フォト
無料ブログはココログ

ランキングに参加しております。いずれかポチッとお願いします。

« 石神井川の源泉探しと小金井公園、喜平図書館(前篇) | トップページ | ヘリコプター騒音と小平津田図書館 »

2012年2月18日 (土)

石神井川の源泉探しと小金井公園、喜平図書館(後篇)

前回に引き続き、石神井川の源泉を探していきます。

小金井公園からさらに上流に行ってみると、嘉悦大学と小金井カントリー倶楽部の間に流れがあるようですが、どちらも立ち入ることができません。

015a

公園の案内板(南北逆です)を使ってご説明しますと、写真の右が西で上流になりますから、矢印の方向に向かいます。

わかりにくいかもしてませんが、下方にある楕円と右側の楕円(半円)が小金井カントリー倶楽部です。

このゴルフ倶楽部は道路(小金井街道)を挟んで両側にまたがっています。

小金井公園と小金井カントリー倶楽部の境界の道路(矢印のところ)を通って、ゴルフ場の中を見るとこんな感じです。

014a


午後遅いためか、景気が悪いからなのか、プレーしている人は見当たりませんでした。

小金井街道の西側に正面玄関やクラブハウスがあります。

010a


名門倶楽部で、バブル期には会員権がとんでもない価格、いやそれ以上に買いたくても買うことができないと聞きました。

奥に入って行って、クラブハウスの写真をアップで撮ろうかと思いましたが、昔のイメージからセキュリティが厳しそうに感じて、入り口からしか撮れませんでした。

駐車場の車は高級車が多いように思えますし、左奥の車はハイヤーではないでしょうか。

011a


こちらまで大きな笑い声がけっこう聞こえてきます。プレー後の表彰式兼お疲れ様会でしょうか。

くれぐれも飲酒運転はやめましょう。まあ、最近はノンアルコールビールも多いですし、ハイヤーの方や運転手付きの方には関係ないですね。

ところで、道(小金井街道)の反対側を見ると先程行った小金井公園です。

012a


そして入り口には梅まつりの横断幕がありました。

013a


2月12日で開催期間中です。梅林にもいきましたが、残念ながらまだ咲いていませんでした。今年は寒いですからねえ…

また、石神井川の源泉探しに戻らなければなりません。

この小金井街道西側に来たのには一応理由があります。


小金井カントリー倶楽部には道を挟んだ西から東側に向かって、水の流れる管渠が道路(小金井街道)下にあることを、たまたま知人から聞いていたためです。

これが石神井川の流れであるとすれば、この倶楽部敷地内か、さらに西側に源泉があるはずです。


ただし、敷地内には入れないので、大きくゴルフ倶楽部の北側を回って、上流である西に行ってみました。

すると、川らしきものを発見しました。

009a_2

水はありませんが、かなりあやしいです。

しかし、私が想定していた場所よりやや北に位置しています。

さらに南に向かい、小金井カントリー倶楽部敷地の西側に行きました。

007a_3


この写真は東に向かって撮影したものですが、この反対側の西にはこんなものがありました。

008a

下水道管理用地となっていますが、いかにも川を埋めたようです。

この先行ってみましたが、農林中央金庫研修所と小平市立鈴木小学校のところで、先に入れなくなりました。

この鈴木小学校のところには、旧石器時代の鈴木遺跡があります。

この看板の中に「石神井川源流域を狩猟の場に利用した狩猟集団のベース・キャンプと考えられている。」とあります。

やはり、ここが源泉なのでしょうか。

006a_3


ところで、先ほどやや北側で見つけた水路も気になります。

鈴木小学校まで来たため、既に新小金井街道沿いにいますが、やや北に行くとすぐに見つかりました。

005a


ここには水が流れています。その上流を目指して西へ行くと、南西に曲がっている不自然な道路があり、さらにいくとやはり水路上の道路のようです。

004a


この上流を辿ると玉川上水につきます。

石神井川が玉川上水からの分流だった?そんなことはないはずです。

となると…こちらははずれのようです。



帰ってから、wikiや地図を調べてみると、石神井川は、現在は小金井カントリー倶楽部敷地内の湧水を水源としており、かつては鈴木小学校敷地に水源があったようです。

また、北に流れていたのは、田無用水だったようです。



「こんな想像もしないところに湧水が!!」みたいなエンディングを想定してきたのに、ちょっと不完全燃焼でした。

ここまで、一緒にこの話についてきてくれた方、ありがとうございました。

この田無用水と玉川上水のすぐ近くに、小平市立喜平図書館があります。

003a


日曜日の午後ということもあり、混んでいました。

他の小平市立図書館とほぼ同じで、座席指定の読書席が十席程度あり、雑誌コーナーに椅子が十席程度、書架の隅に丸椅子がいくつかというパターンですが、どこも満席です。


本棚の前で立読みをしている人が多数いて、まるで繁華街にある大型書店のような雰囲気でした。

小平市の図書館では、この喜平と花小金井は混んでいて座れないことが多いです。


2階建てなのですが、2階は事務室と集会室となっています。

集会室も地域には必要なのかもしれませんが、これだけ混んでいる土日には読書室として開放することも必要なのではないでしょうか。


帰りは電車で輪行し、走行距離は17.4km、平均時速は16.9kmでした。

« 石神井川の源泉探しと小金井公園、喜平図書館(前篇) | トップページ | ヘリコプター騒音と小平津田図書館 »

02小平市」カテゴリの記事

川の源泉」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。はじめてコメントさせて頂きます「ポタ麿」ともうします。よろしくお願いいたします。

さて、僕もポタリング(まだ始めたばかりの初心者ですが・・)で川を北上するのが好きなので、いつかは源流探しに挑戦してみたいと思っております。

源流探しって、一種の冒険みたいなもので、時には空振りもあるのでしょうが、その分発見できた時の喜びはひとしおのものだと思います。

今後とも、いろいろと参考にさせていただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

ポタ麿さん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
私もこのブログを始めたのは、今年の1月ですから、まだまだ初心者です。
岡山県の河川は水量が多いため、距離も長いイメージがありますが、頑張ってください。
よろしくお願いします。

こんにちは。

この源流辺りになってくると、川が細くなるのでいろんな事情で発見できないことって多いですよね。でも東京都でこういう体験ができることがなんとなく新鮮で面白いと思います。

やっぱりこういう冒険(?)って、大人でもくすぐられるところがありますね。
これからもいろいろ頑張ってくださいねー。
ではヽ(´▽`)/

まっさんさん、こんばんは。
やってみて初めて気づいたのですが、実は私、川の源泉探し好きみたいです。
東京にある中小河川なら、山奥に行かなくても、8段変速の自転車で走れる範囲で行くことができる点も良いことです。
では、ブルべとその準備頑張ってください。(o^-^o)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石神井川の源泉探しと小金井公園、喜平図書館(後篇):

« 石神井川の源泉探しと小金井公園、喜平図書館(前篇) | トップページ | ヘリコプター騒音と小平津田図書館 »