フォト
無料ブログはココログ

ランキングに参加しております。いずれかポチッとお願いします。

« ダイヤモンド富士が撮れないiPhoneカメラよりも、いいのは… | トップページ | 調布基地を追ーい越し、で有名な調布飛行場 »

2012年12月 1日 (土)

こもれびの足湯と東京の水道はどこから

すっかり日中も寒くなってきたので、温泉が恋しい季節となりました。

夏の暑い頃にも来た、西武拝島線東大和市駅付近の玉川上水と野火止用水の分岐点の近くに再び来ました。

Dsc00004_500x375


↑右が玉川上水で、左は緑道ですが舗装されてなく、自転車は通行できないようです。

野火止用水側は通ることがありましたが、1本中に入った道沿いのため気づかなかった、足湯があるとのことを知りました。。

「こもれびの足湯」です。

Dsc00003_500x375_3

わかりづらいところにあるのですが、無料であるためか(まあ足湯で有料では誰も来ませんが)、日曜日の午後3時ごろ、結構なにぎわいでした。

お年寄りもいれば、家族連れもいる、まさに老若男女が来ていました。

東屋が二つあり、30名ほどが足湯に浸かれるようになっています。

Dsc00005_500x375

温度は熱くもなく、ぬるくも無く、適温でした。

私は15分ほど浸かって出てしまいましたが、ほとんどの方は私より長く浸かっていました。

もともと、ここに入る予定ではなかったため、濡れた足を拭くものが、ハンカチしかないことがちょっとしたミスでしたが、まあ快適な時間が過ごせました。

なお、私が買わなかっただけで、タオルや飲み物も売っています。

そのため、無料施設にも関わらず、女性従業員の方が二人いらっしゃいました。

Dsc00007_500x375


実はここは、小平村山大和衛生組合の施設で、深さ250mの井戸からくみ上げられた地下水を、ごみ焼却炉の余熱を利用してお湯にしているようです。

小平市、東村山市、東大和市のごみを燃やしているようで、小平清掃事務所も隣接しています。

清掃工場の横に温水プールが設置されているところもありますが、ここは足湯のようです。

すぐ近くには西武線の玉川上水車両基地もあり、西武新宿線や拝島線では普段見かけない、多摩湖線の白い車両も止まっていました。

Dsc00002_500x375_2


さて、ここを離れ野火止用水を下っていくと、ここからさらに分岐していく緑道らしきものがあることに気づきました。

気になるのでこちらを辿っていきます。

Dsc00008_500x375

水道緑地とのプレートがありますから、水道管が下を通っているようです。

ほぼ一直線に北東に向かっており、電気の高圧線が上空を通っています。

Dsc00009_500x375


この道は地図を見ていても、一直線で目立つので、前から興味を持っていたところでした。

舗装されていない部分などもあり、自転車で走りづらいですが進んでいくと、やがて都営東京街道アパートの敷地に入ります。

団地の建替え最中のようで、所々に空き地がある中、高圧線を頼りに先に進みます。

Dsc00011_500x375


団地を抜けても、自転車歩行者専用道があります。

新青梅街道を横断するため迂回し、空堀川も渡るため、一瞬見失いそうですが、高圧線があるためすぐに再び見つけられます。

Dsc00012_500x375


ただし、この辺りにくると高圧線下は通れなかったり芝生となっており、近隣の道路をぐるぐる迂回しながら、行き先を探していきます。

西武多摩湖線の手前で先に進めなくなりますが、

Dsc00013_500x375_2

その先には予想通りのものがありました。

東京都水道局東村山浄水場です。

Dsc00015_500x375


東京都の水道水は、主に利根川、荒川の水と多摩川の水を使っていますが、そのうち多摩川の羽村取水堰から多摩湖(村山貯水池)への導水管の上は昔、軽便鉄道が通っており、今は自転車道になっているので、5月か6月に通りました

↓導水管の上の野山北公園自転車道(再掲)

Img_0259_500x375

もう一つ、多摩川の羽村取水堰から玉川上水を流れた水が、途中から地下の導水管を流れ、この東村山浄水場へ向かうルートが今日の道のようです。

考えてみれば、以前6月頃行った多摩湖自転車道も、多摩湖(村山貯水池)から東村山浄水場と境浄水場への導水管の上に作られていますから、都水道局の施設上に、都内では結構自転車道が整備されていることになります。

↓多摩湖自転車道にある案内板(再掲)

 

Img_0395_500x375

ブログランキングに参加して、交流を広げていきたいと思っています。

いずれかポチッとお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


ポタリング ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 多摩情報へ
にほんブログ村

ちょっと、私たちの飲み水がくるルートにも興味を持って、他のルートも探っていきたいと思います。

この日の走行距離は18.09km、平均時速17.55km、消費カロリー470kcalでした。

« ダイヤモンド富士が撮れないiPhoneカメラよりも、いいのは… | トップページ | 調布基地を追ーい越し、で有名な調布飛行場 »

02小平市」カテゴリの記事

水道水の流れ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

都市部にある「足湯」がいいですね。

ポタリングの最中にホッと温まれるなんて、この時期最高なのでは・・。

温泉ではなく、ごみ処理の余熱を利用しているというところが実に都市型ですね!

こんにちは。

ちょっとポタリングするにも、こういう探検気分で走ると童心に戻って楽しく走れますよね^^。
無料施設の足湯はこの時期ありがたいですね。ポタしてひとっ風呂浴びれるのは最高ですよね。
ではヽ(´▽`)/

ポタ麿さん、こんばんは。

まあ、都市部というのはちょっと微妙なところなのですが、
いずれにしろ、足湯は意外と人気があり、びっくりしました。

ごみ処理のせっかくの余熱ですから、サーマルリサイクルでも
何でも、利用してほしいものです。

まっさんさん、こんばんは。

いろいろ目的を決めて予定をたてて走るのも、
もちろん楽しくていいものですが、このように
行き当たりばったりで、その時に何かを探して
走るのも楽しいものです。

ただし、意外とネタ?は少ないものです…

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こもれびの足湯と東京の水道はどこから:

« ダイヤモンド富士が撮れないiPhoneカメラよりも、いいのは… | トップページ | 調布基地を追ーい越し、で有名な調布飛行場 »