フォト
無料ブログはココログ

ランキングに参加しております。いずれかポチッとお願いします。

« ロマンスカー輪行で小田原城へ、そして箱根駅伝コースで大磯へ | トップページ | 北多摩の分水嶺はどこかの考察と滄浪泉園の静けさ »

2013年2月23日 (土)

湘南海岸を大磯から茅ヶ崎、そして江の島まで

前回の続きです。

大磯プリンスホテルはチェックアウト12時なので、ホテル内の大磯温泉に入ったり、窓から海を見たり、のんびりして、ゆっくり出発です。

エレベーターを待つ間、廊下から外を見ると富士山がきれいに見えます。

やはり、東京より富士山が大きく見えます。

Dsc00283_500x375

では、国道1号線を東へと向かいますが、1kmもしないうちに、見たことのある標識が。

Dsc00256_500x375


太平洋岸自転車道といえば、秋には静岡県御前崎あたりで走った道です。

 大井川から御前崎までの旅の記録は、こちら

 御前崎から浜岡原発、大須賀までの旅の記録は、こちら

下り車線側に渡り、国道1号線から、ごく普通の路地から入っていきます。↓

Dsc00284_500x375


標識のとおり、200mほどで太平洋岸自転車道です。

といっても、実際は、西湘バイパスの歩道といった感じです。↓

Dsc00285_500x375

しかも、この道は悲しいことに2kmちょっとの大磯港あたりですぐ終点です。

Dsc00286_500x375_2

↑出口というか、反対側の入り口はもっとわかりづらいです。

この少し先からは、西湘バイパスは一般道の国道134号線となり、再び箱根駅伝のコースを走行することとなります。

Dsc00288_500x375_2

日曜日なので、自動車の数は多く、車線数が減少するためか、かなり渋滞していますが、自転車は快適です。

でも、渋滞した自動車の横をすり抜けるのはちょっと危険だし、排気ガスも多いので、できればこの道は離れたいのですが…

やがて、平塚駅南口入口の交差点を過ぎると、道幅も広くなり渋滞解消です。

そして、湘南大橋で相模川を渡ります。

Dsc00289_500x375


↑ここにもネーミングライツの波は押し寄せてきているようで、トラスコ湘南大橋というそうです。

この橋を渡り、茅ヶ崎に入り下水処理場を過ぎると、柳島海岸から再び自転車道です。

Dsc00290_500x375

「湘南海岸・砂浜の道」といい、134号線からの入り口はこちらです。↓

Dsc00292_500x375


すぐに海に出ます。湘南海岸です。

Dsc00293_500x375


私は東に向かっているのですが、後ろの方(西の方角)の写真を撮っている人がいるので、何かと思い振り向いて見てみると、富士山でした。↓

Dsc00294_500x375

湘南の海もきれいですが。この富士山も美しく、私もここから先は、ときどき振り返って富士山を眺めることとなりました。

舗装されていますが路面は荒れていて、砂も浮いており、決してコンディションの良い道とは言えませんので、スピード重視の方は134号線をお勧めします。

私は景色重視ですから、海沿いをポタリング。

♪砂まじりの茅ヶ崎♪と歌いながら走っていると、茅ヶ崎サザンビーチに「茅ヶ崎サザンC」がありました。

Dsc00295_500x375

茅ヶ崎の頭文字でCですが、調べてみたら、Cの文字の切れ目に立つと円になることから、縁結びの輪なのだそうです。

また、正面から見ると真ん中に、烏帽子岩(えぼしいわ)が見えるそうです。

私の写真では少し右側に顔を出しています。

やはり、サザンの歌、

♪エボシ岩が遠くに見える 涙あふれてかすんでる こころから好きだよ♪

Dsc00301_500x375

烏帽子岩です。

気になってしょうがない富士山をふり帰れば、

Dsc00297_500x375


ところで、この道にはいくつも車止めはありますが、形はもちろん烏帽子岩。

Dsc00304_500x375


この快適な道も8.3kmほどの鵠沼橋あたりで134号線と合流です。

Dsc00306_500x375


橋を渡って、江の島まで2kmほどは湘南海岸公園内を走れます。

Dsc00308_500x375


ただし、ここからは人が非常に多く、ゆっくりしか走れません。

のんびり座っている人も多いですが、ここで弁当やらサンドイッチやら、食べてはいけません。

とんびが空からねらっています。

「とんびに油揚げをさらわれる」といいますが、ほんとうに食べ物を取られて泣いている子供やびっくりしているカップルを以前に何度も見かけました。

Dsc00309_500x375


↑13時半に片瀬江ノ島駅に到着です。

すぐに帰るのももったいないので、2時間後の電車を予約して、あたりをのんびりプラプラします。

江の島へ向かう道は車も人もかなり多いです。

Dsc00310_500x375


行ったことはあるので、今回はパスです。

↓この海岸に突き出た遊歩道は自転車は通れないし、行き止まりですが、ベンチもあり、のんびりできてお勧めです。

Dsc00313_500x375


しつこいようですが、海越しの富士山もきれいです。

Dsc00314_500x375_2


もう一回、さきほど通った道を自転車で戻ってみました。

再び、烏帽子岩の近くまで行き、

Dsc00318_500x375


この日最後の富士山を見て、

Dsc00320_500x375


江の島を振り返り、

Dsc00317_500x375


♪江の島が見えてきた 俺の家も近い♪と歌いながら帰りました。

でも、現実の家はまだ遠いです。

輪行で帰ります。

ブログランキングに参加して、交流を広げていきたいと思っています。

いずれかポチッとお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


ポタリング ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 多摩情報へ
にほんブログ村

Dsc00322_500x375


片瀬江ノ島駅15時32分発、えのしま84号。

行きは小田原まで、帰りは江の島からのロマンスカー輪行です。

後部座席の後ろに自転車を置きます。

出発してすぐの藤沢で進行方向が変わるのでどうなるのかと思っていましたが、片瀬江ノ島から藤沢までは逆向き(シートの背中向き)に電車は走っていき、藤沢で進行方向向きとなりました。

Dsc00324_500x375


後半は計測していませんでしたが、この日の走行距離は25.20km、平均時速は17.95km、消費カロリーは612kcalでした。




 

« ロマンスカー輪行で小田原城へ、そして箱根駅伝コースで大磯へ | トップページ | 北多摩の分水嶺はどこかの考察と滄浪泉園の静けさ »

輪行」カテゴリの記事

55神奈川県」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

海好きの私には、今回のルートはたまりませんね^^。時間があればこれに鎌倉をプラスしてあちこち徘徊したいです。鎌倉坂ですけどね^^;。しかし富士山綺麗ですねぇ。そしてやはり湘南の海にはサザンが良く似合う。ステキな旅でしたね^^。

ではヽ(´▽`)/

素敵な旅が出来ましたね。
私もゆっくり景色を堪能しながらの自転車旅行をしたいところです。
まだまだ先かな(笑)

海に代表されるように水辺のシチュエーションは外せませんね。
特にこれから春に向けて、何か企画を考えないと!
富士山の眺望も最高でした。
でもどうして、富士山を見上げてしまうのでしょうか?
あっ、それとスカイツリーも(爆)
必死に探して見える見えるって、一人で盛り上がっているaraitaです。

まっさんさん、こんばんは。
海好きですか。かっこいいですねえ。

海は行ってみるといいもんです。
月に1回は海を見に行こうと思っているのですが、
意外と難しいものです。

araitaさん、こんばんは。

確かに、富士山やスカイツリー、また、東京タワーや超高層ビル。
あっ、あそこから見えた、ここから見えたっと盛り上がってしまうのは
なぜなのでしょう

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 湘南海岸を大磯から茅ヶ崎、そして江の島まで:

« ロマンスカー輪行で小田原城へ、そして箱根駅伝コースで大磯へ | トップページ | 北多摩の分水嶺はどこかの考察と滄浪泉園の静けさ »