フォト
無料ブログはココログ

ランキングに参加しております。いずれかポチッとお願いします。

« 衝動買いした3000円のラジコンヘリを飛ばしてみた | トップページ | 千川上水の水の流れに沿って行けるところまで »

2014年3月 9日 (日)

立野川の源泉を探しながら向山緑地へ

立野川の源泉探しに行ってきました。 

東久留米市と新座市の都県境付近で、落合川が黒目川と合流しますが、その少し手前で落合川に流入しているのが、立野川です。

Dsc01674_500x375

なぜか、ここには多数の鯉がいます。 

立野川は2つの川と違い、川幅も狭く、当然遊歩道も整備されていませんが、南西から北東方向に流れているという点は2つの川と同じです。 

住宅の間をぬうように流れているため、川沿いの道がなく、しかも意外と橋が少ないので、自分が川と同じ方向に進んでいるのか不安になります。

Dsc01681_500x375

川は西武池袋線を横断して、向こう側から流れてきています。 

↑家と家の隙間に、走っている電車が見えるのわかりますか?

黄色い電車ならもう少し目立ったかもしれません。 

この先道がないので、線路を横断するため、踏切まで数百メートル迂回します。 

川は自由学園の敷地内を流れているようです。

Dsc01685_500x375

↑校内は通れないので、敷地の外側の道路を周ってきました。橋から自由学園方向(下流側)を見ます。 

↓同じ橋から上流方面を見ると、たての緑地が見えます。

Dsc01687_500x375

この緑地・緑道は、中島航空金属田無工場への引込線の廃線跡ですから、高い位置にあります。 

以前この緑道を通ったときは、あの高いところからこちら側を見たはずです。 

さらに、上流に行ってみます。

相変わらず、川沿いには道はないので、左岸(南西側、写真の右側)をほぼ並行していると思われる道で進んでいきます。 

↓南沢通りを過ぎ、次のこの橋から左岸側の道を行きますが、川を見失ってしまいます。

Dsc01690_500x375

地図を見ると、緑地となっているのですが、入口が見当たらないまま、道路はどんどん高いところに上がっていきます。 

結局、かなり大回りして右岸側に行ってしまいました。

わかりづらい住宅街の一角に、向山緑地公園の入口はありました。 

公園内の階段を下りていくと、再び水の流れを発見。

Dsc01703_500x375

ここは昔から水があり、高低差のある台地もあり、生活しやすかったのでしょう。

約7000年前の先土器時代から縄文時代のムラのあった向山遺跡もこの公園内にあるようです。

そして、源泉らしき池もありました。

Dsc01697_500x375

「この先、水深が深いため立ち入らないでください」と書いた看板もあります。 

↓これより上流側も水の流れた痕跡らしきものはあるので、季節によっては水があるのかもしれません。

Dsc01699_500x375

公園全体が崖地のような地形となっているので、高いところからはさらに上流側が見えるかもしれません。

ちょっと上がってみます。

Dsc01700_500x375

↓崖の上の方から下をのぞきこんで見ましたが、やはり水は無いようです。 

この先は急斜面でこれ以上行けませんでした。

Dsc01706_500x375

先程、さらに上流側(南西側)をぐるっと周ったので、そちらは標高が高くなっていたことを確認しましたから、この向山緑地が立野川の源泉であることは間違いないようです。

落合川の南沢緑地の湧水もすぐ近くにあります。 

それにしても、東久留米市は川の源泉や湧水の多いところだなあと、改めて感じました。 

この日の走行距離は19.83km、平均時速17.33km、消費カロリー453kcalでした。

ブログランキングに参加して、交流を広げていきたいと思っています。

いずれかポチッとお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


ポタリング ブログランキングへ






« 衝動買いした3000円のラジコンヘリを飛ばしてみた | トップページ | 千川上水の水の流れに沿って行けるところまで »

01東久留米市」カテゴリの記事

川の源泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 立野川の源泉を探しながら向山緑地へ:

« 衝動買いした3000円のラジコンヘリを飛ばしてみた | トップページ | 千川上水の水の流れに沿って行けるところまで »