フォト
無料ブログはココログ

ランキングに参加しております。いずれかポチッとお願いします。

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月24日 (日)

川に挟まれた天然の要害である鉢形城址

埼玉県寄居町にある鉢形城跡に行きました。

まだ紅葉が美しくなる前である数週間前のことです。

二つの川に挟まれた場所に立地しており、木の生い茂った、荒川の断崖絶壁上にあります。

Dsc00828_500x375
もう一つの川である深沢川が、荒川と合流する点を橋の上から見ますが、こちらもその名の通り、深い沢で攻め込むのが難しそうです。

Dsc00871_500x375

鉢形城址は、戦国時代の平山城跡として、国指定史跡となっています。

文明8年(1476年)に関東管領であった山内上杉氏の家臣長尾景春が築城したといわれています。

置いてある模型で見てみると、二つの川に挟まれている様子がわかるでしょうか。↓

右側の低いところが荒川で、中央の細い谷が深沢川で、その間にいくつかの城の曲輪(くるわ)があります。

Dsc00864_500x375

川のない裏側からの攻めに弱そうにも思われますが、そちらには石積土塁があります。

Dsc00842_500x375

↑城の内側である三の曲輪から見ています。間に虎口と呼ばれる出入り口がありました。

小田原の北条氏康の四男氏邦が整備拡充して、現在の大きさになりました。

この三の曲輪には復元された門もあります。

さらに、別の虎口には、馬出(いまだし)という、虎口を守るとともに、内部の兵の様子を悟られないようにし、出入りを円滑にするための施設もありました。

Dsc00854_500x375

これは四角形の角馬出といわれており、後北条氏の城郭の特徴です。

ここには石積が施されており、このように遺構が残っているのは貴重だとのことです。

Dsc00856_500x375

この城には、さらに多くの遺構があります。

続きを読む "川に挟まれた天然の要害である鉢形城址" »

2013年11月16日 (土)

ヘリコプターがいっぱいの立川防災航空祭2

2013年11月10日の立川防災航空祭に行った話の続きです。

航空祭といっても、ここ立川飛行場は主にヘリコプターの離着陸に利用されていますから、航空祭の主役もヘリです。

CH-47JA(チヌーク)が整理券を持った人を乗せ、行ったり来たりしているのを横目に、午前中にいたエプロンの北側付近に戻ってみると、地上展示の配置が変わっており台数も増えていました。

Dsc01076_500x375

↑手前にあるのは、OH-1(通称ニンジャ)です。

川崎重工業の造った国産ヘリで、観測ヘリコプター(偵察用?)です。

横に比べて正面から見ると、だいぶイメージが違います。

Dsc01079_500x375

そして、次はAH-1S(コブラ)です。

こちらは攻撃ヘリコプターで、普段立川駐屯地に配備されていません。

Dsc01080_500x375

続いて、AH-64D(アパッチロングボウ)です。 

これも、立川にはいません。

Dsc01081_500x375

横からも見てみます。

Dsc01084_500x375
さすが、攻撃ヘリコプターです。 

後ろでは、相変わらずチヌークが飛んでいます。 

さらに、となりには多用途ヘリコプターのUH-60JA(ブラックホーク)です。

Dsc01085_500x375

こちらも陸上自衛隊機ですが普段立川にはいません。 

並んで航空自衛隊機の同じくUH-60J(ブラックホーク)、その奥には東京消防庁のヘリもいます。 

Dsc01086_500x375

午前中にはここに、VIP輸送用のEC-225LPもいました。

さすがVIP用で、自衛隊機としては塗装色が全く違います。

Dsc00982_500x375

向きを変えると、立川駐屯地に多く配備され、普段、近隣の上空をよく飛んでいるヘリがありました。

続きを読む "ヘリコプターがいっぱいの立川防災航空祭2" »

2013年11月10日 (日)

立川防災航空祭へ編隊飛行を見に行ったのに…

2013年11月10日は、陸上自衛隊立川駐屯地で開催された立川防災航空祭に行きました。

ここ立川飛行場は、陸上自衛隊の他、警視庁や東京消防庁も利用していますので、この航空祭にも参加しています。

10時30分から、総勢22機のヘリコプターによる編隊飛行がスタートするということで、10時過ぎに行きました。

立川駐屯地在籍のヘリが並んでいます。

Dsc00975_500x375

また、普段はここにはいないヘリもありました。

しかし、10時半を過ぎても編隊飛行は行われないようです。

やがて、AH-1S(コブラ)が飛び立っていきました。

Dsc00987_500x375

20機以上のヘリが飛び立つというので期待してきましたが、その後、いくつかのヘリが飛び立ちましたが、悪天候のためか編隊飛行は行われないようです。

アナウンスもされているかもしれませんが、写真を撮ろうと前の方にいたので、ヘリのエンジン音で聞こえませんでした。

やがて、11時19分からの予定となっていたOH-1(ニンジャ)とAH-64D(アパッチロングボウ)の飛行展示が、かなり早めに行われました。

Dsc00997_500x375

急上昇したり急降下したりし、横向きに飛んだりもしています。

Dsc00999_500x375

続いて、災害救助活動展示です。

なんといっても、立川防災航空祭という名称ですから。

陸上自衛隊、東京消防庁のヘリも活躍します。

Dsc01002_500x375

Dsc01007_500x375
警視庁も来て、3機そろいます。

続きを読む "立川防災航空祭へ編隊飛行を見に行ったのに…" »

2013年11月 3日 (日)

入間航空祭に行ったら、来場者はなんと32万人

2013年11月3日は、航空自衛隊入間基地で「入間航空祭」が行われました。

行きたいと思っていましたが、今年ついに初めて行きました。

電車は混みそうなので自転車で来たかったのですが、こうしたイベント時には自転車盗も多いようなので、やはり電車でくることにしました。

ピーク時を避けて11時ごろ来たのですが、西武池袋線は朝のラッシュ時並みの大混雑。

降りた稲荷山公園駅ホームも人、人、人・・・

Img_1834_500x375
上り下りホームともに、臨時改札口が設けられていますが、人、人、人・・・

入間基地は駅直結なのですが、改札を通りぬけても人、人、人・・・

飛行場地区といわれるところまで行くのに一苦労。

上空では轟音と共にC-1輸送機が、3機飛んでいきます。

Dsc00881_500x375

おっと、陸上自衛隊の空挺降下しています。

Dsc00883_500x375

Dsc00884_500x375

そうこうするうちに昼休み。

やはり、人、人、人・・・ 

売店もトイレも長蛇の列です。 

私は見てませんでしたが、ドラマ「空飛ぶ広報室」のロケ地でもあったため、特に今年は人気があるようで、来場者には女性も数多く見かけました。 

入間基地公式HPによると、32万人の来場者だったようです。 

展示の中には、地対空ミサイルシステムのパトリオットPAC-3もあります。

Dsc00900_500x375

左右にPAC-3とPAC-2があるそうです。

Dsc00897_500x375

午後には、いよいよブルーインパルスの登場です。

続きを読む "入間航空祭に行ったら、来場者はなんと32万人" »

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »