フォト
無料ブログはココログ

ランキングに参加しております。いずれかポチッとお願いします。

トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月25日 (水)

東村山市立中央図書館と東村山音頭のまちの変貌

土曜日は一日中冷たい雨、日曜日も雨で、この週末は自転車では出られないと思っていたら、午後3時頃、急に日が出てきたので、東村山市立中央図書館に行きました。

西武新宿線東村山駅から歩いて10分くらいのところで、向かいが市役所、隣は消防署や警察署という、この辺りの中心街にあります。

0042


この日は天気が悪いせいで遠出できず図書館に来た人が多いのか、急に天気も良くなったので図書館に来た人が多かったのか、わかりませんが非常に混みあっていました。

2階に読書室が56席あるのですが、ほぼ座れない状態でした。

ただし、6人掛け机に4人ずつしか座っていないようにも見え、となりの席に鞄やコートを置いているため満席になっているようでもありました。

0032


静かな図書館では、椅子をひく音が意外とうるさいものですが、ここは椅子に写真のような硬式テニスボールらしきものがついていて、音がしません。

最初に見たときは不思議でしたが、いいアイデアだなと思います。

ところで、東村山といって皆さんのイメージってどんなところでしょうか。

やはり、♪ひがしむらやーまー、庭先ゃ多摩ー湖ー♪ ではないでしょうか。

有名な東村山音頭です。

東京周辺以外に住んでいる私の知人、親戚に、住んでいるのは小平や東久留米と言ってもあまり理解してもらえませんが、東村山の隣りと言うと、ある程度の年齢以上の人にはたいてい「あーあの辺」とわかってもらえます。

では、駅前はどのような雰囲気なのでしょう。

私は過去には何度も来ていたのですが、今日来て、その変貌ぶりにびっくりしました

0062


高い建物も広場もなかった西口の駅前が、再開発によりロータリーができています。

しかも超高層マンションまであります。

0052

自転車の地下駐輪場まで作られていました。

0072


同じ東村山市の隣りの久米川駅前にも地下駐輪場が作られていましたので、市はこれによって駅前放置自転車対策を行い、地上駐輪場が多い近隣の小平市、東久留米市よりも一歩進んだ対策を行っていくようです。

また、鉄道の連続立体交差化も行われる予定のようで、ちょっとわかりづらい市のHPによると、間もなくアセスの縦覧が行われるようです。

図書館の近くに通っていて交通量も多い府中街道の踏切もなくなるようですし、この連立化によって線路が上に行けば、この東村山駅前の風景もさらに変わることでしょう。

東村山音頭のイメージとは大きく変わっているこのまちも、やはり志村けんさんの出身地であることにはかわりなく、こんな名産品があります。

0082_2


その名も「だいじょうぶだぁ饅頭」です。

今度、買って、「庭先ゃ多摩湖」まで行って食べてみたいと思います。

この日も遅い出発であまり走れず、走行距離11.8km、平均時速は18.9kmでした。

2012年1月21日 (土)

東久留米市立滝山図書館と黒目川の源泉

日曜日のことですが、滝山団地近くにある東久留米市立滝山図書館に行きました。

この周辺は、「鉄道ひとつばなし」等の著者としても有名な原武史さんの書いた「滝山コミューン一九七四」の舞台となっているところです。


西武新宿線の花小金井駅か、西武池袋線の東久留米駅からバスで行くことができ、

図書館最寄りのバス停は「団地センター」という名で、周辺は、当時としては近代的だったんだろうな思われる、広場のある商店街などもあり、古き良き昭和四十年代の団地という感じのところです。

0012


東久留米市の西部地域センターの二階に図書館はあります。

近くに団地があるためか、利用者は多く、巷の団地と同様に、少子高齢化が進んでいるためか、利用者の平均年齢は比較的高いように感じられます。

ここは、中央図書館以外の地域館としてはめずらしく、週刊経済誌がダイヤモンド、東洋経済、日経ビジネスと3誌そろっています。

机のある座席は少なく、8席程度です。


この近くには、黒目川(目黒川ではありません)が流れており、その源泉を探して、少し走ってみました。

改めて地図を見てみると、多摩の河川は、南東に向かい多摩川に流れ込むものと、

北東に向かい荒川に流れ込むものに大きく分かれます。

この黒目川は、東久留米市から北東に向かい、埼玉県新座市を過ぎ、朝霞市で少しだけ新河岸川を経て荒川と合流する17.3kmの川です。

0042


上の写真の東久留米市下里の都大橋から下流は、歩行者自転車道が整備されており、自転車でのんびりポタリングができます。


ただし、ここから荒川まで行く場合には、川越街道まではいいのですが、その先、一旦河川沿いの道がしばらく無くなるので注意が必要です。

さらに、朝霞市の東武東上線周辺からは舗装されていない部分もありますし、特に、新河岸川から荒川合流部は道もわかりづらいので、行くのでしたら地図での確認が必要です。


ところで、この「都大橋」という橋の名前はバス停の名称にも使われていますが、ずいぶん大げさな名前だなあと思っていました。

ごく普通のバス通りに架かっている橋なのに「大橋」とついているし、しかも「都」ですからねえ。(後から地図を見たら近くに都橋がありました。)


都大橋から上流は河川沿いの道は一部しかありませんが、所々で整備されています。

0062


JKKの久留米西団地内はきれいに整備されており、親水広場もあります。

今は寒いので人がいませんが、春から秋にはよく子供が遊んでいます。

0082


さらに1kmほど上流にいくと川幅も狭くなり、木もうっそうと生い茂った異空間となります。

上の写真の右側が黒目川なのですが、見ての通り、まったく水は流れていませんでした。

奥が東京都環境局による「東京の名湧水57選」にも入っている柳窪天神社ですが、

(HPでは黒目川天神社前)常時湧いているわけではないようです。

こうした湧水以外からも流れ込む水はあるので、この上流でも所々には水があります。

ここから少しだけ上流に行き新青梅街道を横断すると、小平霊園のさいかち窪です。

0092


この雑木林の中にさいかち窪があり、ここが黒目川の源泉で、この辺りは東久留米市、小平市、東村山市の境界付近になります。

林の中に入ってみましたが、予想通り水はありませんでした。

ここは数年に一回しか水の湧きでない、まぼろしの湧水といわれています。

何度もここに来ていますが、5年くらい前の夏には大量の水が湧いており、びっくりしました。

0112
水が湧き出ているときは、ここを水が流れて右の丸いところから新青梅街道をくぐって

北に向かい天神社の方へ流れていきます。

また、ここに水が流れているときにご報告したいと思いますが、いつになるか・・・

この日の走行距離は16km、平均時速は18kmでした。

2012年1月14日 (土)

西東京市立柳沢図書館と調布保谷線

西武新宿線西武柳沢駅南口にある柳沢図書館に行きました。

図書館と公民館が併設されていますが、入り口のすぐ左側が駅です。

急行は通過する駅なので、かなりのスピードで走っていくのが見えます。

0072


この図書館は駅前にあるため、電車を利用するため自転車で来る人の

不法駐輪対策に困っていたようであり、以前は駐輪場が混んでいました。

今日来てみると、新たなシステムが導入されたようです。

0062


図書館・公民館利用者以外が使わないように、図書館のカウンターで受け取れる

駐輪場利用券をもらった人だけが、帰るときゲートが開く仕組みになっています。

ここの図書館の参考図書を調べる座席は十数席くらいですが、土曜日にもかかわらず

空席がありました。

ここからすぐ近くに、多摩南北道路のひとつである調布保谷線と西武新宿線の立体

交差部の工事箇所があるので寄ってみました。

ここは道路のほうがアンダーパスで線路の下を通る計画のようですが、電車から

見たとき、上部に橋梁ができているのが見えるので、不思議に思っていたところです。

0042_4


線路北側の現場に来てみると、歩行者と自転車専用道はトンネルでなく、

上部を通行するようです。

0032_5


こちらの橋はほぼ完成しているように見受けられますが、自動車通行のための

アンダーパスの部分はまだまだ完成は先のようです。

0022


この写真は、手前が南(西武新宿線側)で、奥が北(新青梅街道側)です。

ちなみに西東京市のHPによるとこんな計画だそうです。

多摩部は比較的、東西の幹線道路は充実していますが、南北の広い道が

少ないのが現状です。

東京都としても5本の多摩南北道路の整備を行っているようですが、

この道は計画幅は36mと非常に広いので、自転車も通りやすいことを期待しています。

出発するのが遅かったため、今日も帰りが暗くなっていまったので、西武柳沢駅から

輪行で帰ったので、走行距離は16.3km、平均時速は17.8kmでした。

寒いとはいえ、もう少し走りたかったです。

2012年1月 9日 (月)

輪行の楽しみ

もう7年くらい、折りたたみ自転車に乗っていますが、気軽に出かけて

好きなところから気軽に電車で帰ってこれるところが良くて、乗っています。


1月8日は久しぶりに電車で輪行しましたが、毎週末乗っているのに、

実は数か月に1回くらいしか輪行をしていません。


折りたたみといえども10kg以上はありますから、駅の階段やホームの移動は

意外とめんどうで、結局、帰りも自転車で走ることが多いのです。走るの好きですから。

でも、本当は輪行って簡単なので、もっとしようと思います。

0232


DAHONのspeed P8という自転車ですが、折りたたむのは簡単で、

慣れれば1分もあればできます。

0222


こんな小さくなり、輪行袋に入れると

0212


こんな感じです。

冬は日が暮れると寒いし、暗くなるのも早いので、輪行する機会が

増えそうです。

2012年1月 8日 (日)

中野区立鷺宮図書館と輪行

妙正寺川沿いの遊歩道をしばらく進むと、

(川沿いの河川管理用通路はたいてい歩行者と自転車が利用できますが、

この左岸の一部区間は歩行者専用で、自転車は通行できません)

西武新宿線鷺ノ宮駅があり、このすぐ近くに鷺宮図書館があります。

0142


4~6階が図書館で、4階は児童用なので立ち寄りませんでしたが

5~6階に書庫があり、閲覧席は16席程度と少なめでした。

また、日曜日の割には、人も多くありませんでした。

0162


都心部には高層建物内の図書館もありますが、多摩地区ではあまり

ないので、6階の西向きの窓からの景色を撮影しました。

さすが、区部にくると違います。



石神井図書館からここまでの走行距離は12.4km、平均時速は16.9kmでした。

ここから、少し近くを走りましたが、夕方になって暗くなってきており、またこの時期は

日が落ちると急激に寒くなります。




これから自転車で戻るのはあきらめて、鷺ノ宮駅から輪行で帰ることにしました。

こういう時、折りたたみ自転車は便利です。

今日の走行距離は31.7km、平均時速は18.2kmでした。

0202

杉並区立柿木図書館と妙正寺川の源泉

石神井図書館が建替えられていたのを知り、ではあそこはどうなったかと思い、

石神井公園駅から南に向かい、井荻駅の南西にある柿木図書館に行きました。

0092


ここは、以前のままでした。

1階に雑誌コーナー、2階が書庫なのですが、そこがさらに2層になっていて

短い階段の上に2.5階ともいえるような書庫があります。

0102


この上部に行くと、床の鉄板の上にいることを感じさせる何ともいえない

感覚を味わうことができます。

下部では、上の重い書庫の何とも言えない圧迫感も感じられます。



閲覧席はあまり多くはなく、参考図書用とあわせて、20席くらいでした。



杉並区、中野区、新宿区の西武新宿線沿線を流れている妙正寺川の源流が

この近くにあるようなので寄ってみました。

0132


妙正寺公園にある妙正寺池です。

先ほど立ち寄った石神井公園や、善福寺川の源流の善福寺公園に比べて

思ったほど大きな池ではありませんでした。



この妙正寺川に沿って、もうしばらく走ってみます。

練馬区立石神井図書館と石神井公園

今日は所用もあったため、多摩地区ではなく、区部まで行きました。

練馬区の石神井図書館は、学生の頃にはよく行った図書館です。

もう30年位前のことですか・・・(年がばれますねえ) 

0032

驚いたことに、行ってみたらきれいな建物に建て替えられていました。

このブログを始めたので、なつかしさもあって立ち寄ってみたのですが、確か、3~4年前に車で前を通ったときは元の建物があったはずなのに・・・

以前は3階建てで、1階に広めの雑誌コーナー、2階は全体が書庫や参考図書コーナーで、3階には今にして思えばかなり広い閲覧室と、ヘッドホンでレコードの聞ける席が10席くらいあるレコードライブラリーがありました。

今は、建物の向かって左側が書庫や参考図書コーナーで、閲覧座席は40席ほどで、半分は参考資料コーナー用に指定されているようです。

以前に比べて閲覧席が減ってしまったと思っていたら、2階の会議室を開放して40席ほど確保されていました。

0052_5


すぐ近くには石神井公園があり、散歩もできます。

ボート池と三宝寺がありますが、駅から離れた三宝寺池の方が木々も多くのんびりできます。しかし、よく見ると、奥にかなりの人が集まっています。

行ってみると、カワセミがいるようで、私も写真を撮りましたが、ピンボケでお見せできなくて申し訳ありません。

ついでに石神井公園駅にも行きましたが、ここも大きく変わっていました。

なんといっても、ここでも鉄道の連続立体交差化がされており、いつも踏切が閉まっていて混んでいた富士街道にも、踏切がありませんでした。

0082


1980年代によく西武池袋線に乗っていたころには、もちろん江古田~石神井公園間も地上部を走っており、所々に高架化のための買収地が見られました。いつできることやら、当分できっこないなあと思っていたのが、今ではうそのようです。

しかも、工事区間が延長されて石神井公園~大泉学園も立体交差化がほぼできており、石神井公園駅も2階にあります。

いろいろ変わっていて、自分も歳をとったんだなあと感じる一日でした。

ここまで距離にして15.6km、平均時速は19kmでの走行でした。

でも、もう少し走ります。

2012年1月 3日 (火)

小平市立花小金井図書館

年末のある日、小平市立大沼図書館から同じく市立花小金井図書館に行きました。

こちらは、花小金井駅北口から徒歩3分くらいで駅からも近く便利です。

駅前の再開発に伴い、現地のやや西側から移転してきており、新しい建物です。

市役所出張所が1階にあり、図書館は2階にあります。

また、読書室が3階にあり、ここはじゅうたん張りで土足厳禁です。入口にくつ箱があり、ここに靴をいれることとなっており、初めての人は少し戸惑います。

机はなく、椅子に簡単なテーブルがついており、本はそこにのせます。

以前の0系新幹線の通路側座席の引出し式テーブルのイメージです。

本格的な勉強をしたい人にはあまり向いていない読書室ではないでしょうか。

001_22

この図書館の特徴といえば、テラス席です。

2階の雑誌コーナーの横にありますが、テラスで風を感じながら読書ができます。

春や秋は気持ち良いですし、夏も北東向きであるためか、それほど暑くはありません。

ただし、冬寒くて耐えられません。今日も誰もいませんでした。

0072


この日ももちろん自転車で2館とも行きましたが、それほどの走行距離にはならないので計測はしませんでした。おそらく6km程度の走行と思われます。

小平市立大沼図書館

年末のとある日、小平市立大沼図書館に行きました。

小平駅から徒歩で15分程度の距離にあり、都営大沼町一丁目アパートの建替えの際、都住の1階に新設されました。

小平市は多摩北部の中では、比較的図書館の数は多いほうですが、小平駅北口方面には図書館がなかったので、ここができて便利になりました。

比較的新しく、それほど混んでいないのが良いところです。

0092


この後、花小金井に向かいました。

2012年1月 2日 (月)

武蔵野市立吉祥寺図書館・中央図書館

クリスマス頃のある日、吉祥寺に用事があったため、武蔵野市立吉祥寺図書館に行きました。

ここは、吉祥寺駅のすぐ近くで、以前の近鉄百貨店、今のヨドバシカメラのすぐ裏で、駅から歩いても5分かからない距離です。

1階は雑誌コーナー等があり、主に本は地下1階にありますが、日差しが入るようになっていて、地下にいることを感じさせませんでした。

吉祥寺駅近くは、以前は路上駐輪の自転車だらけというイメージがありましたが、まち全体で対策に取り組んだためか、今はほとんど止まっていません。

図書館も立地上、駅に行く人や買い物に行く人が自転車を止めないように、自転車整理兼監視をする方が常時立っていました。(すぐ横には有料の駐輪場がありますが、図書館では有料にすることもできずに、市役所としても苦労されているようです。)

さすがにここに駐輪したまま、用を済ますわけにもいかないので、別の駐輪場を探しましたが、機械式の有料駐輪スペースでも、2時間以内は無料のものも数多くありましたので、そちらを利用しました。(元伊勢丹のあったところです。)

考えてみれば、吉祥寺も大きく変わってしまい、伊勢丹も近鉄もないんですね・・・

0012

吉祥寺での用を済ませた後、帰る途中に同じ武蔵野市立の中央図書館に立ち寄りました。

三鷹駅北口でこちらは駅からは歩けば15分程度かかる、五日市街道沿いに立地しています。

3階建ての立派な建物で、1階にある雑誌コーナーは充実していました。2階に一般図書、3階には参考資料室があります。

この日の自転車走行は、行きの吉祥寺までは10.9km、平均時速は18.6km/hでした。帰りは寄り道もしたので、距離は12.6km、18.0km/hでした。

東大和市立清原図書館

12月24日クリスマスイブのこの日は、家から5㎞程のところにある東大和市立清原図書館に行ってきました。

大団地である都営東京街道アパートの建替えの際に、都住の一角に建設されました。

家からは少し遠いですが、まだ新しくきれいですし、あまり混みあっていないところも好きなところです。

東大和市の南東のはずれにあるため、他の市民の利用も多いと思われますが、各区市町村がこうしてお互いに利用できる境界近辺にも図書館を建設するのは、素晴らしいことだと思います。

ちなみに、東大和市在住、在勤、在学でなくても、東村山市民は借りることができます。

0082

この自転車で行きましたが、行きは距離5.1km、平均スピードは16.3km/h、帰りは5.3kmを17.5km/hでした。

(写真は清原図書館とは別のところです。今後は図書館の写真を掲載するようにします。)

トップページ | 2012年2月 »