フォト
無料ブログはココログ

ランキングに参加しております。いずれかポチッとお願いします。

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月27日 (土)

新幹線輪行で行く大井川、御前崎

10月25日朝6時に家を出て、初めての新幹線輪行で静岡県に行きました。

Img_0659_500x281


7時26分発こだま635号です。 

景色の見れる窓際で、後ろに自転車が置ける最後列の指定席を確保したかったのですが、あいにく後ろから2列目の窓際E席です。 

自転車をおいて、いちおう最後列の方に一言ご挨拶。

Img_0661_500x375


平日朝の下りこだま号の指定席って、すいていると思っていましたが、途中でほぼ満席になるんですね。

9時前には静岡駅に着き、東海道本線に乗り換えですが、電車が来ない。

約20分の遅れでしたけど、まあ急ぐ旅でもないからいいか。

そして、島田駅に到着です。

Img_0664_500x375


田舎の駅を想像していたら、立派な駅舎でちょっとびっくりしながら、いつものDAHON speed p8でスタートです。

まずは、すぐ近くに流れる大井川沿いで海に向かうのですが、東海道本線もこの辺りでは、20kmほど海から離れています。

江戸時代に「箱根八里は馬でも越すが、越すに越されぬ大井川」と言われた、あの川で、当時は架橋が許されていませんでした。

Img_0665_500x375


現在は、当然のようにいくつも橋はありますが、世界最長の木造歩道橋としてギネスにも認定されている「蓬莱橋」に行きました。

全長897.4m、通行幅2.4mで、歩行者も自転車も100円かかります。

Img_0672_500x375


さすが木造で、自転車で走るとカタカタ揺れるので、水面の上ではちょっと不安になります。

Img_0666_500x375


反対岸まで行って帰ってきました。

Img_0668_500x375


観光客らしき人も十数人渡っていましたが、対岸には用がないみたいで、皆さん途中で引き返していました。

地域の足というより、観光用の橋なのですかね。

Img_0673_500x375


川原に降りて、改めて蓬莱橋を見ると、橋桁が意外と細いのが気になりました。

渡る前に見なくて良かった…

この川原にはマラソンロードがあり、自転車も走れるので、この道で下流に向かいます。

Img_0675_500x375


やがて、東海道新幹線の下を通りますが、新幹線って外で見ると早いですねー。

さらに川沿いを快適に進み、東名高速道路も過ぎ、富士見橋という橋で、対岸の西に渡ります。

ここからは「太平洋岸自転車道」を進みます。

名前の大げささの割には、この辺りは海から数キロ離れたところを通っています。

Img_0676_500x375

実はこの道の一部は、静岡鉄道駿遠線という軽便鉄道の廃線跡を利用しています。

昭和45年には廃止されたようです。

Img_0677_500x375_2


上の写真のように、全駅ではありませんが、旧駅の駅名標が置かれています。

国土交通省による大規模自転車道のひとつで、一般県道静岡御前崎自転車道線として、静岡県が管理しています。

国道に「太平洋岸自転車道」と書かれた大きな看板が立っているかと思えば、この廃線跡を利用されている区間では、交差点に看板もなく、どちらに向かえば良いかわからなくなるところが、何カ所かありました。

吉田町の能満寺には国指定天然記念物の大蘇鉄(ソテツ)があります。

Img_0678_500x375

6mあり、平安時代に陰陽学者の安倍晴明が植えたといわれており、江戸時代には徳川家康が駿府城に移植したところ、もとの能満寺に帰りたいと夜な夜な泣かれたので、家康があわれに思って戻したそうです。

Img_0681_500x375_2


さらに進み、途中道を間違えたりしながらも、坂口谷川に沿って、ようやく海、太平洋に出ました。

Img_0684_500x375

ここは海岸がちょっときたないのが残念ですが、ここから静波海岸に沿って、太平洋岸自転車道の名にふさわしい海辺を走ります。

ここ以外は海辺もきれいでした。

やがて相良水門から、相良の街中のルートとなります。

Img_0685_500x375_2

この水門は、田沼意次が築いた相良城の大手門をイメージしたため、このような不思議なデザインとなっています。

資料館もこんな立派な建物となっており、相良城本丸跡にあります。

Img_0686_500x375


日本史での江戸時代の老中田沼意次というとあまりいいイメージではありませんが、この地ではそんなこと言ってはいけません。

再び、自転車道を進みます。

Img_0687_500x375_2


ここまでの自転車道は、東から(上の地図の右上から左下に向かう)駿遠線廃線跡を来ましたが、この旧地頭方駅から鉄道路線は北西(左上)に向きを変えていたようです。

この自転車道はさらに南へ向かい先端の御前崎を目指します。

Img_0688_500x375


走っていくとトンネルです。また道を間違えたかな。

Img_0689_500x375


大丈夫でした。御前崎港です。

海上保安庁の船ふじも停船していました。 

ちょっと遅くなりましたが、昼食です。

Img_0690_500x375


海鮮なぶら市場で、生しらす丼を食べました。

「なぶら」とはカツオの群れのことだそうです。

ここから海岸沿いの道を走りますが、時折防波堤を波しぶきが超えてきます。

ウミガメの産卵地を見ようと思っていましたが、いつのまにか通り過ぎてしまったようです。

そしてようやく御前崎灯台ですが、高台にあるため、自転車を置き、長い階段をのぼります。 

Img_0691_375x500

せっかく、ここまで来たのですから200円を支払って、灯台の展望台に上ります。

目の回るような階段を進み、最後ははしごです。

Img_0697_375x500_3


誰もいないから、すれ違いにも困りませんが、混んでいるときは大変でしょう。

やっと、外に出ると、強い風と素晴らしい景色。

今きた東の方角。

Img_0692_500x375


南は海しかありません。

Img_0694_500x375


そして、これから向かう西です。

Img_0693_500x375

ブログランキングに参加して、交流を広げていきたいと思っています。

いずれかポチッとお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


ポタリング ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 多摩情報へ
にほんブログ村

はるか彼方にうすーく見えるか見えないか位の建物群がこれから向かう浜岡原発です。

長くなるので、この続きは次回にします。

2012年10月20日 (土)

麻薬のある植物園と戦争の傷跡が残る建物

東村山市から野火止用水沿いを南西方向に向かいました。

西武多摩湖線八坂駅近くの、府中街道との交差点に「九道の辻」があります。

Img_0583_500x375


かつて、ここは鎌倉街道、江戸街道、大山街道、奥州街道、引股道、宮寺道、秩父道、清戸道、御窪道という9本もの道が交差していたことから、この名がついています。 

鎌倉時代には新田義貞も鎌倉攻めの時、ここで迷ってしまい、後にこのようなことがないよう、桜の木を植えたそうですが、その桜も大正時代には枯れてしまい、現在はありません。 

今でも7本の道の交差点で、一角にダイエー小平店もあり、車も歩行者も多い交差点です。

 

さらに進んで行くと、西武拝島線 東大和市駅のすぐ前に「東京都薬用植物園」があります。

Img_0592_500x375


ここは薬用植物を収集・栽培して、違法ドラッグや健康食品の指導・取締りの向けた試験検査、調査研究を行っています。

園内は無料で一般公開されています。

しかし、普通の植物園と違い、動物園にあるライオンのオリのようなところがあります。

Img_0588_500x375


ここはアヘン、モルヒネの基となるケシが植えられていて、厳重に管理されているようで、監視カメラもあります。

ケシだけでなく、アサのところも同様に入れません。

Img_0589_500x375

こんなものばかりでなく、大部分は漢方薬の原料などが植えられていて、自由に見ることができます。

Img_0586_500x375_2


結構広く、3万㎡以上あります。

Img_0587_500x375


温室もありますが、私の行った日は耐震改修の工事中で入れませんでした。

中にはこんな花が咲いているのが外から見えます。

Img_0591_500x375


トリカブトです。

新聞記事やニュースで聞いたことのある植物ですが、こんなきれいな花なんですね。

敷地内の薬事資料館にも立ち寄りました。

Img_0593_500x375


モロヘイヤの葉は食用ですが、実や枝は毒物なんですね。

ぎんなんも子供は食べすぎては、いけないとか、結構勉強になりました。

でも、これを、家に帰って自慢げに話したら、妻から「エッ、知らなかったの?」とあっさり言われてしまいました…

次に、東大和市駅から桜街道方面に向かうと、解体工事が行われています。

Img_0594_500x375


ダイエー東大和店が閉鎖されたようです。

この店の目の前に、イトーヨーカドー東大和店が開店し、

Img_0595_500x375


道を挟んでライバル同士が立地するという状況でしたが、ついに閉店なんですね…

世の中厳しい。

でも、この近くの東大和南公園内には、もっと厳しさを感じるところがありました。

Img_0598_500x375


昭和13年に建設された「旧日立航空機株式会社立川工場変電所」です。

Img_0599_500x375


壁にある無数の穴は、太平洋戦争時のアメリカの機銃掃射やB29爆撃機による爆弾炸裂の跡です。

Img_0601_500x375

Img_0600_500x375_2


驚いたことに、この変電所は平成5年までは、小松ゼノアの工場内で現役で電気を送り続けていたそうです。

工場跡地を都立公園にするにあたり、保存運動により、こうして残されたみたいです。

改めてこうした建物を見ると、戦争の厳しさを考えてしまいます

Img_0602_500x375


この建物や公園のすぐ西に東大和市立桜が丘図書館があります。

都営住宅下の市民センター2階にあり、蔵書数は4万7千冊で、机のある座席は6席しかありません。

雑誌コーナーにベンチと丸太の椅子があります。

ちょっと雑誌を読もうと入りましたが、暑い日でしたけれども、節電のため空調は切られており、すぐに出てしまいました。

ブログランキングに参加して、交流を広げていきたいと思っています。

いずれかポチッとお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


ポタリング ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 多摩情報へ
にほんブログ村

この日の走行距離は、20.50km、平均時速17.71km、消費カロリー516kcalでした。

2012年10月14日 (日)

たまには海もいいなあ、臨海副都心だけど

今年1月にブログを始めて、基本的には週1回土曜日には更新してきましたが、この土日は仕事の関係もあり、それができませんでした。

そこで、仕事がらみで土曜出勤で、臨海副都心に行きましたので、その話です。

で、申し訳ありません、自転車には乗っていません。

天気も良く、ビルの窓からは富士山が見えました。

Img_0645_500x375

東京湾の対岸、大井埠頭あたりに見える「ガントリークレーン」。 

「スターウォーズ3 ジェダイの復讐」(後に「スターウォーズエピソード6 ジェダイの帰還」となったそうです)で出てきた、帝国軍の兵器の形ですよねえ。

Img_0642_500x375_2


でも、ほんとうはコンテナ船の荷物をすばやく積み下ろす重要な役割を果たしています。

Img_0644_500x375


昼休みに、大江戸温泉物語横の海沿いにある「青海南ふ頭公園」から見ると、確かにクレーンです。

Img_0652_500x375


でも、対岸を見ると、たくさんいて、動きだして攻めてきそうです。

(スターウォーズ見てない人には意味不明かもしれません)

Img_0651_500x375

たまには海を見るって、いいですねえ。

でも、休みの時、横浜港につい最近行きました。

となると、仕事で気分が荒んだときだから、いいなあと思うのでしょうか…

右側を見ると、船の科学館です。

ところで、臨海副都心って、お台場やフジテレビのイメージが強いですが、あそこは港区台場。

船の科学館は品川区東八潮。

そしてこの公園は江東区青海で、実は江東区の部分が広いんです。

Img_0650_500x375


再び、建物の中から外を見ると、「東京ゲートブリッジ」が見えます。

行ってみたいけど、あそこ自動車と歩行者しか通れないという話ですよね。

自転車で渡りたいのに、ひどい話です。

Img_0653_500x375

ところで、朝行く時の新交通ゆりかもめの車窓から、豊洲市場駅付近で、その豊洲新市場の工事現場が見えました。

奥には、レインボーブリッジも見えています。

Img_0641_500x375

シートの中では、おそらく土壌汚染の処理をしているのでしょうか。

早く終えて工事に取り掛からないと、築地市場からの移転ができなくなりそうです。ほんとうに平成26年度中の開業できるのですかねえ。

Img_0640_500x375

ブログランキングに参加して、交流を広げていきたいと思っています。

いずれかポチッとお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


ポタリング ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 多摩情報へ
にほんブログ村

いずれにしても、今度は自転車で来たいものです。

2012年10月 6日 (土)

ベイバイクで行く横浜の日本庭園 三溪園

台風一過の快晴の日、午後から横浜に行きました。

Img_0618_500x375


今日の自転車はbaybike(ベイバイク)です。

横浜市都市整備局とNTTドコモが行っているコミュニティサイクルの社会実験です。

横浜駅、みなとみらい、中華街などに30カ所ほどあるサイクルポートで自転車を借り、使った後どこのポートに返してもOKです。

1回105円で、1時間以内なら無料、以後30分ごとに105円の利用料がかかります。

Img_0613_500x375

自転車の共同利用をしようというわけです。

上の写真は、横浜駅近くの横浜三井ビルディングのサイクルポートですが、5台中3台は貸し出し中でした。

このビルの1階でまず会員登録をしたのですが、迷惑メール設定機能の解除やなんやらに手間取り、結構20分くらいかかり、ようやくICカードを手にしました。

同じビルには最近オープンして話題になった原鉄道模型博物館もあります。

Img_0612_500x375


13時半にようやくスタートです。

貸し出し確認のメールも拒否されず、受信できています。

気持ち良いポタリングのはずですが、元々、向かい風の南風が強かったところに、海風とビル風で前へ進むのすら、きついほどです。

しばらく行くと、普段横からは見ることのないコスモクロックです。観覧車には見えません。

Img_0615_500x375

横浜市ではこうしたコミュニティサイクルの社会実験も行っていて、放置自転車禁止区域を定めているのは当然でしょうが、残念なことに自転車乗入禁止区域も数多く設定しています。

「汽車道」と言われる横浜臨港線の廃線跡の遊歩道を走ることを楽しみにしていましたが、ここも自転車では入れません。

「象の鼻パーク」も乗入禁止です。

Img_0617_500x375_2

もちろん、上を通っている山下臨港線プロムナードも乗入禁止です。

あそこからの景色が見たかったのに…

山下公園も当然…と思っていたら、途中まで入れます。

Img_0620_500x375_2


海沿いの道はだめなようなので、ここから降りていきます。

Img_0619_500x375


氷川丸です。いったん閉鎖されていましたが、日本郵船により、再び一般公開されています。

子供の頃、見学に行ったなあ…

そういえば昼食は何か買って公園で食べようかとも思っていましたが、風が強くて、あまり快適そうでもないので、ここに寄りました。

Img_0622_500x375


本牧埠頭近くにある海員生協の本牧店です。

ここで天ぷらそばを食べる前にパチリと思ったら、トラブルです。

iPhoneカメラが起動しない、というか、画面のシャッターが閉じたままです。

実は過去にも起きたことがあり、強制再起動をしても回復せず、データのリセットなどで回復しました。

暗ーい気持ちでそばを食べて、強制再起動2度目で回復。ふー

ただし、この日はカメラの機嫌が悪く、この後も何回か再起動を余儀なくされました。

そして、今日の目的地、三溪園にようやく到着。

国指定名勝です。500円の入園料を支払って、まずは外苑。

Img_0631_500x375


東京には江戸時代に造られた大名庭園が数多くありますが、ここ三溪園は明治から大正時代にかけて製糸・生糸貿易で財をなした横浜の実業家・原三溪が谷あいの地に造り上げた、広さ約175,000㎡の日本庭園です。

ここ外苑は明治39年に一般公開されました。

Img_0630_500x375


塔が見えますが、この「旧燈明寺三重塔」は京都府木津川市の燈明寺(廃寺)から移築してきたもので、室町時代の1457年に建築された重要文化財に指定されたものです。

この庭園は、こうした京都や鎌倉から移築された建造物がいくつもあります。

続いて、原三溪の私庭だった内苑に行きます。

Img_0625_500x375

この「臨春閣」は、江戸時代、紀州徳川家初代藩主頼宣が和歌山県の紀ノ川沿いに建てた数寄屋風書院造りの建築物で、1649年建築の重要文化財です。

上の写真の左側の方から右の建物を見ると↓

Img_0626_500x375_2

逆に右の建物越しに左を見ると↓

Img_0633_500x375_2


これが、私庭だとは…

最近は格差社会とかいわれますが、昔のお金持ちは全然レベルが違う。

港町横浜のイメージとは違う、山中のような雰囲気ですが、三溪園から南側に出る南門の前の風景は、

Img_0635_500x375

池の向こう側は工業地帯で、右に見えているのは首都高速道路湾岸線です。

昔は、ここから先は海で、埋め立て地に工業地帯が作られたようです。

現在は、この三溪園と首都高との間には本牧市民公園があります。

Img_0623_500x375_2

南の海であったはずの所から、この三溪園側の断崖絶壁を見ると、ここも昔はのどかな海沿いの崖地だったのだなあと、ふと考えます。

でも、耳の後ろにはひっきりなしに走る大型トラックの騒音がしています。

Img_0624_500x375


さて、帰ることとします。

行きには坂道を避け、海沿いを走ってきましたが、坂を通らずに中から元町方面へ行く道があるようなので、帰りは別ルートで帰ります。

帰りにも再び山下公園によって、「赤い靴はいてた女の子像」の近くのベンチで、海を見ながら、ボーーっとします。

Img_0636_500x375_2


頭の中に流れてくる歌は

♪胸ポケットに膨らむ夢で 私買ったの赤いハイヒール♪

♪そばかす お嬢ーさん ふるーさと なーまりが♪

あれっ、違う。

これは太田裕美さんの「赤いハイヒール」です。

じゃー、赤い靴は?

Img_0637_500x375


これです。野口雨情作詞の「赤い靴」ですが、改めて歌ってみると…

♪異人さんに連れられて行っちゃった♪

さらっとしていますが、びっくりするというか、ゾッとするほど、悲しい歌です。

そんなことを、のんびり考えていましたが、今日の自転車は30分ごとに105円加算されることを思い出し、急いで帰ります。

違うサイクルポートに返していいのですから、横浜駅近くのみなとみらい大橋を渡ったところにある「横浜ベイクォーター」に返却です。

ところが、一周ぐるっと回ったのですが、返却場所が見つかりません。

聞いて回って、ようやく返却。

返却確認メールもちゃんと来ました。

時間は17時。時間は210分、60分無料なので、利用料525円と基本料105円ですが、もう1分遅ければ、さらに105円というぎりぎりの所でした。

ところで、帰りは横浜駅からJRの湘南新宿ラインで帰りましたが、行きは東急東横線で渋谷駅から来ました。

Img_0609_500x375


この地上2階部分にある行き止まりとなった櫛形ホームも、あと半年後の3月16日には地下鉄副都心線との相互乗り入れのため、使われなくなります。

この面白い屋根も解体されるのでしょう。

Img_0610_500x375


でも、横浜や元町中華街から西武池袋線に乗り換えないで行けるようになりますから、輪行もしやすくなりそうです。

この日の行きの走行距離は11.69km、平均時速17.07km、消費カロリー309kcal。

帰りは同じく11,14km、18.94km、290kcalで、合計走行距離は22.83kmでした。

ブログランキングに参加して、交流を広げていきたいと思っています。

いずれかポチッとお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


ポタリング ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 多摩情報へ
にほんブログ村

普段乗っている自転車も小径車で、今日のも同じはずですが、このベイバイクは短いまち乗りしか想定されていない自転車なので、20km走っただけで結構疲れました。

そもそも、横浜コミュニティサイクル「ベイバイク」は私のような使い方は想定していないようです。

パンフレットにも書かれています。

「自転車は60分以内の返却がお薦めです。」と

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »