フォト
無料ブログはココログ

ランキングに参加しております。いずれかポチッとお願いします。

« 神社の中に巨大な古墳がある?府中 | トップページ | 湘南海岸を大磯から茅ヶ崎、そして江の島まで »

2013年2月17日 (日)

ロマンスカー輪行で小田原城へ、そして箱根駅伝コースで大磯へ

小田急ロマンスカーに乗って、小田原まで輪行です。

2月16日土曜日。昨日の雪はたいしたことなく安心しましたが、今日は東京では晴れていますが、北風が強く、最大瞬間風速21mです。

小田原は強風でないとの予報に期待して、ちょっと遅めの新宿発11時10分「はこね17号」に乗車します。

車両はEXEでした。

Dsc00227_500x375

自転車が置けるように、車両の最後部の席を予約しました。

Dsc00229_500x375


車内は、箱根への観光客で満席です。

私は約1時間の乗車で、12時19分小田原駅で途中下車。

すると、確かに風は強くありませんが、寒いし、路面はぬれており、空一面に雲が覆っていて、ときおり、みぞれも…

とりあえず、駅に近い小田原城に行きます。

ここは、本丸・二の丸の大部分と総構の一部が、国の史跡に指定されており、小田原城址公園として整備されています。

城址公園の中には、このブログ得意の?小田原市立図書館もあります。

Dsc00233_500x375

あまりに寒いので、暖をとるために?入りました。

建物はかなり古く50年以上の歴史があり、神奈川県では4番目開館したそうです。

閲覧席は3階にあり、自習席も多くあります。

↓また、この図書館のすぐ隣は、小田原城の常磐木門で、読書しながら眺めることができます。

Dsc00235_500x375_2

それでは、先程見えた、常磐木門に行ってみます。

豊臣秀吉の来攻に備えて、城下を囲む総構を完成させると城の規模は最大に達し、日本最大の中世城郭になったそうです。

小田原城は籠城できる城のイメージがあります。

Dsc00236_500x375

Dsc00237_500x375


門は確かに立派です。

ちなみに、正面入り口から入れば、馬出門、銅門の後、この常盤木門です。

そして、この常盤木門をくぐると、天守閣です。

Dsc00243_500x375


古文書によると寛永11年(1634)に、三代将軍徳川家光が小田原城の天守閣に登り、武具を見たり展望を楽しんだという記録が残っています。

元禄16年(1703)の大地震でほとんど倒壊・焼失しますが、天守閣は宝永3年(1706)に再建され、明治3年(1870)の廃城で解体されるまで小田原のシンボルとしてそびえていました。

Dsc00241_500x375


現在の天守閣は、昭和35年(1960)に、復元したものです。ほとんどの建物は解体され、 残っていた石垣も大正12年(1923)の関東大震災によりことごとく崩れ落ちてしまいました。

ところで、江戸時代天保期に、7本松があったとされているうち、1本だけ残っています。

Dsc00242_375x500


樹齢400年だそうですが、鉄骨の支柱に支えられているのが痛々しいで。

Dsc00246_500x375

順番が逆になりますが、外から来れば堀を渡って、まず馬出門。↓

Dsc00232_500x375_2


くぐると、銅門。↓

Dsc00245_500x375

Dsc00244_500x375_3


立派ですが、みんな復元されたものです。

さて、このすぐ近くには国道1号線東海道が通っていますが、もちろんここはあの有名な箱根駅伝のコースです。

Dsc00248_500x375


↑往路はこの先、箱根の山を登っていきます。

私は、復路と同じ向きに、東京を目指します。(もちろん、最初から東京まで走ろうとは思っていませんが…)

ちょっと寄り道して、早川の橋の上から箱根の方、上流を見てみます。

Dsc00250_500x375


次にちょっと海に出てみます。風が冷たい…寒い…

Dsc00252_500x375


↑伊豆半島方面。

↓これから向かう湘南方面。

Dsc00251_500x375

それでは、国道1号線をとても寒いですが、東に向かいます。

走っていくと、うれしいことに晴れてきました。

そういえば、この小田原付近以外の関東地方は晴れていたのですから。

海沿いには自転車が通行できない西湘バイパスが通っており、1号線は少し海から離れて走っていますが、ときどきこうして1号線も海寄りにでます。

Dsc00253_500x375

↑国府津付近ですが、駅伝中継のテレビ画面で見たことがあるような風景です。

自転車で走るにしても、テンション上がります。

↓そして、こちらは今年の正月にも確実に見た記憶がある風景です。

Dsc00254_500x375


橘インターの少し先の二宮町押切坂です。

箱根駅伝でもここでは話題となるように、坂になっています。

1号線は海沿いでほぼ平坦なのかと思っていたら、意外にアップダウンはありました。

そして、晴れてはきたものの、東京地方と同じ、強い北風がときおり向かい風となってきます。

でも、本日の私のゴールは意外と近くでした。

Dsc00270_500x375


夏なら混雑しているであろう「大磯ロングビーチ」が目の前にある「大磯プリンスホテル」です。

プールの方は、芸能人水泳大会でおなじみでしたが、もちろん冬は閉鎖されています。

本日は、いただきもののホテル宿泊券があったので、やってきました。

Dsc00268_500x375


冬の閑散期限定の宿泊券ですが、思っていた以上にいい部屋で、オーシャンビューです。

Dsc00272_500x375


↓先程までいた小田原や伊豆半島方面も見渡せます。

Dsc00273_500x375

ただ残念なことに、あちらは曇っていて、楽しみにしていた夕陽や日の入りは見られませんでした。

ブログランキングに参加して、交流を広げていきたいと思っています。

いずれかポチッとお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


ポタリング ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 多摩情報へ
にほんブログ村

↓同じ伊豆半島方面の夜景

Dsc00281_500x375

この日の走行距離は21.49km、平均時速17.87km、消費カロリー548kcalでした。




« 神社の中に巨大な古墳がある?府中 | トップページ | 湘南海岸を大磯から茅ヶ崎、そして江の島まで »

輪行」カテゴリの記事

55神奈川県」カテゴリの記事

コメント

おおっ、なかなか優雅な輪行の旅ですねー。

こんないいホテルに泊まって、という旅をやってみたいです。

ポチ。

こんにちは。
小田原良いですね・・・旅しているじゃないですか!
私の自転車の旅は、いつになることやら(笑)

箱根駅伝のコースは、一度ロードで走行したいと思っています。
でもやっぱり宿泊付きでのんびりまったり、訪れたいですね。
翌日の動向もお知らせください。
楽しみにしております。

こんばんは!
小田原はいいですねえ。
最近地元はある程度走ったんで、輪行を取り入れて色々と風光明媚な
ところに足を伸ばしてみたいと思っています。
ましてやロマンスカーなんて・・・ ちょっと検討してみよっと。

ところで箱根駅伝のコースを登られたんですか!?
翌日の記事UP楽しみにします。

araitaさん、こんばんは。

箱根駅伝のコースである国道1号線は、天気の悪い土曜日には
自転車乗っている人は見かけませんでしたが、天気のいい日曜日は、
数多くのローディーが走っていました。

Tomyさん、こんばんは。

箱根駅伝のコースとはいっても、さすがに小田原箱根間
は私にはちょっと無理です
小田原から東に向かって、1号線を走りました。

ところで、ロマンスカーは良かったですが、乗る時間や車両を
工夫すれば、より快適な旅ができたのかなと思いました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロマンスカー輪行で小田原城へ、そして箱根駅伝コースで大磯へ:

« 神社の中に巨大な古墳がある?府中 | トップページ | 湘南海岸を大磯から茅ヶ崎、そして江の島まで »