フォト

ブログの記事

無料ブログはココログ

ランキングに参加しております。いずれかポチッとお願いします。

« 7世紀の東山道武蔵路 | トップページ | 富士見池と石神井川改修と下野谷遺跡公園 »

2013年6月30日 (日)

荒幡富士への登山と東の上遺跡

富士山が世界文化遺産に登録されました。

そのお祝いとして、所沢市の富士山に行ってきました。

狭山丘陵にあり、西武園ゴルフ場裏のけっこうな急坂を登っていきます。

Img_1476_500x375

すると、浅間神社があり、その横に荒幡富士がありました。

Img_1485_500x375

明治時代に旧浅間神社の移築に伴って、富士塚も移転構築することとなり、旧荒幡村の村民総出で、この富士山は造られました。

元の富士塚の数十倍の大きさにしたとのことで、明治17年から32年まで、なんと15年もかかりました。

Img_1482_500x375
登っていくと、途中に一合目、五合目などの碑もあります。

頂上に着くと、周辺が見渡せ、南にはゴルフ場の向こうに、西武園遊園地の観覧車やジェットコースターも見えます。

Img_1478_500x375
東には新宿の超高層ビル街も見えますし、天気が良ければ、西には本物の富士山も見えるようです。

Img_1480_500x375_2

この荒幡富士の北側は市民の森となっています。

Img_1486_500x375

この案内板によると、荒幡富士は関東最大級の富士塚とされています。

最大ではなく、最大級というところがいいですねえ。

ネットでも調べてみましたが、都内であればデータもあるようですが、関東となると、正確な統計などもないようです。

ところで、この市民の森の中は歩いてみると、とてもいい雰囲気です。

Img_1487_500x375

以前に行った八国山緑地もそうでしたが、この辺りにはトトロの森といえるような、いい感じの雑木林がいくつも残されています。

ナショナルトラスト運動や地元自治体の協力によるものでしょう。

 ※ 八国山への旅の記録は、こちら

この近隣の図書館というと、所沢市立図書館吾妻分館があります。

Img_1503_500x375

吾妻まちづくりセンターの1階にありますが、さすが、荒幡富士の近くだけあって、屋根上に展望台のようなものがあります。

登れるのでしょうか。

Img_1502_375x500

2階から上るための階段はありますが、立ち入り禁止になっていました。

残念です。

ところで、先週ご紹介した東山道武蔵路ですが、北上して、八国山緑地の一部を通っていたそうですし、この所沢市には東の上遺跡もあるので行ってみました。

Img_1505_500x375

所沢市立南陵中学校の敷地内にあります。

高低差のある地形のための、道路面よりも高い擁壁の上に、さらに足をつけて高く案内板が設置されているため、普通の人には見えません。

デジカメ画像をアップにして見てみると、グランド部分に雨水対策としての貯留浸透施設を造るため、事前の平成元年に調査したところ、東山道武蔵路と推定される、幅12mの道路の側溝跡などが発掘されたということです。

Img_1507_500x375

現在は埋められて、単なるグランドとなっているので、以前の雰囲気も全く残っていませんでした。

まあ、発掘されるたびに、国分寺市のような広い歩道をつくるのは難しいのでしょう。

所沢市は雑木林の保全に力を入れているのですから、ここは中学校として使われているのはやむを得ないのでしょう。

でも、あの案内板の位置は考えるべきです…

この日の走行距離は31.51km、平均時速は18.73km、消費カロリーは814kcalでした。

ブログランキングに参加して、交流を広げていきたいと思っています。

いずれかポチッとお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


ポタリング ブログランキングへ

.

.

.

« 7世紀の東山道武蔵路 | トップページ | 富士見池と石神井川改修と下野谷遺跡公園 »

51埼玉県」カテゴリの記事

富士塚」カテゴリの記事

遺跡・古墳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1626433/52240974

この記事へのトラックバック一覧です: 荒幡富士への登山と東の上遺跡:

« 7世紀の東山道武蔵路 | トップページ | 富士見池と石神井川改修と下野谷遺跡公園 »