フォト
無料ブログはココログ

ランキングに参加しております。いずれかポチッとお願いします。

« 出水川の源泉はどこなのか、オオカミクボ? | トップページ | 雪解け水により黒目川の源泉はどうなっているか »

2014年2月 9日 (日)

柳泉園組合ではどこの市のごみが焼却されているのか

昨日は、東京都心でも45年ぶりという27cmもの大雪が降り、私の家の周辺はそれより10cm以上は多い、少なくとも37cmの積雪がありました。

今日はいい天気ですが、自転車で遠出はできません。

先週の出水川の旅の途中にあった「柳泉園組合」のことが気になったので、再び行ってみました。

Img_1996_500x375

周辺市により設置されたごみ焼却施設で、こうした施設によくあるように、余熱を利用した温水プールや風呂などが併設されています。

また、野球場やテニスコートなども利用することができます。

敷地内には、緑地もあります。

Img_1992_500x375

よくあるパターンとしては、東久留米市下里に立地していますが、市境にあり、一部敷地は東村山市です。

だから、東久留米市と東村山市の施設だと思っていました。

違うことを知り、びっくりしました。

HPによると、柳泉園組合は、東久留米市と西東京市と清瀬市の廃棄物を共同で処理するために設立された一部事務組合だそうです。

Img_1994_500x375

建替えにより、平成12年に新しい「柳泉園クリーンポート」が稼働したようです。

それ以前の第二工場は、東村山市の部分にありましたが、現在はそこは緑地公園となっています。

Img_2006_500x375

では、東村山市のごみはどうしているのかと調べてみたら、東村山市秋津町にある「秋水園」という施設で焼却しているようです。

まあ、これも東村山市と所沢市との市境にあります。

小平市のごみはと言えば、東大和市、武蔵村山市とともに小平・大和・村山衛生組合をつくり、小平市中島町にある清掃工場で焼却しています。

ここもまた、えっ、ここが小平市なのっ、と驚くような、東大和市と立川市の市境にあります。

以前に行った「こもれびの足湯」があるところです。

ところで、今日は日曜日ですが、敷地内に雪が残っていたら、明日清掃車が困るのではと思い、清掃車の出入り口がある新所沢街道側に行ってみました。

Img_2009_500x375

当然のように、除雪作業が行われていました。 

まあ、そうですね… 

ところで、清掃工場の立地については、小金井市では新しい清掃工場の建設にあたって、だいぶ政治問題ともなり、話題となっていました。 

最近、日野市、国分寺市、小金井市で覚書を締結したそうです。

日野市まで関係するとは想定外でした。

ごみ焼却場の設置位置に関してはいろいろあるようですが、まあ複雑ですよねえ…

みんな、総論賛成、各論反対。

清掃工場は必要だけど、近所には必要ない。ですから…

私の自宅はこの柳泉園も比較的近く、自分のごみがどこで焼却されているかも意識していますが、自分の捨てたごみがどこで焼却されているかさえも知らない人もいるようです。

困ったものです。 

ブログランキングに参加して、交流を広げていきたいと思っています。

いずれかポチッとお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


ポタリング ブログランキングへ

.

« 出水川の源泉はどこなのか、オオカミクボ? | トップページ | 雪解け水により黒目川の源泉はどうなっているか »

01東久留米市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 柳泉園組合ではどこの市のごみが焼却されているのか:

« 出水川の源泉はどこなのか、オオカミクボ? | トップページ | 雪解け水により黒目川の源泉はどうなっているか »