フォト
無料ブログはココログ

ランキングに参加しております。いずれかポチッとお願いします。

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月25日 (土)

JAXA筑波宇宙センターとつくばりんりんロード

月曜日には、つくばに行きました。

ちょっと遠いので電車でですが、つくばエクスプレスで北千住から30分ちょっと!

つくばって近いんですねえ。

駅から自転車です。

研究学園都市として都市計画の作られたまちなので、歩車分離はよくできていて、つくば駅から南北に向けての遊歩道があるのでそこを走ります。

Img_0657_500x375

まず、向かった先はJAXA筑波宇宙センター。

Img_0658_500x375_2


宇宙ですよ、ロケットですよ、さすが研究学園都市。

ここでは宇宙開発の最先端分野の研究・開発・試験が行われており、日本の宇宙開発の中枢センターとして、多彩な活動が行われています。

中には、見学できるスペースドームという施設があり、いくつもの人工衛星が展示されています。

Img_0660_500x375


そして、外に出ればH-Ⅱロケットです。

Img_0668_500x375

ロケットも下から見れば、こんな感じ。

Img_0670_500x375


えっ、単なる土管みたい m(_ _)m

ところで、このセンターの敷地は広く、東京ドーム12個分の広さがあるそうです。

敷地の東部に見学者用の入り口があるのですが、それを知らずに北から来て西と南をぐるっと回ったので、期せずして広さは実感できました。

Img_0662_500x375


セキュリティは厳しく、スペースドーム以外は入れませんが、例外として食事をする場合には氏名・住所・電話番号などを記入したうえで、食堂までは入ることができます。

Img_0663_500x375


当然、私も食堂利用者証をもらい、行ってみました。

定食もあり、何を食べようか迷いましたが、結局冷やし宇宙坦々麺460円を頂きました。

食堂利用者章とともにパチリ。

Img_0666_500x375


ちなみに右上の温泉たまごがついています。

ところで、総合開発推進棟という入口前の建物にある旗なのですが、日の丸とともに星条旗がありました。

やはり、宇宙開発はアメリカとともに行われているのでしょうか。

Img_0667_500x375


それでは、JAXAを後にして、再びつくば駅付近です。

Img_0672_500x375


実は20年くらい前に数回この筑波には来たことがあります。

その頃は当然つくばエクスプレスなんか通っていないので、自動車で来るか、高速バスで来るかでした。

この景色の中で、バスターミナルと西武百貨店はあったはずですが、それ以外はよく憶えていません、

人の記憶ってあいまい…

Img_0676_500x375


つくばといえば、言えば筑波大学ですが、ここも以前来たのですが結構変わっています。

でも、相変わらず広いです。

校内を自転車で移動している人を数多く見かけます。

大学の図書館にも入ろうかと思いましたが、IDカードがないと入れないようなので、やめました。

Img_0678_500x375


大学の東側を通っている学園東大通りを通って、次の目的地を目指します。

つくばりんりんロードに行きたいのですが、つくばエクスプレスの駅でもらった「TXサイクリングライン」というパンフレットに載っている、つくば駅からのルートでは、この道と学園西大通りが交差する「西大通り入口」交差点を右折して、県道53号線で桜川を渡ると行けることとなっています。

なんか遠回りじゃない?と思いながらも、まあいいやと思い、進みます。

Img_0679_500x375


ようやく到着です。

すっかり景色も変わり、田園風景です。

この「つくばりんりんロード」は筑波鉄道の廃線跡をサイクリングロードとしたもので、JR常磐線土浦駅とJR水戸線岩瀬駅を結ぶ40.1kmの距離があります。

先に見えている筑波山に向かって、北に向かって走っていこうというところですが…

実は今日も足利市に引き続き、輪行ではなく、レンタサイクルママチャリ号です。

Img_0682_500x375


ここまでの走行距離は20kmですが、炎天下だしママチャリだし、かなり疲れていて北に向かう気がありません

東に見える美しい風景(地図を見たら近くに富士山という名前の山もあるようですが、この山かはわかりません)を見ながら考えましたが、ここからは南へ向かいます

まずは、今まで来た県道の下をくぐります。

Img_0680_500x375_2


なんで立体交差かって思いますが、以前はこの道は鉄道だったからです。

自転車道のために、自動車道はオーバークロスしてくれません

しばらく進むと、電車が通っていた頃のホームらしきものがあります。

Img_0685_500x375


田戸部駅跡のようですが、案内板には旧駅名は書かれていません。

まわりには何もないのどかな所です。

Img_0684_500x375

ここから、断腸の思いでつくばりんりんロードを後にし(えっ、もう)、県道200号線を通りつくば駅方面を目指します。

ショートカットのつもりが炎天下のもと、上り坂があったりしますが、

Img_0687_500x375_2


再び、筑波大学近くの木陰の道に戻ってきました。

Img_0689_500x375


ここまで、ママチャリで帰ってくることはできるのか、途中で熱中症で倒れてしまうのではないかと不安になっていましたが、不思議なもので、つくば駅の近くまで来ると、つくばりんりんロードをもっと走ればよかったと後悔し始めます

市街地には松見公園があります。

Img_0690_500x375

ここは有料の展望台もあり、池の上のレストハウスもあります。

200円だったかと思いますが、あまり人影は見かけませんでした。

休憩所は以前はレストランかなんか入っていたのではないかと思われます。

そして、つくば駅から徒歩3分の距離に、つくば市立中央図書館(右)と茨城県つくば美術館(左)があります。

Img_0691_500x375


月曜日なので閉館です。

足利市と同じですねえ。

急遽休みが取れそうだからといって、リサーチもせず来るからこうなってしまいます。

駅まで戻り、500円のレンタサイクルは返しましたが、走行距離は31.64km、平均時速は17.88kmでした。

ただ、30kmちょっとの距離の割には疲労感は残りました。

でも4時半頃つくば駅を出たら、5時には北千住、家には6時頃には着きました。

結局、都内移動の方が時間がかかっています。

やっぱり、つくばエクスプレスは早い、時速130kmで走っていました。

つくばは近くなりました。

<

ブログランキングに参加して、交流を広げていきたいと思っています。

いずれかポチッとお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


ポタリング ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 多摩情報へ
にほんブログ村

2012年8月18日 (土)

多摩湖自転車道と車止め柵

以前に、多摩湖を一周し、そこから平地部に降りる多摩湖自転車道をレポートしましたが、今回は逆向きに、起点部から走ってみることにしました。

この自転車道は、そもそも山口・村山貯水池(狭山湖・多摩湖)から境浄水場までの水道管の上に造られた道ですから、境浄水場からスタートします。

Img_0620_500x375

境浄水場横の歩道は、車道のある井の頭通りより、かなり高い位置にあり、柵の隙間から浄水場の水もわずかにが見えます。

Img_0621_500x375_2


ここから数百メートル、井の頭通りを進むと、多摩湖自転車道の起点部があります。

井の頭通りと五日市街道の交差点、西東京市新町と武蔵野市関前の境界、関前5丁目交差点のところです。

Img_0622_500x375

入り口には車止めの柵がありますが、自動車が自転車道に入らないようにする役割、逆に自転車が歩道・車道に飛び出さないようにする役割、自転車のスピードの出しすぎを制御する役割などがあるのでしょう。

Img_0624_500x375_2


100mごとの距離表示も、0.0kmとなっています。

Img_0625_500x375


センターラインのひかれた自転車道と左側の遊歩道部分があり、遊歩道はここでは舗装されていますが、先の多くの部分は緑道となっています。

この起点部からしばらくは、遊歩道が舗装されていて、歩行者をこちらに誘導しようとしているみたいですが、定着してはいません。

Img_0626_500x375

この道は多摩湖自転車道であるとともに、狭山・境緑道でもあります。

Img_0650_500x375

走っていくと、このあたりは畑も多いとはいえ、住宅地を貫いてゆく自転車道なので、至る所で道路との交差点があり、車止め柵があります。

Img_0627_500x375

最近改修されてから、左側の遊歩道は、バリアフリーの観点からか広く通りやすくなりましたが、右側の自転車道は相変わらず狭いです。

たまたま通行量のない瞬間に撮影しましたが、休日には自転車も歩行者も多く、特に正面からこちらに向かってくる自転車はかなりゆっくりでないと、この柵のすきまは通れません。

これは結構走りづらいです。

起点部からスタートして1kmも行かない距離だと思いますが、ここ数年間で景色がまったく変わっています。


Img_0656_500x375_2

ここにはIHI(石川島播磨重工業)の田無工場があったところですが、跡地はきれに区画され、最近マンションや商業施設が建ちました。

Img_0628_500x375

さらに手前には、まだオープン前のようですが、病院や介護老人保健施設の建物ができています。

考えてみると、西東京市は、以前レポートした中島航空金属跡の住友重機田無工場も大部分住宅などになっていますし、規模は小さいながらも旧三共製薬の田無工場も閉鎖され、今はスーパーになっています。

いくつもの工場が無くなって、市の財政は厳しくなっているだろうなと、いらぬ心配もしてしまいます。

さらに進むと、土手というか堤ができていて、この上部分と、かなり低い位置まで下る下部分の自転車道に分かれます。

Img_0629_500x375


数メートルの高低差ができています。

Img_0631_500x375


ここは、以前源泉探しをした石神井川が交差しているので、自転車道が低い位置を通るのはわかりますが、川と垂直に土手があるのはなぜなのか不思議です。

この辺りから小平市に入りますが、市はこの多摩湖自転車道(狭山・境緑道)と野火止用水、玉川上水緑道を、小平グリーンロードとして観光資源のひとつにしているようです。

Img_0630_500x375

この坂を登りきったところには、日帰り温泉もあります。

Img_0632_500x375


ここ、おふろの王様花小金井店はスーパー銭湯でありながら、天然温泉であり、結構人気があります。

以前、平日に行ったのに人が多く、びっくりしました。

小平市に入ると、車止め柵も変わります。

Img_0635_500x375


自転車にとっては、かなり通りやすくなります。

この状態は多摩湖まで続きます。

では、なぜ西東京市内では通りづらい構造となっているのでしょうか。(とはいえ改修工事で以前よりは大分通りやすくなりましたが

この自転車道は東京都道253号保谷狭山自然公園自転車道として、東京都建設局の建設事務所が管理しています。

小平市やこの先の東村山市は北多摩北部建設事務所管内、西東京市は北多摩南部建設事務所管内です。

また警察も小平市は小平警察署、西東京市は田無警察署と所管が変わります。

この建設事務所か警察のどちらかの考え方の違いが、この車止め柵の違いに影響しているのではないでしょうか。(根拠のない推察です

Img_0636_500x375


ここからは西武新宿線に沿っていきます。花小金井駅前広場を通ります。

この近くは小金井街道をはじめ、信号機のある交差点が多く、接続も悪いので結構イライラさせられますが、ここ数カ所の歩行者用信号は繁華街の交差点に見られる、視覚的に待ち時間が示される形式となっています。

この先には、たけのこ公園や

Img_0637_500x375


小平ふるさと村などもあります。

Img_0638_500x375

夕方でもう閉まっていました。

すぐ先は、新小金井街道との交差があります。

Img_0639_500x375


ここは以前は直進できましたが、平成18年にこの道路を西武新宿線をアンダーパスする形で造ったため、車道の掘割部の高さ確保の関係から橋も架けられないのか、ほんの数十メートルですが、迂回する必要があります。

Img_0640_500x375


この自転車道を走っていると、やはり車優先社会だなあと改めて感じてしまします。

ちなみにここは小平グリーンロード立体という名です。(グリーンロードは迂回させられているのに

でも、このすぐ先には珍しいところもあります。

Img_0641_500x375


横断歩道を通るのが多摩湖自転車道です。

つまり車止め柵はあるものの、自動車が「止まれ」となっているのです。

自動車に一時停止が義務付けられているところは、住宅地内の西武線で行き止まりとなるような道路ではいくつかあります。

しかし、この道のように、踏切によって南北通過にも使われる、交通量の多い道では、おそらくここだけではないでしょうか。

こうしたところが増えてほしいものです。

さらに進むと小平駅近辺で200mほど自転車道は一旦途切れて、道路の一部となります。

Img_0642_500x375


小平駅前広場があり、

Img_0644_500x375


再び、自転車道が再開です。

今回は自動車対自転車という観点から見てきましたが、この自転車道は歩行者も非常に多くいて、自転車と歩行者の事故もあるようです。

自転車の側も自分の走りやすさだけでなく、歩行者の安全も考えなくてはいけないことは、当然自分としても改めて考える必要はあると思います。

Img_0645_500x375


ここから先もご覧になられる方は、お手数ですが、以前に今回と逆向きに終点部からスタートし、多摩湖を一周し、小平駅まできたので、そちらをご覧ください。

この後、以前も見た改築予定の小平市立仲町図書館がどうなったか立ち寄ってみました。

Img_0646_500x375


別に解体されるのを期待しているわけではありませんが、様子は変わっていませんでした。

Img_0647_500x375


25年2月から26年6月まで工事をするようですが、解体工事は別途発注して事前に行うのか、この新築工事とともに2月から行うのかは、このお知らせだけではわかりませんでした。

この日の走行距離は24.72km、平均時速18kmでした。

ブログランキングに参加して、交流を広げていきたいと思っています。

いずれかポチッとお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


ポタリング ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 多摩情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 図書館・図書室へ
にほんブログ村

2012年8月11日 (土)

鑁阿寺と足利学校のある足利市(後半)

前回の続きですが、栃木県足利市に来ています。

ここには、鑁阿寺(ばんなじ)という、室町幕府をつくった足利家の居宅跡に建てられた足利家の氏寺があります。

Img_0543_500x375


敷地の四方には堀と土塁が張り巡らされていて、東西南北にある橋を渡らなければ中に入れません。

南側には太鼓橋と楼門があります。

中に入ると、正面に本堂(大御堂)です。

Img_0544_500x375


鎌倉時代の建久7年(1196年)に建てられ、雷火のため正安元年(1299年)再建されたもので、国宝、国重要文化財に指定されています。

Img_0545_500x375

すぐ西にある経堂(一切経堂)は室町時代の応永14年(1407年)に建てられたもので、こちらも国指定重要文化財です。

Img_0546_500x375_2


足利氏宅としては平安時代の末期にあったようです。

Img_0547_500x375

ここは国の史跡に指定されています。

このすぐ近くに、もう一つ国指定の史跡があります。

Img_0548_500x375


足利学校です。

創建は奈良時代説、平安時代説、鎌倉時代説など様々あり、定かではないらしいですが、16世紀中ごろにはフランシスコ・ザビエルが「日本国中最も大にして最も有名な坂東の大学」として、西洋にも紹介されました。

日本最古の大学で、ここから日本の学校教育が始まったとのことです。

Img_0542_500x375_2


江戸時代中期の姿に復元されています。

Img_0541_500x375

外から見ても、非常にきれいに復元されているのがわかります。

Img_0577_500x375_2


きれいすぎるな、平成になってから復元されたものを見ても仕方ないかなと思い始めました。入場料は400円です。

Img_0549_500x375_2


結局、ここから先には入りませんでした。

後から調べたら、奥にある門は学校門といい、江戸時代の寛文8年(1668年)に創建されたものだそうです。

すべてが平成になって作られたものでもなかったようです。

何で旅先でほんの400円をケチったかなあと、ちょっと後悔です。

なお、足利市内にはこの2か所以外にも所々にきれいな街並みがあります。

Img_0558_500x375

元銀行の現在の商工会議所もなかなかいい建物です。

Img_0555_500x375_2


また、法楽寺は銀閣寺(慈照寺)を模して再建されたそうでそっくりです。

Img_0553_500x375


さすが、足利氏のまちです。

そして、やや町はずれに運動場や体育館、市民会館とともに栃木県立足利図書館があります。

Img_0551_500x375

えっ県立?と思いましたが、足利市には市立図書館がないようです。

そして県立図書館は、県庁所在地である宇都宮市と、なぜかこの足利市の2か所あるようです。

残念ながら、月曜日で休館日なので中には入れませんでした。

Img_0552_500x375_2


図書館入り口前には、バカでかい都市計画記念碑が建っていました。

確かにこの辺りは公共施設が集中して整備されているし、街中も東西南北にきれいに街路が整備されていました。

市としては、図書館よりも都市計画、まちづくりに重点を置いているのでしょうか。

Img_0583_500x375


この日は、夏休み中には平日も使える「休日お出かけパス」を使って、この足利駅まで来ました。

片道1890円の距離なので、割安にjなりました。、ある程度遠いところに行くにはお得です。

青春18きっぷを買うかも迷いました。11500円で5回使えますから1日あたりは2300円とさらにお得です。

でも、9月10日までに5回出かけられるか微妙でしたので、やめておきました。



ところで、自転車についてはレンタサイクルのママチャリの旅でしたが、内装3段変速は思ったより使いやすく良かったです。

いつもとは様子が違うので、昼食前は自転車の走行距離の計測を忘れていましたが、途中からでは走行距離13.36km、平均時速19.4kmでした。

ブログランキングに参加して、交流を広げていきたいと思っています。

いずれかポチッとお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


ポタリング ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 多摩情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 図書館・図書室へ
にほんブログ村

2012年8月 4日 (土)

渡良瀬橋と八雲神社や床屋のある足利市(前半)

♪渡良瀬橋で見る夕日を、あなたはとても好きだったわ♪

Img_0575_500x375

1993年の森高千里さんの曲「渡良瀬橋」の歌詞です。

ここは栃木県足利市にある渡良瀬川にかかる橋です。

渡良瀬川というと、日本史で習った明治時代の足尾鉱山鉱毒事件や田中正造が思い出されますが、足尾はこのずっと上流です。

Img_0570_500x375


夕日の時間までは居れませんでしたが、橋から西を見てみました。

足利市による歌碑も設置してあります。

Img_0571_500x375


ここには押しボタンがあり、押すと森高千里さんのこの歌がスピーカーから流れます。

Img_0572_500x375


スピーカーは上から下向きに取り付けられて、音で近所迷惑にならないようにしてはありますが、車通りが少なくなると結構大きな音です。

しかも、フルコーラスなので、ここで立って聞いているのも結構恥ずかしい気がします。(まあ近隣の人や車で通る人はこっちのことなんか気にも留めていないのでしょうが…)

Img_0574_500x375


ここから渡良瀬橋越しに見える夕日もきれいそうです。

ところで、今日の自転車は輪行ではなく、市の観光協会のレンタサイクル、内装3段のママチャリです。(写真の右)

さらに西に向かい緑橋から、渡良瀬橋と足利市の中心街の街並みを見てみました。

Img_0565_500x375


こちらもきれいな景色です。

ところで、渡良瀬橋の歌詞の中には

♪今でも、八雲神社へお参りすると、あなたのこと祈るわ

願い事一つ叶うならあの頃に戻りたい♪とあります。

Img_0559_500x375


市内には八雲神社は何か所もありますが、市で作った観光用のパンフレットによると、こことのことです。

町の中心部からはずれた静かないい雰囲気のところです。

Img_0561_500x375


とても暑い日で、最高気温は35℃だったようですが、この神社は少し涼しかったです。

そしてもう一つ、歌詞に出てくる

♪床屋の角にポツンとある公衆電話おぼえてますか

きのう思わずかけたくて、なんども受話器とったの♪

Img_0562_500x375


歩道の工事中で、最初に通ったときは警備員に誘導されて、そのまま気づかずに通り過ぎてしまいました。

電話ボックスにも入ってみたかったのですが、工事中なのでちょっと気が引けてやめました。

Img_0563_500x375


よく見ると、確かに床屋があります。

今では電話ボックスを使う機会はほとんど無くなっているので、やはりNTT東日本では撤去対象としたそうですが、市からの要望で回避されたようです。

まあ確かに、私みたいな物好きがこうして見に来るのですからねえ…

Img_0584_500x375


このパンフレットのモデルコースとは別ですが、同じく歌詞の中に

♪この間、渡良瀬川の河原に降りて、ずっと流れ見てたわ

北風がとても冷たくて、風邪をひいちゃいました♪

という河原の道を通ってみました。

日陰もなく、予想外に風も吹いてなく、暑くて熱中症になるかと思うほどでした。

Img_0567_500x375


渡良瀬橋は車専用のトラス橋となっており、すぐその横、西側に歩行者・自転車専用橋が架かっています。

そのため、東側から見た方がトラスが美しくみえます。

足利市には、もちろん、もっと有名な観光名所はあります。

食としては、そばが旨いとのことです。

駅からは少し離れたところにある「一茶庵本店」に行きました。

Img_0550_500x375


せいろの田舎そばをいただきましたが、750円と安いしおいしかったです。

本日の愛車とともに記念写真。

一般的な観光スポットにも行ったので、後半でお伝えします。

ブログランキングに参加して、交流を広げていきたいと思っています。

いずれかポチッとお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


ポタリング ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 多摩情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 図書館・図書室へ
にほんブログ村

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »