フォト
無料ブログはココログ

ランキングに参加しております。いずれかポチッとお願いします。

« 県指定史跡の滝の城跡とオリンピック道路 | トップページ | 開通した西東京の調布保谷線に行ってみた »

2013年6月 9日 (日)

ママチャリバーストしたけど…どうしようかな

週末はDAHON Speed P8に乗っていますが、毎日の最寄駅までの通勤にはママチャリを使用しています。

3年近く前に、西友ブランドの「アスレチックワークス」外装6段変速を、15700円で購入しました。

駅近くの駐輪場は屋根もなく、雨ざらしになるので、割と安い自転車をこれまでも5年程度で買い替えてきました。

もう数年乗るつもりでいましたが、1か月ほど前から、前輪タイヤの走行面に亀裂が見られるようになり、近々やばそうだなと日々思っていたところ、先週末の暑くなってきた昼下がり、突然の爆発音が響き渡りました。

Img_1374_500x375

私には、あー、ついにバーストしたな、とわかりましたが、近所の人はびっくりしたと思います。すいません。

さすがに1万円のママチャリは避けて、ちょっとだけ値段の高い、BAAマーク付のアスレチックワークスを選んだのですが、はずれだったようです。

いつもパンク修理は自分でするのだから、タイヤとチューブを買ってきて、自分で交換しようかなと考えました。

でも、パンクとは違って、車輪を自転車から外さなければならないので、見てみると、

Img_1375_500x375

この自転車、クイックレリーズ式ではありません。

これをはずして再び取り付けるのは、ちょっと面倒そうなので、近所の自転車屋さんに聞いてみたところ、工賃込みで4500円とか3500円とかするとのことです。

この後、もし後輪も同様にバーストしたら、約15000円の自転車にタイヤ交換だけで、約10000円使うことになります。

しかも、この自転車、その他にも変速シフトワイヤーが、ところどころ錆びてむき出しになっており、いつ壊れるかわかりません。

やむを得ず、買い替えを決意し、どれにしようかなと、この一週間ネットで調べたりして、盛り上がっていました。

どうせ買うなら、クロスバイクにしようとか、もう1台折りたたみ自転車が欲しかったから、泥除け付けて通勤にも使えるものを買おうとか…

予算も15000円だったものが、20000円、50000円と上がっていき、なかなか決まりません。

Img_1383_500x375

駅まで片道15分間以上の徒歩通勤を一週間してきており、さらにこれが続くのはいやなので、とりあえず自分で作業して修理(タイヤとチューブの交換)することにしました。

ナット、ワッシャー、ステー、フォークなどの順番もわからなくならないよう写真を撮りながらの作業です。

オートライトのハブダイナモを繋ぐコードも忘れず外します。

Img_1378_500x375

タイヤ・チューブはホームセンターで買ってきましたが、パンクしにくいタイプなどもありましたけれど、普通の安いものを買いました。

だって、前輪だけがんばってくれても、後輪がいつバーストするか、わからないから…

↓タイヤは側面も含めて、こんなボロボロに。

Img_1396_500x375

1日2kmとして考えてみても、距離的には1500kmも走っていないはずです。

よっぽどSpeed P8のほうが多く走っていますが、こんなになっていません。

もっとも、ほとんど雨にぬれないように保管しているものと雨ざらしのものとの差はあるのでしょうが。

↓さすがはバースト。チューブにもこんな大きな穴が。

Img_1394_500x375

まあ、走行中にバーストしなくて良かったです。

作業は30分近くかかってしまいましたが、タイヤもチューブも新品に入れ替えて、無事終了。

材料費を考えると、自転車屋さんの修理って、料金の半分くらいが工賃なのかなという感じでした。

試運転を兼ねて、近所を走行してみます。

Img_1385_500x375

URの滝山団地周辺に来てみましたが、この辺りも少子高齢化が進んでいるようで、小学校の統廃合がされており、東久留米市立滝山小学校跡地は市の「わくわく健康プラザ」となっています。

Img_1387_500x375

ここは、市民の地域活動の推進と健康の保持・増進などを図る施設で、医科歯科の休日診療所もあります。

また、2階の一部は郷土資料室になっています。

Img_1389_500x375

廊下と教室を利用しているので、不思議な雰囲気です。

前に見に行った下里本邑遺跡などで出土した土器などが展示してあります。

 ※ この遺跡への旅の記録は、こちら

東久留米市には湧水が多く、川も多いので、こうして何万年も前から人が生活していたのでしょう。

地形的には、現在の標高50m付近で湧水が多いそうです。

Img_1390_500x375

石神井川の富士見池、善福寺川の善福寺池、神田川の井の頭池などと、この東久留米市内は標高がほぼ同じようです。

ところで、この廃校跡の校舎はこうして再利用されていますが、校庭はどうなっているのでしょう。

市民のためのグラウンドとなっていると思いきや…

Img_1393_500x375

実は、財政再建のため売却されて戸建住宅が建っています。

↑写真の右は校舎で、左の住宅街は元の校庭です。

↓写真の左は校舎で、右の住宅街は元の校庭です。

Img_1388_500x375
卒業生で、ここに住んでいる人もいるのでしょうか。

母校に住めるなんて、いいものですねえ。

この日は、走行距離等は計測しませんでした。

この先、通勤用自転車を買い替えるかどうかは、しばらくじっくり考えてみたいと思います。

ブログランキングに参加して、交流を広げていきたいと思っています。

いずれかポチッとお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


ポタリング ブログランキングへ






« 県指定史跡の滝の城跡とオリンピック道路 | トップページ | 開通した西東京の調布保谷線に行ってみた »

01東久留米市」カテゴリの記事

コメント

新しいタイヤのトレッドパターンを見ると、CST(CHENG SHIN)のタイヤのように見えます。
違ってたらすいません・・・・
CSTのママチャリタイヤは安い割りに品質が良くて好きです。

コメントありがとうございます。
ホダカのものを買ったのですが、
タイヤを確認してみたら、確かにCHENG SHING TIRE
って書いてありました。

トレッドパターンでわかるなんて、すごいですねえ。
品質がいいのは、ありがたいことです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ママチャリバーストしたけど…どうしようかな:

« 県指定史跡の滝の城跡とオリンピック道路 | トップページ | 開通した西東京の調布保谷線に行ってみた »