青梅街道が渋滞しているなあ、パトカーが止まっているから事故なのかなあと思いながら見ていると、

小平霊園の付近の道路が冠水しています。

1台車が止まっていますが、駐車するような位置ではないので、冠水で動けなくなったのでしょうか。

今は車なら通れるようで、警察官の交通整理により、片側交互通行しています。
自転車も通れそうなので近づいてみました。Img_2339_500x375
↑写真の手前あたりに黒目川が通っており、右がまぼろしの源泉がある「さいかち窪」で、左に向けて黒目川は流れています。

川や下水に舗装路面に降った雨は流すように設計してあるのでしょうが、大雨で道路排水が追いつかず冠水してしまったのでしょう。
裏道をまわって冠水した交差点に行ってみます。

Img_2351_500x375

新青梅街道は、200mほどに渡って冠水していました。
海岸の波打ち際と同様に、海の車が走ると、波がたって水が押し寄せてきます

道路排水も間に合わないほどということは、このあたりの狭い黒目川はどうなっているのでしょうか。

まさか、氾濫しているのでしょうか。

続きを読む "雷雨で新青梅街道は小平霊園付近が冠水、その時さいかち窪は" »

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »