フォト
無料ブログはココログ

ランキングに参加しております。いずれかポチッとお願いします。

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月26日 (日)

中野区の西武新宿線地下化による連続立体交差事業を見に行く

首都圏を走るJRや私鉄各線は、幹線では少なくとも高架化等により連続立体交差化が実施されています。

西武鉄道では遅ればせながら池袋線が高架化されましたが、新宿線は相変わらず平面を走っています。 

その西武新宿線も、ついに地下化されることとなったので、見に行くこととしました。 

野方駅から上り方向(東向き)に見ていますが、このすぐ先から線路は地下に入っていく予定です。

Dsc01568_500x375

野方駅から中井駅までの約2.4kmについて鉄道を地下化し、道路と鉄道を連続的に立体交差化するものです。 

少し前まで、連続立体交差事業といえば、鉄道を高架化するものでしたが、日照権の問題もあり、最近では鉄道を地下化するものが増えてきました。

 Seibushinjuku2

ここ野方駅ではホームの真下を、環七通りがアンダーパスしており、ここだけでは単独立体交差化が完了しています。

Dsc01573_500x375

今回の事業で、7カ所の踏切が除去されるとのことですが、そのうちの一つが沼袋駅前の沼袋第1号踏切です。

Dsc01577_500x375

駅前通りでバスも通っていますが、道も狭く渋滞するからか、南向きの一方通行となっており、路線バスは行きと帰りで別のルートを通っています。

Dsc01579_500x375

鉄道が地下化されたら、この道路やバス路線はどうするのでしょうか。 

まちづくりをどうするのか、沼袋駅周辺地区まちづくり検討会も設置され話し合われているようです。 

ところで、この沼袋駅は上下線とも急行の通過待ちをする駅として、4線敷かれていましたが、地下駅となっても同様の構造とするようです。↓(右下)

Seibushinjuku1

ふと思い出すと、西武新宿線地下化といえば、以前にも話はあり、それを理由に運賃値上げもされましたはずです(後に引き下げもされました)。

あの話はどうなったのでしょうか。

続きを読む "中野区の西武新宿線地下化による連続立体交差事業を見に行く" »

2014年1月19日 (日)

本州からいなくなってしまう戦車と、VIP専用ヘリコプター

第一空挺団の「平成26年 降下訓練始め」に、習志野演習場に先週行った話の続きです。

午前中には訓練で、火薬がバンとかボンとかしていたところに、午後からは入ることができます。

Dsc01480_500x375

まさか、地雷が落ちていたりしないですよねえ…

ここに、戦車やヘリコプターなどが展示してあります。 

10式戦車です。

Dsc01498_500x375

「ヒトマルシキ」と読むそうで、制式化された年の西暦下2ケタで呼ばれます。 

(2009年制式化という情報もありますが、じゃあなぜ09式ではないのかはわかりません。) 

サイドスカートも付いていて、こうして見ると、戦車じゃないみたいです。

Dsc01496_500x375

90式戦車よりも軽量化を図り、北海道に限らず日本国内どこへでも配備可能という10式戦車ですが、12月17日に閣議決定された「中期防衛力整備計画(平成26年度~平成30年度)」によると、本州から撤退するようです。

戦車は北海道と九州のみに配備することになるようです。

5年以内には本州では戦車が見られなくなるようです。(四国には元々配備させているのかわかりません。)

替わりに、機動戦闘車が配備されるようです。

機動戦闘車は、タイヤを履いた戦車という感じですが、未配備ですから、ここには当然展示されていませんでした。

「中期防」では99両整備するとしています。

続いては、ちょっと古い74式戦車です。

Dsc01493_500x375

「中期防」でも戦車を44両整備するとされていますから、74式から10式への置換えが進められるのでしょう。

ただし、戦車は九州、北海道に配置転換するだけでなく、数そのものも減らされるようです。

同じ日に閣議決定された「平成26年度以降に係る防衛計画の大綱」によると、今後10年間程度で、700両ある戦車を300両に減らすこととされています。

要するに、冷戦期のような大規模な着上陸侵攻への備えよりも、島嶼防衛などに力を入れていこうということです。

同じように、減らされてしまうのが大砲です。

155mm榴弾砲FH70です。

Dsc01484_500x375

「防衛大綱」によれば、火砲も現在の700両/門から300両/門に減らされてしまうそうです。

先程、上から見ると小さかったですが、間近で見るとやはり大きいです。

牽引してきて使用するのですが、短距離なら自走も可能なようで、先程走っているのを見てびっくりしました。

地対空ミサイルは、引き続き空からの脅威があるからか、減らすという話は聞きません。

03式中距離地対空誘導弾(中SAM)です。

Dsc01487_500x375

この陸上自衛隊習志野演習場には、航空自衛隊のPAC-3 地対空誘導弾(ペトリオットシステム)も配備されています。

Dsc01490_500x375

弾道ミサイル対策としてのPACー3が有名ですが、この中SAMとの違いは射程距離などがあるのでしょうか、良く分かりません。

96式装輪装甲車もありました。

Dsc01489_500x375

続いては、いよいよヘリコプターです。

続きを読む "本州からいなくなってしまう戦車と、VIP専用ヘリコプター" »

2014年1月13日 (月)

陸上自衛隊の2014年「降下訓練始め」と「戦車だって洗車してほしい」

平成26年の陸上自衛隊 第1空挺団による「降下訓練始め」が、習志野演習場で1月12日に行われたので見に行きました。

落下傘による降下の訓練を年の初めに行うのですが、防衛大臣も列席して、毎年大々的に行っているようです。

ちょっと違うとは思いますが、各地で消防が毎年出初式を行うのとイメージは同じなのかもしれません。

習志野演習場は駅から遠いので、自転車輪行も考えましたが、盗難の心配もあるので、電車と徒歩で行きました。

Dsc01378_500x375

東葉高速鉄道の新習志野駅から2kmほど歩いて演習場の入口に着きましたが、敷地内は広いようで、入口から会場までシャトルバスが運行しています。 

↑ご覧のように長蛇の列なので、さらに歩くことにしました。 

バスのほか、高機動車も移動に使用されていましたので、少しうらやましいですが、立川航空祭で乗りましたから、ひたすら歩きます。

途中には、訓練で使うためでしょうか、草で覆って目立たなくした10式戦車、74式戦車、03式中距離地対空誘導弾(中SAM)発射装置の搭載車などが見えました。

Dsc01383_500x375

土手のように少し高台になった見学場所まで、演習場入口からさらに2km歩き、結局4km歩くこととなりました。 

10時半に到着しましたが、既に前の方は何重にも人の列ができており、前というか下は見えず、空しか見えません。 

訓練を安全に行えるかどうかの試験降下が行われた後、まず、11時過ぎに第1空挺団幹部による、CH-47J(チヌーク)からの降下が行われました。

Dsc01388_500x375

空挺団長も自ら落下傘による降下をするのには驚きました。陸将補ですよ。 

そして、それを空から見ていたという小野寺防衛大臣、統合幕僚長、陸上幕僚長などが同じくチヌークに乗って会場にやってきました。

3機別々に搭乗しており無駄なようにも思いましたが、危機管理を考えれば当然のことなのでしょう。 

11時半から降下訓練が始まります。 

航空自衛隊のC-1輸送機から次々に隊員が下りてきます。

Dsc01394_500x375

高度340mという高さを時速210kmで飛んでいる機体から飛び出しているので、わかりやすく言えば、東京タワーと同じ高さから、新幹線の速度で飛ぶ飛行機から降下を行っているのだそうです。 

同様にC-1が3機続き、C-130輸送機からも降下が行われます。

Dsc01395_500x375

当然のように、繰り返されますが、日々大変な訓練をしているのでしょう。

そして、次に第二部は、この演習場を島に見立てて、敵部隊に占拠された島を奪還するとの想定で行われる訓練です。

第1空挺団の高い作戦遂行能力を見られるとのことです。

まず、LR-2偵察機などが敵の状況を偵察したのち、チヌークから空挺団が降下します。

なんと、高度1400mとのことで、今度は見えないほど上空です。

Dsc01401_500x375

通常のスカイダイビングの2倍の大きさの落下傘を使用しており、ここ習志野から東京駅までの距離が飛べるそうです。

さらに、C-1やC-130からも降下し、部隊が地上に降り、奪還作戦が開始されます。

ドンとかバンとか勢いのいい火薬の音は聞こえますが、朝から並んでいい場所を確保していないので、地上の様子はよく見えません。

なんとか、手を伸ばして撮ってみました。

Dsc01411_500x375

空中の見えるところで、私が最近好きなヘリコプター達も大活躍します。

続きを読む "陸上自衛隊の2014年「降下訓練始め」と「戦車だって洗車してほしい」" »

2014年1月 4日 (土)

10万アクセスとブログ開設2周年の御礼と、十万石まんじゅうとダイヤモンド富士

明けましておめでとうございます。

2012年1月2日にスタートした弊ブログも、めでたく2周年を迎えることができました。

また、アクセス(PV)数も10万3千を超えて、順調に推移しております。

ひとえに、皆様方がご覧いただいていることのお蔭です。

ほんとうに有難うございました。

アクセス数10万超えは、私も気になっていましたので、確認したところ、12月17日のことでした。

10万を超えたからといって、特に誰が祝ってくれるわけでもないので、自らお祝いの品を買ってきました。

Img_1907_500x375

ご存じ、「うまい うますぎる 十万石まんじゅう」です。

(えっ、知らない人もいますか?)

10万に関するものを買おうとしたのですが、10万円のものを自分へのご褒美するのはちょっと金銭的にも厳しいので、「埼玉銘菓 十万石まんじゅう」にしました。

ところが、埼玉県民には有名な(実は私は東京都民ですが)この十万石まんじゅうを、どこで手に入れるか困りました。

所沢に行けばデパート等もあるので手に入れることができるかと思っていたら、ありません。

HPで調べると、所沢、川越、飯能などの、私が自転車で気軽に行けそうな埼玉県南西部には店舗がないのです。

でも、予想外のところにありました。

Img_1901_500x375

↑ナチュラルローソンの中に、彩の国 埼玉物産販売店があります。

場所は、埼玉県でなく、東京都新宿区で、西口の新宿郵便局隣です。

ここで、5個入り550円の「うまい うますぎる」を手に入れました。

このセリフは、棟方志功氏の言葉だそうで、箱の絵も氏によるもので、忍城のお姫様だそうです。

袋もコンビニ袋とは違います。

Img_1912_500x375
十万石ふくさやは、行田市にある会社だとのことですから、2013年5月に行田に行って埼玉県名発祥の地を見てきたのだから、その時買って帰れば良かったです。

※ 行田市への旅の記録は、こちら

さらに、この2年間のブログの中で、10万とゆかりのあるものはないでしょうか。

約10万平方メートルの公園で、行ったことのあるところを調べてみました。

まず、これを買いに行った新宿西口にある区立新宿中央公園は8万8千㎡です。

このブログを始めて1か月頃の2012年2月に、新宿中央公園には都庁や角筈図書館とともに行きました。

※ 新宿での旅の記録は、こちら

その他の約10万平方メートルの公園はどんなところがあるのでしょうか。

この年末年始に行ってみました。

まず、都立東村山中央公園です。

Img_1937_500x375
東村山市富士見町五丁目にあり、面積は約12万1千㎡です。

この公園は西武多摩湖線に沿っており、線路の向こうには多摩湖自転車道が通っています。

2012年6月にはここを走り多摩湖に行きました。

※ 多摩湖への旅の記録は、こちら

10万㎡というと結構な広さがあり、とても1枚の写真では収まりません。

かといって、公園だから高いところもないので、芝生広場です。

Img_1932_500x375
さらに、この2年間で訪れた10万に関係あるところに、再び行ってみましょう。

続きを読む "10万アクセスとブログ開設2周年の御礼と、十万石まんじゅうとダイヤモンド富士" »

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »