フォト
無料ブログはココログ

ランキングに参加しております。いずれかポチッとお願いします。

« 高田馬場の地下河川と箱根山登頂と中央図書館移転 | トップページ | 埼玉県名発祥の地である行田での埼玉古墳群めぐり »

2013年5月19日 (日)

野火止用水を下流に向かって

先月には、玉川上水を上流に向かって旅しましたが、ここから分水した野火止用水を、今回は下流に向かって辿って行ってみました。

玉川上水駅近くの小平監視所で分水しますが、この辺りは以前にも走っているので、この日は久米川駅近くの新青梅街道からスタートします。

 ※ 小平監視所近くの旅の記録は、こちら

Dsc00496_500x375

右岸には道路があるので、木陰の涼しい道を北東に向けて走ります。

野火止用水には、東京都による清流復活事業により、玉川上水と同様に、下水の高度処理された水が流されています。

東村山市恩多町には水車があります。これは復元されたものですが、ここには1782年から1951年まで精米、精麦、製粉のための水車がほんとうにあったそうです。

Dsc00497_500x375


同じく恩多町に、万年橋の大ケヤキがあります。

Dsc00500_500x375


用水をまたがるように、根を張っています。

根の下に用水を通したとか、木橋に沿って根が伸びたとか様々な説があるようですが、近くで見るとこの木の生命力を感じます。

Dsc00503_500x375

新しくできた新所沢街道からしばらくは、右岸の道が無くなり、左岸の一般道を走ります。

Dsc00507_500x375

小金井街道を過ぎると、用水の右岸が遊歩道となっています。

Dsc00508_500x375


自転車では走りづらいので、急ぐ人は一般道のほうがいいかもしれません。

やがて、新座市本多で野火止用水は分岐します。

Dsc00509_500x375


Dsc00510_500x375

↑左が本流で、右が平林寺堀ですが、本流に沿って行きます。

さらにこの先、公園として整備された緑道を進みます。

江戸時代の3代将軍家光から4代将軍家綱替わった頃に、江戸の人口増加により必要となり造られた玉川上水が開削(承応2年・1653年)がされました。

 ※ 玉川上水の上流への旅の記録は、こちら

この工事の総奉行を務めた老中である松平伊豆守信綱が、玉川上水の功績を認められ、領内の野火止に玉川上水の分水を許されました。

承応4年(1655年)に生活用水のため、新河岸川まで約25kmの野火止用水が開削されましたが、たった4か月で完成したそうで、伊豆殿堀ともいわれています。

↓現在は、掘割部分を通る関越自動車道を、野火止用水のほうが橋で渡ります。

Dsc00514_500x375

Dsc00513_500x375_2


ここを越すと、平林寺の敷地の西端からは自然の姿となっています。

Dsc00517_500x375


平林寺沿いを進むのですが、舗装されてはいないものの非常に気持ちいい道が続きます。

Dsc00518_500x375

新座駅近くの川越街道を越すと、暗渠化されてしまったようですが、それをあえて復活させたような流れがあります。

Dsc00519_500x375_2

それもすぐに途切れてしまい、暗渠化されてしまいますが、いかにも水路敷らしい道があるので辿っていきます。

Dsc00520_500x375


途中、はたして正しい道なのか不安になりましたが、水道施設らしきものもあり、気分も盛り上がります。

Dsc00522_500x375


新座市野火止浄水場高架水槽とのことですが、考えてみると、この野火止用水って現在は下水の高度処理水を流しているのだから、水道とは関係ないのですね。

この先、ちょっと探しながらも、再びいかにもそれらしい道を発見しながら辿っていきました。

Dsc00524_500x375


しかし、ついに途切れ、一般道となり、

Dsc00525_500x375

その道さえ行き止まり。

Dsc00529_500x375


ここは志木駅のすぐ近くで、辺りを探し回ってみましたが、それらしい野火止用水の水路敷跡は発見できませんでした。

Dsc00526_500x375


この先、東武東上線の向こう側は、野火止用水を観光資源化しようとしている新座市ではなく、志木市になってしまうし、スマホの地図を見ても、それらしき道は発見できませんでした。

帰ってから調べたネット情報によると、志木市内では普通の一般道の下に暗渠化されているようです。

この志木駅周辺は、新座市と志木市と朝霞市の境界となっているようです。

方向を南東に変え、隣接しているのに駅名の違う、朝霞台駅・北朝霞駅に向かいました。

この駅の近くには朝霞市立図書館分館があります。

Dsc00534_500x375


本館は朝霞駅のほうにあり、分館はこの産業文化センターの2階にあります。

少し涼んで雑誌でも見ようかと思いましたが、館内は暑くてすぐに出てきました。

ここからは黒目川沿いを上流に向かい帰りましたが、南西の向かい風が強く、輪行して帰れば良かったと感じました。

走行距離は40.65km、平均時速は18.39km、消費カロリーは988kcalです。

ブログランキングに参加して、交流を広げていきたいと思っています。

いずれかポチッとお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


ポタリング ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 多摩情報へ
にほんブログ村



« 高田馬場の地下河川と箱根山登頂と中央図書館移転 | トップページ | 埼玉県名発祥の地である行田での埼玉古墳群めぐり »

51埼玉県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野火止用水を下流に向かって:

« 高田馬場の地下河川と箱根山登頂と中央図書館移転 | トップページ | 埼玉県名発祥の地である行田での埼玉古墳群めぐり »