フォト
無料ブログはココログ

ランキングに参加しております。いずれかポチッとお願いします。

« こもれびの足湯と東京の水道はどこから | トップページ | 府中基地の謎のパラボラアンテナと、調布基地の掩体壕 »

2012年12月 8日 (土)

調布基地を追ーい越し、で有名な調布飛行場

♪中央フリーウェイ 調布基地を追ーい越し 山に向かって行けば、

黄昏がフロントグラスを染めて広がる♪

ご存じ松任谷由美(荒井由美)さんの中央フリーウェイの始まりの一節です。

今日のテーマは、最近ニュースで話題の中央自動車道ではなく、調布基地のほうです。

京王線飛田給駅から向かいます。

Img_0816_500x375


以前は小さな駅だったのですが、味の素スタジアムの最寄駅となったためか、とても立派です。

サッカーやイベント開催日のためでしょうか、臨時きっぷうりばもあります。

外観も立派です。

Img_0817_500x375

国道20号線甲州街道を渡る歩道橋も大人数が渡れるよう幅の広いものが二本あります。

Img_0818_500x375


ここを渡ると味の素スタジアム(ネーミングライツでこの名称になる前は東京スタジアム)です。

試合がないこの日は閑散としていました。

Img_0819_500x375


ここから北側の調布市、府中市、三鷹市にまたがる53haの敷地に、昭和16年「調布飛行場」が作られました。

太平洋戦争の間、帝国陸軍により使われていましたが、昭和20年敗戦によりアメリカ軍に接収されてしまい、長い間「調布基地」と呼ばれてきたようです。

その後、東京オリンピック(昭和39年のほう)のため渋谷のワシントンハイツの代替住宅としての関東村などを経て、昭和49年に日本に全面返還されました。

Img_0822_500x375


跡地については、国と都と3市の協議を経て、現在は伊豆七島の大島、新島、神津島とを結ぶ調布飛行場が整備され、この味の素スタジアムをはじめとした様々な施設が建設されています。

来年秋に、東京都で開催される国体「スポーツ祭東京2013」の開会式、陸上競技、閉会式は、この味の素スタジアムが会場です。

広い駐車場?の向こうに補助競技場も作られました。

Img_0820_500x375

周っていくとほんとうに広く、福祉施設がいくつかある一画もあるかと思えば、警察学校も二つもあります。

Img_0826_500x375_2


↑警視庁警察学校です。

↓警察庁警察大学校です。

Img_0829_500x375

なんだ同じようなもんじゃん、と思った方もいるかもしれませんが、警察庁と警視庁の違い、知ってました?(知ってるよ!という方、すいません)

警察庁は国の機関、警視庁は都の機関でいわば東京都警察本部です。

首都の警察とのことで戦前からの流れもあり、神奈川県警察本部というような名称ではないようです。

ですから、トップも県警本部長ではなく、警視総監です。

ちなみに、警察庁のトップは警察庁長官です。

ところで、余談ですが、警視庁に管理官って実在するんですねえ。

「踊る大捜査線」で設定した架空の役職だと思っていたら、もちろん捜査第一課管理官ではないけど、○○課管理官という肩書の方にお会いしてびっくりしました。

Img_0830_500x375_2


話を調布基地跡地に戻すと、ここには東京外国語大学もあります。

また、野球やサッカーのグラウンドが数えきれないほどあります。

Img_0831_500x375


そして、メインの調布飛行場です。

Img_0832_500x375


平成4年に国から都へ管理運営が引き継がれ、平成8年に地元合意もされ、平成13年にそれまでの場外離着陸場ではなく、正式な飛行場として開場されたようです。

Img_0833_500x375


途中何台もの飛行機やヘリコプターが離着陸していましたが、敷地全体が広いのでのんびり周っていたら、暗くなってきて、離着陸する飛行機がいなくなってしまいました。

ここは有視界飛行に限定しているようで、先にこちらに来て撮影するべきでした。

止まっている飛行機や管制塔らしき建物が見えます。

Img_0834_500x375

公園として整備されている部分もあり、都立武蔵野の森公園といいます。

都立では、武蔵野公園もあるし、以前行った中島飛行機武蔵製作所跡地の武蔵野中央公園もあります。

ややこしいけど、利用者にとっては公園の名前なんてどうでもいいのですかね。

(武蔵野の森公園入口で待ち合わせしよう、なんて約束はしないのかもしれません)

Img_0836_500x375

この公園には「ふるさとの丘」があり、各都道府県の石がおかれています。

出身者の方にとっては懐かしいのでしょうか?

また、この公園内にあるという戦時中の掩体壕も暗くなって見れませんでしたので、またここには来たいと思います。

ところで、歌詞には「調布基地」となっている、ユーミンの「中央フリーウェイ」は昭和51年の曲です。

ということは、既にアメリカから日本に全面返還された後だから、もう「調布基地」ではなく、強いていえば「調布飛行場」です。

まあいいか…

帰りは、基地跡地北西側の最寄りの西武多摩川線多磨駅から帰りました。

Img_0838_500x375_3


昔は私鉄の駅によくあった、駅の改札口が片方にしかなく、反対側のホームには駅構内の踏切で渡っていくタイプの駅です。

Img_0839_500x375


踏切を2度も渡らなければならず、目の前で乗りたい電車が行ってしまったという思い出も、今では懐かしいです。

レトロな気分を感じて、連続立体交差も完成して橋上駅舎となった武蔵境駅で中央線に乗り換えると、今度は新しい自動販売機を見ました。

Img_0840_500x375

ブログランキングに参加して、交流を広げていきたいと思っています。

いずれかポチッとお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


ポタリング ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 多摩情報へ
にほんブログ村

画面上に絵というか写真が写し出されていて、商品選択のボタンはなく、画面をタッチするというものです。

もちろん、SUICAやPASMOも使えます。

まあ、スマホと同じ原理なんだから、技術的には目新しくないのでしょうが、のっぺりした凸凹のない外観に思わず、写真を撮ってしまいました。

« こもれびの足湯と東京の水道はどこから | トップページ | 府中基地の謎のパラボラアンテナと、調布基地の掩体壕 »

基地」カテゴリの記事

08北多摩南部」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

2000年頃、狛江に住んでおり、当時付き合っていた彼女が立川にいて、調布はよく通った道でした。味の素スタジアム(当時は東京スタジアム)も懐かしいですね。
当時はクルマで過ぎ去るだけだったのですが、こうやってゆっくり見てまわると調布は良いところですね。飛行場に行って一日のんびり飛行機を眺めながらポタする、なんかも良いと思います^^。
ではヽ(´▽`)/

こんにちは。 土地の成り立ちなどいろいろと興味深くみさせていただきました。
ユーミンは10代の頃いろいろと基地関係に影響を受けてるみたいですね。
私も立川基地を調べたときに「ランドリーゲートの想い出」という歌がでてきました。
車だと見過ごしてしまう景色も自転車ならじっくり立ち止まってみられていいですね。

調布飛行場のんびりした感じでいいですね。
温かい時期にゆっくりセスナ機でも眺めていたい雰囲気です。
のっぺりした自動販売機、こちらの方ではまだ見たことがありません(笑)

こんにちは。

なんだか今回は大変勉強になりました(笑)
恥ずかしながら、警視庁とは・・・そういうことだったのですね。
飛田給は社の技術研究所があるのでたまに行きますが、周辺の環境を
じっくり眺めてはいないので、なんだか新鮮でしたね。
各都道府県の石?そんなものまでもオブジェのように設置されていたんですね。

ところで、ロードバイク・・・如何ですか(笑)

調布飛行場は昔は基地だったんですね。

その土地がグラウンドなどに利用されているわけですね。

警察庁と警視庁、しっかりと違いを認識したのは今回が初めてです。

勉強になりました。

ポチ。

まっさんさん、こんばんは。

いやー、いい話ですねえ。
奥さんにも見せてあげたいくらいです
慈恵医大の横も通っていたのでしょうかね(笑)

oumei240さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

多摩地区にも、調布、府中、立川、横田など基地や跡地はたくさんあるけど、
米軍ハウスがあるのは横田だけなのですかねえ。
関東村やグランドハイツも以前は住宅ですが…

ポタ麿さん、こんばんは。

確かに、こうした飛行場は暖かい日にのんびり眺めたいものです。
寒い日と暖かい日、二日行ってみて、あまりの印象の違いにびっくりしたものです。

araitaさん、こんばんは。

いやあ、飛田給に仕事で行かれることがあるとは失礼しました。
技術研究所って、調布にあったり、清瀬にあったり、多摩地区には
意外と多いような気がします。

昔は土地が空いていたんでしょうね…

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 調布基地を追ーい越し、で有名な調布飛行場:

« こもれびの足湯と東京の水道はどこから | トップページ | 府中基地の謎のパラボラアンテナと、調布基地の掩体壕 »