フォト
無料ブログはココログ

ランキングに参加しております。いずれかポチッとお願いします。

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月28日 (日)

新小金井街道全線開通したので走ってみた

多摩地域では、都心とを結ぶ東西方向の街道を中心に発達したため、南北方向の道路整備が遅れており、渋滞も多く発生しています。

このため、多摩南北主要5路線の整備を東京都は進めていますが、そのひとつである「府中清瀬線」(新小金井街道)が全線開通したというので、行ってみました。

Dsc00449_500x375


↑北の埼玉県方面から志木街道を走っていくと、清瀬市内で分岐していく道が新小金井街道(東村山3・4・7号線、小平3・4・7号線)です。

↓この志木街道は街路樹も古くからの立派なものですが、左方向の新しい道は、当然街路樹も新しい小ぶりなものです。

Dsc00450_500x375

Dsc00451_500x375

↑完成した部分から開通させていくため、この辺りは10年程前から一部通行できました。

片側1車線ずつの車道も歩道も広い都市計画道路です。

新たな都市計画道路ですから、鉄道とは踏切でなく、立体交差とするため工事に時間がかかるようで、西武池袋線との「清瀬立体」は平成21年5月に開通しました。

Img_1221_500x375


↑この部分は写真のように、車道は軽車両通行禁止のため、自転車は歩道を走らなければいけません。

小金井街道との交差点を過ぎると、1kmほどは野火止用水に沿った、かなり前から開通している部分です。

Img_1226_500x375


東久留米市に入り、先週行った下里本邑遺跡公園の横を通り、黒目川や所沢街道を過ぎたあたりから、歩道の様子が不自然です。

Img_1231_500x375


↑街路樹もバス停も、歩道の一番車道よりではなく、真ん中の通行の邪魔になるようなところにあります。

実は、この辺りはかなり以前、昭和の時代に開通した部分で、片側2車線ずつの車道で整備されていました。

しかし、平成の時代となり、同じ新小金井街道でも新しく開通する部分は、片側1車線で整備されるようになり、この近辺だけ2車線なのは不合理だと、地元滝山団地などの強い要望により、車道を1車線化するとともに歩道が拡幅されたものです。

ちょっと通りづらいけど、せっかく育った街路樹を切るのを避けたのでしょう。

やがて、新青梅街道をすぎて、東京街道の先は、平成18年3月に開通した、西武新宿線との立体交差である「小平グリーンロード立体」です。

Img_1237_500x375


緑化のために、あえて蔦をからませてあるようです。

ところでこの名前は、西武新宿線と並行している多摩湖自転車道の別名から採ったようです。

 ※ 多摩湖自転車道の旅の記録は、こちら

この先の小金井市内も、かなり以前から開通していたとところとなります。

玉川上水、五日市街道から先は、ラーメン屋さんが数多くあり、行列している店もあります。

さて、最近完成したJR中央線の連続立体交差よりずっと前から、道路がアンダーパスする立体交差が完成しており、上と下の両方の工事がされて無駄なように感じていました。

↓しかし、中央線の車庫に入る車両は地上を走っているようなので、アンダーパスを造った意味はあるようです。

Dsc00410_500x375


↓すぐ先の貫井トンネルを抜けて振り返ってみると、国分寺崖線の高さがわかります。(右が滄浪泉園)

Dsc00413_500x375

東八道路と交差点を過ぎ、府中市内では、やはり2車線を1車線にしたためか、歩道内の街路樹の位置が不自然です。

Dsc00417_500x375_2


そして、これまでは甲州街道、旧甲州街道までで、この新小金井街道(府中清瀬線)は行き止まりでしたが、京王線との立体交差から先が、いよいよ平成25年3月に開通しました。

初めて「清水が丘立体」を通ります。

Dsc00421_500x375


↑しかし、軽車両通行禁止で、しかも西武池袋線や新宿線のような歩道もないようですが。

Dsc00422_500x375


↑なんと、階段を自転車はおして行かなければなりません。

さらに、この先に再び清水が丘トンネルです。

Dsc00423_500x375


府中崖線なのでしょうか、やはりかなりの高低差です。

Dsc00425_500x375


この最近開通した府中3・4・7号線の立体交差とトンネルの区間を過ぎて、中央自動車道をくぐる、とすぐ目の前は東西に走っている府中3・4・3号線です。

Dsc00427_500x375

↓さらに南に行って多摩川を渡るのなら、右に数百メートル行けば、府中街道と合流します。

都のHPにある地図によるとこんな位置です。

Dsc00429_500x375_2


多摩南北主要5路線は、やっと2つ完成しました。

これで川崎、稲城方面との車での行き来はだいぶ便利になるでしょう。

小平市では5路線のひとつ、府中所沢・鎌倉街道船の計画見直しを問う住民投票が話題となっています。

近隣住民から見れば必要ない幹線道路ですが、広域的に移動する人にとっては重要な道です。

まあ、私個人としては、もっと自転車で走りやすい道を整備してほしいものです。

さて、平成23年に是政橋が両側4車線で完成してから初めて渡りました。

見上げると立派な橋です。

Dsc00431_500x375


稲城市に入ると、南多摩駅前も区画整理事業によりだいぶ変わっていました。

Dsc00433_500x375


↑左に向かって道路は通っていて、踏切を超えて大丸で川崎街道に繋がっていましたが、現在は南にまっすぐ稲城市向陽台に行けるようです。

↓南武線の連続立体交差工事も進んでいるようで、立川方面行きは上を通っているようです。

Dsc00434_500x375


少し先の城山公園の敷地内には、稲城市立中央図書館もあります。

Dsc00435_500x375

ブログランキングに参加して、交流を広げていきたいと思っています。

いずれかポチッとお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


ポタリング ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 多摩情報へ
にほんブログ村

帰りは電車輪行で帰りましたので、この日の走行距離は31.15km、平均時速21.00km、消費カロリー737kcalでした。






2013年4月20日 (土)

25000年も前から1000年前まで住居があった下里本邑遺跡

邪馬台国の卑弥呼が魏に使いを送り、親魏倭王の称号と印綬を与えられたのは239年といいます。

3世紀なんて、はるか昔のことだと思っていましたが、ちょっと自分の時間の観念を考え直すきっかけとなる場所に行ってきました。

東久留米市野火止にある下里本邑遺跡公園です。

Img_1186_500x375


都指定文化財(史跡)である下里本邑遺跡の出土したところ8000㎡が公園になっており、旧石器時代、縄文時代、弥生時代、奈良・平安時代の住居跡があったところです。

Img_1187_500x375


この案内板によると、この場所に人が住み始めたのは25000年前の先土器時代ということです。

江戸時代の始まりは約400年前、鎌倉時代の始まりは約800年前、邪馬台国だって約1800年前です。

そもそも西暦だって、約2000年なのだから、紀元前にしても、百や千ではなく、万の位とは桁が違います。

そんな大昔から東久留米市に人が住んでいたことも驚きです。

Img_1191_500x375


↑ここでは、25000年前から10000年前の先土器時代の遺構や遺物が数多く発見されており、この礫群は焼けた石が集まっており調理の場であったようです。

今より寒く、ナウマンゾウがいたころで、狩りをして暮らしていたそうです。

まさに、はじめ人間ギャートルズの世界ですねえ。

そして、10000年前くらいから暖かくなり、集落が形成され、縄模様の縄文式土器も作られる縄文時代となりました。

Img_1197_500x375


↑約9000年前の縄文時代の石器製作をしていた河原を利用した生活跡も発見されています。

↓1700年前になるとこの地でも、稲作も行われる弥生時代となりますが、ここでは5軒の住宅跡が発掘されており、おおきなムラがあったようです。

Img_1199_500x375


↓当時の主導者の墓と思われる方形周溝墓もありました。

Img_1188_500x375


↓それからしばらく経過した、1000年前の平安時代の住居跡もあります。

Img_1189_500x375

ここは団地の建設工事の際に発見され、団地の敷地の一部が公園として保存されていますが、団地の集会室と見間違えるような展示館があります。

Img_1203_500x375


下里本邑遺跡館といい、建物内には入れませんが、ガラス越しに出土品等が見られます。

Img_1202_500x375

ところで縄文時代や弥生時代は学校で習っており知っていますが、それより前の旧石器時代と先土器時代の前後関係がわかりません。

調べてみたところ、1949年に群馬県の岩宿で打製石器のある岩宿遺跡が発見されるまでは、日本には縄文時代より前の遺跡は無かったからのようです。

そこで、土器を使用した縄文時代より前の時代なので、先土器時代といわれています。

これを西洋の旧石器時代・新石器時代と比べると、旧石器時代に該当するということで、この呼び名も使われているようです。

まあ細かいことを抜きにすれば、旧石器時代と先土器時代は同じ頃と考えればいいのかと思います。

Img_1206_500x375


↑この黒目川沿いの緩い傾斜の台地と低地があるところに、こんな長い時代に渡る遺跡は集中しており、原始、古代の人にとってはこの辺りは非常に住みやすいところだったようです。

この川を1kmほど上流に行った東久留米市下里には、同じく都指定史跡になっている新山遺跡があります。

Img_1184_500x375


5000年前の縄文時代のもので、柄鏡形住居跡があります。

Img_1183_500x375


ここは中学校の工事の際、発見されたようで、下里中学校の校庭の一部に保存されています。

改めて見てみると、こうした遺跡が今までよく通っていた黒目川のすぐ近くにあって感動しました。

今後こうした遺跡も意識して探してみていきたいと思いました。

この日は、風があまりに強いので自転車には乗らずに徒歩でしたが、意外と長く歩くこととなり、距離は7.07km、消費カロリーは342kcalでした。

ブログランキングに参加して、交流を広げていきたいと思っています。

いずれかポチッとお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


ポタリング ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 多摩情報へ
にほんブログ村






2013年4月13日 (土)

港が見下ろせる小高い公園と県立・市立2つの図書館

東急東横線と副都心線の直通運転が話題となっているので、私もこれに乗って横浜に行ってみました。

思えば、半年前に横浜に行くとき利用したのが東横線の地上ホームを利用する最後の機会となってしまいました。

 ※10月に行った横浜への旅の記録は、こちら

5社の相互乗り入れとのことですが、この日は新宿三丁目駅から、東京メトロ、東急線、みなとみらい線を乗り換えなしで、元町・中華街駅まで直通で行きました。

Img_1153_500x375

↑折り返す電車は、さらに西武池袋線まで乗り入れる、特急小手指行き。

東急線内で特急ということでこの表示ですが、やはり西武線に乗り慣れている私としては、特急といえばレッドアローだし、小手指は止まらないし…とか違和感を感じてしまいます。

さて、地上に出て、駅前の「港の見える丘公園」に行きます。

入口を入ると、いきなり急な階段です。

Img_1156_500x375

♪あれがあなたの好きな場所 港が見下ろせる小高い公園♪

オフコース 小田和正さんの「秋の気配」はこの公園のことが歌われているそうです。

まあ季節はまったく違いますが、秋に来れば良かったかな…

Img_1157_500x375


ここは横浜開港当時は外国人居留地で、フランス軍やイギリス軍が駐屯していました。

上の写真はフランス山にあるフランス領事館跡です。

やがて、眺望が開けます。

Img_1158_500x375


↑正面を見ると、マンション越しに、たしかにベイブリッジが見えます。

↓左の方を向くと、マリンタワーと氷川丸もかすかに見えます。

Img_1161_500x375

↓右の方は本牧埠頭のガントリークレーンでしょうか。

Img_1159_500x375_2

でも…なんか違う気がします。

「港が見下ろせる」とか、「港の見える」とかいう言葉で、こちらが想像していた景色はもっと上の方というか、高いところから見えるものでした。

先月行った称名寺庭園の裏山のほうがいい景色でしたねえ…

 ※ 称名寺庭園への旅の記録は、こちら

まあ、こっちが勝手に思い込んでいただけですけど。

さて、次にイギリス総領事館邸であったイギリス館に行ってみます。

Img_1163_500x375


これは公園内ですが、この辺りは外国人居留地であったため、公園の外にも数多くの西洋館があり、中に入ることができます。

Img_1162_500x375


すぐ近くにある山手111番館にも行ってみました。

Img_1166_500x375


さすが、暖炉もありました。

Img_1165_500x375

建物内にいると穏やかですが、とても風の強い日で、海が近いせいもあり、かなりの強風です。

店舗の置き看板は結構倒れていましたが、バス停さえも倒れていました。

Img_1168_500x375_2


外国人墓地の入口からはランドマークタワーも見えます。

Img_1169_500x375

ほんの短い間の名所めぐり?を終えて、アメリカ山公園から出ようとしたら、エレベーターがあり、それに乗ると元町・中華街駅の改札口 目の前に出て、びっくりしました。

みなとみらい線出口があるビルの屋上は、公園となっていたのですね。

さて、ここからは半年ぶりにbaybikeベイバイクに乗ることにします。

Img_1171_500x375_2


山下公園の氷川丸の前にあるサイクルポートで自転車を借ります。

半年ぶりなので、システムをよく覚えておらず、カードをかざした後の自転車の外し方に手間取ったりしてしまいました。

横浜球場なども見ながら、まず向かったのは、野毛の坂の上にある横浜市立中央図書館です。

Img_1173_500x375


地上5階、地下3階建で、地下には学習室や書庫があります。

平日は20時半まで開館しており、各フロアにも読書席があります。

Img_1174_375x500


↑坂の途中にあり、全体像をとらえたいい写真が撮れませんでしたが、さすがは天下の横浜市だけあって、立派で、かつ来館者数も数多くいました。

そして、ここからほんの500mほどの距離に神奈川県立図書館(紅葉ヶ丘)があります。

Img_1177_500x375


↑こちらは2階建ての本館で、音楽堂や能楽堂と近接しています。

↓新館も裏にあり、こちらは地上4階、地下3階建で、地下には書庫や学習室があります。

平日は19時まで開館しており、3月までは食堂もあったようですが休止してしまいました。

Img_1178_500x375

神奈川県は、横浜と川崎に2つある県立図書館の統合(川崎を廃止?)を検討しているという新聞記事を11月に見て、一度来てみたいと思っていました。

2月の新聞記事によると、統合や閲覧、直接貸し出しの廃止を検討してきたが、閲覧機能は維持し、統合もしない方針になったようです。

ただし、貸し出し廃止は引き続き検討中のようです。

館内に入るにはカバンは持ち込み不可で、コインロッカーに預けることとなっています。

来館者はあまり多くないイメージで、市立中央図書館の5分の1くらいのようです。

Img_1176_500x375


坂の上ですが、桜木町駅から徒歩10分ほどと立地も良く、ランドマークタワーも見える景色もいいところ?です。

図書館は区市町村が運営すればいいのではという意見も根強くあり、埼玉県でも3つある県立図書館の集約化を検討しているようです。

東京都も3つあった都立図書館のうち、日比谷図書館は千代田区に譲渡しました。

県立図書館はあっていいと思いますが、まあ、横浜の場合はこんなに近くに2館あると、確かに検討対象になるでしょうねえ。

この日はこれで帰ったので、走行距離はわずか6.65km、消費カロリー190kcal、ベイバイク利用料は210円でした。

ブログランキングに参加して、交流を広げていきたいと思っています。

いずれかポチッとお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


ポタリング ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 多摩情報へ
にほんブログ村




2013年4月 6日 (土)

毎月180km走っていますって言われると、どう思いますか

平成24年度も終わりました。

仕事上、決算などで忙しい人もいるかもしれませんが、私自身の自転車走行の24年度決算をしてみました。

まずは、1か月ごとの走行距離とともに、月に1カ所程度、印象に残っているものを振り返ってみます。

まずは、4月は151.57km

最近、サーベラスのTOBで話題の西武線の飯能駅周辺の短絡線や入間川の今は使われていない鉄橋を見たりしました。

昨年は4月中旬にまだ桜が咲いていました。

Img_0158_500x375


5月は95.88km

空堀川に沿って源泉探しに行き、軽便鉄道跡地を利用したトンネルのある自転車道を通り、横田基地にも寄りました。

Img_0276_500x375


6月は103.88km

久しぶりに多摩湖自転車道を走って湖を一周したり、工事の完了した築堤からの景色を見たりしました。

Img_0387_500x375


7月は108.02km

山梨県の四方津に行き、斜めエスカレーターを見てきたり、その後、猿橋も見に行きました。

Img_0416_500x375


8月は164.13km

栃木県の足利市に行き、渡良瀬橋の歌詞に出てくるところをめぐりました。

その時立ち寄った八雲神社が、後の12月に火事で全焼したとのニュースを見てびっくりしました。

Img_0559_500x375


8月はつくば市のJAXA筑波宇宙センターにも行きました。

とても暑く、レンタサイクルのママチャリが走りづらかったのを思い出します。

Img_0668_500x375


9月は199.40km

森林公園駅で自転車を借り、吉見百穴を見ました。

Img_0715_500x375

上半期を振り返りました。

いつも、サイコンとして使っている iPhoneアプリ「Cyclemeter」のデータを見てみると、24年度、1年間の走行距離は1670.47kmです。

12で割ると139.20km。

また、計測していない往復2kmの駅までの自転車通勤が、月に20日間は少なくともあるので40km。

足してみると、1か月約180km走っていたこととなります。

さて、続いて下半期です。

10月は228.04km

月の初めには横浜のベイバイクで、本牧の三溪園まで行きました。

Img_0626_500x375


下旬には初めての新幹線輪行をして、静岡県の旅にも行きました。

大井川のギネスにも載った木造橋や浜岡原発、太平洋岸自転車道など思い出がいっぱいです。

Img_0732_500x375

11月は80.64km

荒川サイクリングロードでホンダエアポートなどに行きましたが、この頃は膝が痛くなり、あまり自転車に乗れませんでした。

Img_0800_500x375


12月は142.85km

調布基地跡地の掩体壕や府中基地跡地の謎のパラボラアンテナなどを見ました。

Img_0869_500x375


1月は173.30km

黒目川、荒川、白子川、石神井川と川めぐりをしました。

Dsc00140_500x375


もう一つ、1月にはイオンモール東久留米の件があります。

これは日に600回以上のアクセスがあり、関心のある方が多くびっくりしました。

4月23日グランドオープンなので3月23日にも行きました。

↓この道も4月2日には既に開通していますし、4月18日に実質的にはオープンのようです。

Dsc00382_500x375

2月は98.67km

ロマンスカー輪行で、小田原や湘南に行きました。

なぜか、江の島や烏帽子岩や富士山が見えると、うれしくなって写真を撮りたくなってしまいます。

Dsc00317_500x375

3月は124.11km

横浜市の金沢文庫にある称名寺庭園に行きました。

Img_1096_500x375


毎月180km自転車で走ってるんだ。

って知人や友人に言われたら、どう思います?

ローディーや自転車ツーキニストなら、たったそれだけと思うでしょうが、普通の人から見れば、結構がんばってるねえと思っていただけるのではないでしょうか…

自分に甘いですかね

1か月に180km走ったということは、月に1回しか自転車に乗らなければ、東京駅から静岡駅まで毎月走ってることになります。(かなり無理のある前提条件とは、我ながら思いますが…)

まあ、いずれにしても、こうして振り返ってみると、いろんなところに行っており、(仕事を除けば…)結構楽しい1年間だったんだなと思います。

25年度も振り返った時、楽しかったと思えるような1年にしましょう。

お互いに。

ブログランキングに参加して、交流を広げていきたいと思っています。

いずれかポチッとお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


ポタリング ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 多摩情報へ
にほんブログ村






« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »