フォト
無料ブログはココログ

ランキングに参加しております。いずれかポチッとお願いします。

« ダイヤモンド富士リベンジと、オリオン座のむこうをiPhoneとデジカメで | トップページ | 初日の出と多摩湖から見る絶景の最終日の入、及びブログ一周年に感謝 »

2012年12月29日 (土)

立川基地引込線跡を通り、多摩都市モノレール引込線の先へ

連続立体交差の完成したJR中央線の立川駅と国立駅の間から北東に向かって、いかにも廃線跡らしき空間があります。

Dsc00057_500x375

国立市の公園を通り抜け、

Dsc00058_500x375


その先は、住宅地や畑の間を通る緑道として整備されており、レールを使ったと思われる藤棚もあります。

Dsc00059_500x375

ここには立川基地、立川飛行場への引込線が通っていました。(立川飛行機専用線ともいわれているようです)

「立川飛行場」とはいっても、様々な経緯があるようで、戦前は陸軍の飛行場があり、戦後はアメリカに接収され米軍基地となりますが、砂川事件などを経て、1973年には日本への返還が発表され、77年には全面返還されました。

現在の立川飛行場は1982年に新設されたもので、陸上自衛隊立川駐屯地として使用されるほか、立川広域防災基地として東京消防庁や警視庁のヘリコプターも離発着をしています。

この引込線跡は、国分寺市を通り、立川市に入り栄緑地として整備されています。

Dsc00060_500x375


この緑地のすぐそばに、陸上自衛隊東立川駐屯地があります。

Dsc00051_500x375


↑北側の入口はこんな感じなので、東から通って南側に行ってみると↓Dsc00053_500x375


同じような感じです。帰って調べてみたら、正門は西側だったようです。

(そこまで周って撮影すべきでしたかね…)

となりには、法務省の立川法務総合庁舎があり、東京入国管理局立川出張所と関東公安調査局国立駐在官室という、ここにあるとは予想していない施設があって、ちょっとびっくりしました。

Dsc00054_500x375


国土交通省の多摩自動車検査登録事務所もあります。

Dsc00056_500x375


多摩ナンバーの自動車の総本山?です。

うちの車も多摩ナンバーですが、ここに陸運事務所があるとは知りませんでした。

廃線跡に戻ると、

Dsc00061_500x375

歴史と文化の散歩道の一部となっています。

この引き込み線は、戦前は資材運搬に、アメリカ軍はジェット燃料の輸送などに使用されていたようです。

さらに進むと、

Dsc00062_500x375_2


芋窪街道から先は緑道はなくなり、タチヒゴルフの看板もあるように立飛企業の敷地となっているようです。

Dsc00063_500x375

立飛企業は、会社四季報でも見たことがあった会社ですが、MBOにより平成24年1月に上場廃止してしまったようです。

戦前は立川飛行機という名で、中島飛行機の隼などをライセンス生産していました。

敷地内には、ゴルフ練習場の他、ホンダや日産自動車のディーラーやケーズデンキ、倉庫、宗教団体など様々な建物があります。

土地を賃貸しているのか、売却してしまったのかはわかりません。

以前は航空機の工場だっただけあり、非常に広いです。

Dsc00066_500x375


↑奥に見える多摩都市モノレールの駅は、その名も立飛駅です。

10年ほど前にはモノレールでよくここを通り、上から敷地全体が見渡せましたが、その頃はゴルフ練習場はあったものの、それ以外は倉庫と駐車場くらいしかありませんでした。

確か、モノレールの下の道路も立飛企業の敷地内のため、通行できなかったはずで、ずいぶん様変わりしたものです。

今でも高松駅前に立飛企業の関連会社、新立川航空機があります。

Dsc00026_500x375


この高松駅から西に向かって延びていくモノレールの引込線があります。

Dsc00070_500x375


モノレールに乗っていてと、あの先はどうなっているのか見てみたいと思っていたので、今回行ってみることにしました。

反対側から見ると、軌道が美しく弧を描いています。

Dsc00024_500x375

そして、住宅棟(トミンハイム立川泉町)の敷地にモノレールの軌道が入っていきます。

Dsc00022_500x375_2

この一角には多摩都市モノレールの本社もありました。

Dsc00018_500x375


この敷地の北側に行ってみましたが、ここで地上に降りてきて、住宅棟の下が車両基地になっているみたいです。

Dsc00020_500x375


残念ながら中は見えません。

Dsc00021_500x375

立川飛行場、立川基地の跡地は、新しい立川飛行場と国営昭和記念公園がありますが、それ以外にも、こうした施設や国の様々な機関が建設されています。

立川市役所も立川駅南口からこの住宅のとなりに移転してきました。

利用予定のない国有地は売却されており、IKEAもできるそうで、空地が多かった景色もだいぶ変わっていくことでしょう。

Dsc00067_500x375


ここからモノレールに沿って、北に向かい砂川七番駅の近くにある、立川市立幸図書館に行きました。

Dsc00072_500x375

建物の1階の一部が図書館なのですが、入るとマンションの一室くらいの広さで、座席も数席しかありませんでした。

ちょっと雑誌を読みながら休憩しようかと思って入りましたが、とても寒い日だったので、逆に中が暖房で暑くてすぐに出てしまいました。

ブログランキングに参加して、交流を広げていきたいと思っています。

いずれかポチッとお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


ポタリング ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 多摩情報へ
にほんブログ村

古い建物なので冷暖房の調整は難しいのでしょうか。

この日の走行距離は30.41km、平均時速は18.30km、消費カロリーは765kcalでした。

« ダイヤモンド富士リベンジと、オリオン座のむこうをiPhoneとデジカメで | トップページ | 初日の出と多摩湖から見る絶景の最終日の入、及びブログ一周年に感謝 »

基地」カテゴリの記事

廃線跡」カテゴリの記事

08北多摩南部」カテゴリの記事

コメント

すずたさん、こんばんは。
関東には多くの飛行場があるのですね。
基本的に飛行機を見るのが好きなので、羨ましい感じがします。
また、モノレール沿いを走るのも楽しそうですね。私もこの間大阪でモノレール沿いを走ったのですが、中国地方にはこの手の交通機関がないので楽しかったです。

今年もあと少し、新しい年もいいポタリングができればいいですね。
それではよいお年を。


ポタ麿さん、こんばんは。

確かにこの一年間で私、飛行場によく行ってますねえ。
自分でも気づきませんでした。
きっと好きなのでしょう。

ところで、立川飛行場は滑走路もありますが、ほとんど
離発着しているのはヘリコプターです。

それでは、お世話になりました。良いお年を。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 立川基地引込線跡を通り、多摩都市モノレール引込線の先へ:

« ダイヤモンド富士リベンジと、オリオン座のむこうをiPhoneとデジカメで | トップページ | 初日の出と多摩湖から見る絶景の最終日の入、及びブログ一周年に感謝 »