フォト
無料ブログはココログ

ランキングに参加しております。いずれかポチッとお願いします。

« 日産村山工場跡地とイオンモールと広いひまわり畑 | トップページ | 国立歴史民俗博物館と佐倉城址 »

2013年8月 4日 (日)

妙音沢という平成の名水百選

新座市の市場坂通りにある坂を上ってみると、気になる看板がありました。

Img_1627_500x375

平成の名水百選といわれると、見てみたくなります。

しかも、妙音沢という名前も惹かれます。

行ってみると、住宅地のとなりに林があり、その中のようなので、自転車を置き歩いて行ってみます。

Img_1621_500x375

急な斜面を階段で下りていきます。

Img_1614_500x375

急斜面にある林から地下水が湧きだしているとのことです。

木道が整備されていますが、割と最近の平成25年3月に作られたようです。

Img_1618_500x375

とてもきれいな水が流れていました。

Img_1616_500x375

そして、いよいよ源泉です。

Img_1615_500x375

人が入り込まないように木道が作られているため、すぐ近くまで行けず、水が湧き出ている様子までは見えません。

また、後ろにある道路の車の走行音で、「妙音」はよく聞こえません。

木道がもう一カ所に向けてありましたから、そちらも見てみましょう。

Img_1619_500x375

こちらは、かなり人工的ですが、確かに水は流れています。

そもそも「平成の名水百選」とは何なのか疑問に思いましたが、環境省が選定した由緒正しきもののようです。(環境省HP

そういえば、昨年行った落合川の源泉もこの平成の名水百選のひとつでした。

※ 落合川の旅の記録は、こちら

ところで、この水はどこに流れていくのかと思えば、

Img_1629_500x375
黒目川に流れ込んでいます。

↑この川の対岸は何度も通ったことがありますが、下水のように流れ込んでいるので、これが湧水とは思ってもいませんでした。

↓ただし、いい雰囲気なので、ここに何があるのか、行ってみたいなとは思っていましたが、下流から来ると、黒目川の遊歩道が左岸側にしか繋がっていないので行くことがありませんでした。

Img_1630_500x375

この場所は、周辺や川幅に似つかわしくない、あの斜張橋があるところです。

※ 斜張橋を通った、黒目川から荒川への旅の記録は、こちら

この橋は市場坂通りのものですが、この坂を上りきったところにある「新座市立福祉の里図書館」に立ち寄りました。

Img_1626_500x375

ちょっと不思議な名前ですが、福祉施設などがある建物の4階に設置されているので、この名称のようで、蔵書は9万冊ほどです。

新座市内には中央図書館のほか、図書館と名がつくのは、この福祉の里図書館だけで、その他は6つは図書室という名称です。

帰りには、黒目川沿いを通りましたが、途中にある新座市立歴史民俗資料館にも立ち寄りました。

Img_1613_500x375

こうした施設は各市にもありますが、割と歴史好きな私には楽しいものです。

ただし、世間的にはあまり人が来ないようで、この日も暑い日でしたが、人がいないから空調を止めていたようでした。

私が入館すると同時に空調のスイッチを入れてくれたようです。

まあ、節電のためやむを得ないのでしょうか。

この日の走行距離は26.74km、平均時速は18.40km、消費カロリーは647kcalでした。

ブログランキングに参加して、交流を広げていきたいと思っています。

いずれかポチッとお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


ポタリング ブログランキングへ






« 日産村山工場跡地とイオンモールと広いひまわり畑 | トップページ | 国立歴史民俗博物館と佐倉城址 »

川の源泉」カテゴリの記事

51埼玉県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 妙音沢という平成の名水百選:

« 日産村山工場跡地とイオンモールと広いひまわり畑 | トップページ | 国立歴史民俗博物館と佐倉城址 »