フォト

ブログの記事

無料ブログはココログ

ランキングに参加しております。いずれかポチッとお願いします。

10南多摩

2017年3月26日 (日)

稲城市ではなく川崎市にある若葉台駅とそこにできるテレビ朝日若葉台メディアセンター

京王相模原線の若葉台駅は地区センターとして開発されていますから、駅前に様々な商業施設があります。

アップダウンの多い多摩丘陵の斜面を開発したため、若葉台駅北口前にも道路がありますが、さらにエスカレーターを上ったところに、バスやタクシーの発着所のある駅前広場があります。

Img_5836_500x375

駅北口側は東京都稲城市になっていますが、駅南口側は神奈川県川崎市です。

↑エスカレーターや右側の道路は稲城市ですが、若葉台駅ホームや京王線線路は川崎市にあります。

北口にいろいろな施設や建物があるのに比べて、南口駅前にはあまり商業施設はありません。

駅前広場にも車では入れなくなっているようですが、子どもが遊んでいたりしてのどかでいい雰囲気です。

Img_5833_500x375

この先にある県道にかかる歩道橋までこの遊歩道は繋がっていて、利便性は考えられています。

こうして開発によって作られた街は、歩車分離がなされているとことがいいです。

Img_5831_500x375

↑再び北口に戻りエスカレーターで一段上がると、こちらも北に真っ直ぐ続いていく遊歩道があります。

すぐ先ではさらにエスカレーターで上がっていくという地形となっています。

駅から歩いて5分ほどのところに、「テレビ朝日若葉台メディアセンター」ができます。

Img_5810_500x375

テレビ朝日の公式サイトで詳しい情報を得ようと探したのですがあまりなく、「ゴーちゃん、若葉台メディアセンターに行って来ました!」という2月6日付のブログ記事があるくらいでした。

南側正面の窓には大きなゴーちゃんがいます。

Img_5807_500x367

遊歩道側にはオブジェのようなものがあり、「tvasahi」と読めるようになっているのでしょうが、その角度を探してみましたがうまく見えませんでした。

今は敷地内に入れませんが、近くに寄って見ればいいということでしょう。

奥には2月にも行ったコーチャンフォーの建物が見えています。

周囲を一周するとともに、いろいろ調べてみました。

続きを読む "稲城市ではなく川崎市にある若葉台駅とそこにできるテレビ朝日若葉台メディアセンター" »

2017年2月12日 (日)

上谷戸川源泉の公園の水源探しと日本最大のドトールがあるコーチャンフォー若葉台

前回に引き続き、上谷戸親水公園から上谷戸川の上流に向かって歩いていきます。

ホタルを飼育していた橋のところから少しだけ川沿いには歩けなくなっています。

Img_5594_500x375

でも、すぐ先で道路と水田との間に川の流れがあります。

北多摩地域では見ることのできない水田が、ここ南多摩地域にはあるようです。

Img_5595_500x375

田植え後でもいいし、稲穂の実った刈り取り前でもいいし、いずれにせよ水がある時の方がより美しい光景だったことでしょう。

振り返って見てみてもいい景色です。

Img_5596_500x375

そして、この上谷戸川の上流には池がありました。

しかし、いかにも人造の池という感じで、奥は芝生の急な斜面となっており、アースダムのようにも見えます。

西の方角となる上流側はきれいに整備された若葉台公園の「花の段々広場」となっています。

Img_5599_500x375

平成初期の頃、10年くらいまで、私が車に乗るのが好きで、休日にはそこら中を意味なく走り回っていましたが、その時は、ここ若葉台駅周辺には京王線の車庫くらいしか無いというイメージでした。

こんな公園も無かったし、多摩ニュータウンは主に多摩市と八王子市のものであって、稲城市のイメージはあまりありません。

Img_5602_500x375

現在はきれいな公園が整備されており、寒いながらも、やはり春のようで梅も咲いています。

調べてみるとやはり、稲城市の多摩ニュータウンは「ファインヒルいなぎ」として開発され、昭和63年には向陽台地区、平成7年には長峰地区、そして最も遅い若葉台地区は平成11年に街びらきが行われたとのことです

この池のどこかに水の湧き出ているところがないか探してみましたが、見つかりません。

池の水、つまり上谷戸川の源泉というか水源はどうなっているのでしょうか。

続きを読む "上谷戸川源泉の公園の水源探しと日本最大のドトールがあるコーチャンフォー若葉台" »

2017年2月 5日 (日)

三連アーチ橋の下には三沢川支流の上谷戸川の親水公園やホタルのいる環境があった

稲城市若葉台、長峰の辺りは多摩丘陵のアップダウンが大きな地形となっています。

上谷戸大橋という大きな橋の下には、川と親水公園があるようなので行ってみました。

下から見上げると、三連の立派なアーチ橋となっています。

Img_5568_500x375

上谷戸親水公園といい、「かさやと」と読むのだそうです。

町田市から稲城市、川崎市を経て多摩川に注ぐ三沢川は、北東に鶴川街道に沿って流れていますが、その支流として西から東へとこの上谷戸川が流れています。

まずは公園から数百メートル下流に向かい、三沢川との合流地点を目指しました。

Img_5573_500x375

↑坂浜にある三沢川の橋ですが、この100mほど上流に合流点があるのですが、探し回ったところ民有地に囲まれているようで、残念ながら見ることができませんでした。

坂浜のこの辺りを歩き回ってみたのですが、いい意味で田舎の風景の広がるいいところです。

↓公園に戻るため、上谷戸川を鶴川街道から上流に向かって見ていますが、あまり親水公園のある川には見えません。

Img_5575_500x375

しかし、そこからわずか200m先には、上谷戸親水公園はあります。

上谷戸川の周辺を自然観察や水遊びができる親水公園として、周辺地区と一体となった景観となるように整備し、平成17年度に完成したといいます。

Img_5579_500x375

↑親水公園と言いながら、川に直接下りて行くことは出来ない構造なのでしょうか。

整備にあたって、自然形態を残した流路とし、護岸は自然石を使用した空積みとしており、動植物の生息空間に配慮しているといいます。

↓別に流路を作り、池や水車小屋で水に親しめるようになっていました。

Img_5567_500x375

2.2ヘクタールのさほど広い公園ではありませんが、さらに上流にも川沿いに歩いて進めるようなので行ってみることとします。

続きを読む "三連アーチ橋の下には三沢川支流の上谷戸川の親水公園やホタルのいる環境があった" »

2017年1月 8日 (日)

日時計、振子時計、それにアナレンマ?というものもある首都大学東京「光の塔」

昨年末のことですが、首都大学東京の先生のところに所用があり、まだ冬休み前のキャンパスに行きました。

10か月ほど前の春休みにこの大学に来た時には、ここに「光の塔」という面白そうなものがあることを知らずに素通りしてしまい、後になってから、立ち寄れば良かったと思っていたところに行ける機会ができました。

Img_5224_500x375

南大沢駅から三井アウトレットパークの間の道を300mほど歩くと、首都大学東京の入口があります。

↑そのすぐ右にある1号館にある高い部分が「光の塔」です。

南東面と南西面の壁には日時計がありました。

Img_5227_375x500

↑右の南東側が午前、左の南西側が午後の時刻を表示するようですが、午後の棒がかなり壁面に近いように感じられます、角度の関係でそうなのでしょうか。

夕方で、しかも曇り空のため、日時計の影の表示は見ることが出来ませんでした。

それにしても不思議な「8の字」のようなものが両面とも描かれています。

光の塔の中の様子を見てみます。

Img_5228_500x375

↑正面(南東壁の裏側)には振子時計があります。

案内表示板によると、3.6mの長さの振子が2秒間で振れていて、毎正時にはパイプオルガンが自動演奏されるとのことです。

00分が来るのを待つほどは時間が無かったので惜しいことをしましたが、オルガン自体が見当たらないので、現在も本当に演奏されているのかはわかりません。

そして、時計の右にある外の明かりが見えている丸い穴↑には、大きな意味があるようです。

Img_5240_375x500

↑光の塔、南の角のここから入った陽光が正午にはどこに当たるかが、床面に表示されています。

夏至の時はとても陽が高いので、壁面のすぐ近くの床面の円の中に「夏至」と書かれています。

それが秋に向けては陽が低くなりますから、より遠い床面に当たるので、右側ラインには奥から「7、8、・」と書かれており、7月8月(・は8月中か?)の位置が示されています。

春から夏にかけては陽が高くなっていきますから、左側ラインには奥に向けて「4、5、6」と書かれており、それぞれ4月5月6月の位置が示されています。

二つの線が交わる位置は春分、秋分の日なのでしょうか。

続きを読む "日時計、振子時計、それにアナレンマ?というものもある首都大学東京「光の塔」" »

2016年3月 6日 (日)

気になる交番やタワーのある南大沢駅前と広大でフレンチもある首都大学東京

車では何回か通り過ぎたことはありながらも、行ったことのなかった南大沢へ行く機会がありましたので、京王線で行ってきました。

さすが、多摩ニュータウンとして計画された街だけあって、歩車分離されています。

Img_3935_500x361

しかも、雨に濡れずに周辺施設に行けるよう屋根も付いています。

なぜか、多摩ニュータウンに行く京王線というと、京王多摩センター行き電車のイメージが強くあります。

京王相模原線の京王よみうりランド駅から京王多摩センター駅までの開通は1974年(昭和49年)のことです

Img_3937_500x375

それが南大沢駅まで延伸されたのは、1988年(昭和63年)のことですから、その間の学生時の記憶が残っているからでしょうか。

その2年後、1990年(平成2年)には橋本駅まで開通して、現在の状況になっています。

南口駅前広場には、南大沢駅前交番があります。

Img_3932_500x375

入口で業者の人が作業をしているので、建設中のように見えますが、1993年(平成5年)には完成した團紀彦氏による設計のものだそうです。

ちょっと不思議なデザインです。

上に乗っているものは何なんでしょうか。

ミサイル発射基地のようです。

その奥に見える建物もデザインが凝っています。

Img_3934_500x375

この建物はサザンウインズ南大沢というパチスロ、フィットネスクラブ、銀行、レストランなどが入っています。

その手前の駅前広場の中央には、タワーというか、オブジェというか、塔というかわからないものがあるのも気になります。

検索して見ると、南大沢には「光の塔」というものがあるようですが、それは首都大学東京の中なので、この名称ではないようです。

Img_3938_500x375

再び駅改札前から北口に向かうと目の前に、三井アウトレットパーク南大沢があります。

下に広い多摩ニュータウン通りが通っています。

ここは2000年(平成12年)にラ・フェット南大沢として開業しました

その奥には、首都大学東京があります。

続きを読む "気になる交番やタワーのある南大沢駅前と広大でフレンチもある首都大学東京" »