フォト
無料ブログはココログ

ランキングに参加しております。いずれかポチッとお願いします。

09西多摩

2019年10月20日 (日)

瑞穂町で不老川の源流はどこにあるのか流れを遡って探してみる

不老川は、主に埼玉県内を入間市、所沢市、狭山市を通り、川越市で新河岸川に合流する河川です。

埼玉県道179号所沢青梅線の入間市宮寺の上流浄化施設のある辺りが、正式には上流端になります。

Img_9622-500x375

しかし、いつものパターンですが、ここからさらに上流にも川の流れがあります。

そもそも上流端に浄化施設が必要なわけありません。

Img_9613-500x375

↑東京都瑞穂町の上流方向を見ていますが、写真では混乱を招くことに矢印があり埼玉県と書かれています。

これは道路が東京都と埼玉県の境界となっており、ここから手前側の道路を埼玉県が管理する補修境界を示したものです。

Img_9615-500x375

↑奥に見えていたのは、東京都瑞穂町の元狭山雨水調整池です。

都内の水で埼玉県に水害の迷惑をかけないようにということでしょう。

Img_9625-500x375

↑南へ上流を目指して進むと不老川の流れはこの少し先、国道16号線の瑞穂第三小入口交差点すぐ近くで暗渠となってしまいます。

しかし、さらに南に行くと、学校通りから南方に、いかにも下に水路がありそうな道があります。

Img_9627-500x375

すこを南に進むと、高根通りのところから再び水路は姿を現します。

Img_9631-500x375

これはGoogle マップでも描かれており、少し先で西へと向きを変えます。

wikiによると狭山池の伏流水が水源と書かれていましたが、実際に流れを辿ってみると、こちらの流れが本命ではないでしょうか。

先を急ぎます。

続きを読む "瑞穂町で不老川の源流はどこにあるのか流れを遡って探してみる" »

2019年8月26日 (月)

霞川の水源に係るもう一つの説は平将門の後裔を名乗る三田氏が創建した天寧寺

前回は、青梅市の霞川の上流端から西へ鉄道公園や永山公園方向に向かいました。

風の子太陽の子広場内の池やその奥にある山々の谷戸が、霞川の水源となっているようでした。

Img_9367-500x375

↑しかし、調べてみると、この「霞川上流端」との標識のある交通公園入口交差点から、川の水源は北の方角にあるという説もあるようです。

つまり、都道28号青梅飯能線成木街道の北の方向になりますから、霞川はここで直角に曲がっていることになります。

Img_9379-500x375

↑北に向かい進んでいくと、道路下にあり見られなかった河の流れが、根ケ布交差点で都道から分かれる天寧寺坂通り沿いにありました。

さらに進むと、その天寧寺の総門の横を参道に沿って流れてくる水流があります。

Img_9369-500x375

元々この地には平将門創建と伝えられる真言宗高峯寺があったといいます。

現在ここにある高峰山天寧寺は、領主でありすぐ近くの勝沼城主であった三田氏が文亀年間(1501〜1504年)に創建した寺院です。

この天寧寺の奥に霞川の水源の「霞池」があるというのです。

Img_9371-500x375

↑総門から山道を進むと、山門は左にありますから、この川を渡ることとなります。

鐘楼にある大英元年(1521)に三田政定が寄進した銅鐘には、三田氏が平将門の後裔と記されています。

山門は楼門形式の立派なものです。

Img_9372-500x375

江戸時代の宝暦10年(1760)のものです。

天寧寺境域は東京都史跡に指定されているといいますから、水源の池だけでなく、寺院内の建築物にも期待が膨らみます。

続きを読む "霞川の水源に係るもう一つの説は平将門の後裔を名乗る三田氏が創建した天寧寺" »

2019年8月18日 (日)

青梅市にある霞川の上流端からさらに源流を探しに行く

東京都青梅市から埼玉県入間市を通り、入間川に合流する霞川があります。

青梅市東青梅駅近くで都道28号青梅飯能線成木街道が南北方向に通っています。

その鉄道公園入口交差点にある柿沢橋の所が霞川の上流端と表示されています。

Img_9365-500x375

しかし、他の川と同様に東京都の河川管理上での上流端なだけであって、実際にはここが水源ではありません。

道路を挟んで反対側に少し西へ行くと、すぐに流れを見つけることができます。

Img_9362-500x375

永山公園通りという道で、鉄道公園へ向かう道ともなっています。

この道路の左側つまり南側は斜面となっています。

Img_9348-500x375

↑やがて、永山公園通りはその斜面を上って行くので、下の川に沿った道をいきます。

上流に向けて西へしばらく進むと、風の子太陽の子広場入口という看板のところで、南西からの流れが合流しています。

↓左奥からの流れと右奥からの流れがあるということです。

Img_9349-500x375

まず、右奥つまり北東に向かいますと、すぐに道路は行き止まりとなります。

青梅市のよる野生動物に注意という表示があります。

Img_9351-500x375

絵にはシカ、イノシシ、ヘビ、ハチが描かれています。

ちょっと怖がりながら少し進みます。

続きを読む "青梅市にある霞川の上流端からさらに源流を探しに行く" »

2019年5月12日 (日)

青梅街道の元となる石灰を運んだ成木街道がわかる都指定史跡で有形文化財の成木熊野神社

青梅街道は江戸時代に整備された五街道の一つでもなく、距離も短い割には有名な主要街道となっています。

改めて考えてみれば不思議な話です。

何で東京というか江戸と青梅を結んだ青梅街道がこうした位置付けになったかを知ることができました。

Img_8954-500x375

青梅市の成木地区の都道193号線沿いの小高い山のところに、いい感じの神社がありました。

成木熊野神社は小田原北条氏に属していた木崎美作が、元亀2年(1571年)に紀州熊野権現をこの地に勧請したものと伝えられています。

Img_8959-500x375

↑鳥居から拝殿までには184段の石段があり、天明元年(1781年)に石灰石を切って造られたものです。

白土つまり消石灰は城の漆喰壁の材料として用いられ、ここ成木は良質なものの生産地でした。

Img_8958-500x375

↑鳥居の左側には旧鳥居が保存されており、これは木崎平七が発願し、江戸や村々の石灰窯主などの寄進により文政2年(1819年)に建立されたものです。

石造扁額とともに成木道(石灰の道)との関連を示しているといいます。

Img_8971-500x375

↑拝殿と覆屋は大正6年(1917年)に建立されたものです。

戦国時代には小田原北条氏の八王子城跡からも漆喰が見つかったといいます。

江戸時代になると、徳川家も江戸城の壁塗りにこの成木産の石灰を利用しました。

御用石灰として江戸まで運搬する道が成木道、成木街道で、それが後の青梅街道の元となります。

Img_8970-500x375

↑絵馬殿は文化5年(1808年)に建立されたもので、旧本殿の覆屋でした。

覆屋建て替えの際に絵馬殿として流用したそうです。

これらの成木熊野神社境域が東京都指定史跡となっています。

現在の覆屋の隙間からは本殿を見ることができます。

続きを読む "青梅街道の元となる石灰を運んだ成木街道がわかる都指定史跡で有形文化財の成木熊野神社" »

2018年8月26日 (日)

狭山池緑地にある狭山神社は埼玉県狭山市ではなく東京都瑞穂町にある

この前来た「さやま花多来里の郷」は東京都瑞穂町にありました。

あの時「さやま」という名前についてはあまり触れませんでしたが、埼玉県狭山市からはかなり離れています。

Img_7963_500x375

↑花多来里の郷の隣りは、「狭山池緑地」となっています。

この近くには2年ほど前に来た、残堀川の源泉の一つである狭山池があります。

考えてみれば、ここは狭山湖のすぐ西側であり、その狭山湖は所沢市、一部が入間市です。

Img_7945_500x375

↑この緑地は小さな山のようになっていて、そこには「狭山神社」があります。

狭山市という名前の印象が強くあるため、東京都内の瑞穂町にある「狭山」に違和感を感じていました。

しかし、狭山丘陵全体を考えれば、ここに「狭山」という名前が付いていても不思議ではありません。

Img_7947_500x375

↑コンクリート造の鳥居を多く見る中、木造の鳥居が美しいです。

急な階段を登って行った先に狭山神社はあります。

かつては、箱根権現や三社大権現といわれ、祭神の箱根大神ですが、永承年間(1046~1053年)源義家の奥州征伐の折、筥の池(狭山池)辺に陣営、箱根権現の霊夢に感じ、当地に勧請、凱旋の時に奉賽したといいます。

Img_7950_500x375

↑階段を登ると、幕末と明治の火災の後、昭和26年に再建された拝殿です

JR八高線の駅名であり、ここの地名でもある「箱根ヶ崎」は箱根権現から来ているのでしょうか。

Img_7960_500x375

祭神の木花咲耶姫命他二柱は源頼朝の関東五百社勧請の一社、主祭神の伊邪那岐、伊邪那美二神と泉津事解男命はそれ以前の奉斎だそうです。

境内には、勝海舟による題額の碑もあるといいます。

続きを読む "狭山池緑地にある狭山神社は埼玉県狭山市ではなく東京都瑞穂町にある" »

2018年7月29日 (日)

さやま花多来里の郷と書いて何て読むのか、そしてそれは何処にあるのか

さやま花多来里の郷というところがあります。

「さやま」と言えば、狭山湖や狭山茶で有名で、狭山市は埼玉県にあります。

「花多来里」と書いてあっても、何て読むかは分かりません。

Img_7794_500x375

音読みしてみると、ひょっとして「カタクリ」かなとも思えます。

郷と書いて「さと」と読むのはよくあることですが、その前にも里という字があるので、やはり謎です。

↑実はここは狭山市ではなく、東京都瑞穂町にある施設です。

Img_7817_500x375

「かたくりのさと」と読み、都内では珍しい20万株以上のカタクリの群生地ということです。

↑駐車場も整備されており、しかも緑化駐車場となっています。

都内随一のカタクリの群生地とパンフには書かれています。

Img_7795_500x375

↑ほぼ全面がカタクリ群生地ですが、通年開園して春以外にも花が見られるということなので、期待して見て回りました。

カタクリを見るために春のみ開園しているところは数多くありますが、ここは通年開園しています。

Img_7796_500x375

↑園路の右側が斜面になっていて、ここがカタクリ群生地となっているようです。

ぽつんとユリの花が咲いていました。

Img_7802_500x375

↑宮崎テラスという名の鑑賞デッキがあります。

春になると約3000平方メートルの斜面一面に見事なカタクリが咲き誇るそうです。

カタクリがこの季節に咲いていないのは仕方ないですが、先に進んでみましょう。

続きを読む "さやま花多来里の郷と書いて何て読むのか、そしてそれは何処にあるのか" »

2018年7月22日 (日)

数十年に一度しか咲かないというリュウゼツラン がもうすぐ咲きそうなみずほエコパーク

いつものように地図を見ていて、どんなところなのだろうと気になって、「みずほエコパーク」に先週末行ってみました。

瑞穂町の新青梅街道とJR八高線との立体交差のすぐ西側にあります。

Img_7821_500x375

入口の案内板には、この公園は町民の健康を増進し、リサイクルと環境学習を推進することを目的として設置されたとありました。

生態や環境を学ぶことを意味するエコロジーとのかかわりが深いことから、名称をエコパークとしたとのことです。

Img_7824_500x375

↑公園らしい芝生広場がありますが、この面積は3150平方メートルということなので、公園全体面積48500平方メートルからすれば、ごく一部でしかありません。

歩いていくと不思議なものもあります。

Img_7825_500x375

江戸時代には多摩地方には、最盛期に酒蔵が29場もあったそうで、その中の一つで使われていた「酒造りの大釜」です。

直径163センチ、重さ750キロもあります。

こうした鉄などの金属は溶かして、リサイクルして半永久的に使えることから、リサイクルの象徴として設置してあるそうです。

Img_7827_500x375

↑公園内には様々なものがあり、「伝鎌倉街道」もあります。

これは中世の鎌倉街道がここを通っていたというものです。

この近くにはあまりみたことの無い、枯れているようにも見える大きめな植物がいくつかあります。

Img_7830_500x375

「リュウゼツラン」というそうで、メキシコ原産で百年草とも呼ばれています。

数十年に一度しか咲かないから、こうした名前のようです。

なんと、その花が咲いているのではないかと思われる木がありました。

続きを読む "数十年に一度しか咲かないというリュウゼツラン がもうすぐ咲きそうなみずほエコパーク" »

2018年6月24日 (日)

国登録有形文化財がいくつもある石川酒造と大ケヤキと熊川分水と下の川の合流地点

玉川上水から分流した熊川分水の流れを、熊川神社から下流に辿ってみました。

しばらく道路沿いに見ることのできた流れは直角に曲がって見えなくなり、道路と民家の間というよりも民家の敷地内を流れているところがあります。

交通量の多い睦橋通りを渡ると、民家と民家の間を流れていきます。

Img_7727_500x375

↑この背中越しの道の向こう側では、何やら蔵造りの建物の敷地内に熊川分水は流れていくようです。

こちらは「石川酒造」という造り酒屋で、文久3年(1863年)に創業したといいます。

ギリギリ江戸時代です。

Img_7728_500x375

↑「新蔵」といい、明治30年(1897年)建築のもので、酒の熟成に使われている土蔵です。

国登録有形文化財になっています。

Img_7717_500x375

↑さらに古い明治13年(1880年)建築の「本蔵」もあり、ここで日本酒「多満自慢」が醸造されています。

これも国登録有形文化財です。

手前には熊川分水の碑も見えます。

Img_7726_500x375

↑ここ石川酒造では蔵見学も無料で出来るとのことですから、このような案内表示板もあります。

さらに古い建物もあるようです。

Img_7718_500x375

↑「長屋門」という250年前の江戸時代の建築といいますから1770年頃でしょうか、石川家が造り酒屋を営む以前からのものだそうです。

こちらも当然に国登録有形文化財です。

ちょっと石川酒造の宣伝のようになってきたので、熊川分水の先に進みましょう。

続きを読む "国登録有形文化財がいくつもある石川酒造と大ケヤキと熊川分水と下の川の合流地点" »

2018年6月17日 (日)

拝島段丘の上を流れる熊川分水と下を流れる下の川に咲いている水芭蕉みたいな花

熊川神社のすぐ横を流れている水路があり、熊川分水といいます。

何の分水なのかと言えば、玉川上水からの水を取り入れています。

Img_7705_500x375

奥多摩街道と並行するように熊川地区の中心を流れ、福生南公園で下の川に流れ込んでいます。

4年半前に来た熊牛会館の近くにある料亭幸楽園の東側辺りから分水しています。

ちなみに「下の川」は一般名詞でなく川の名前です。

↓(クリックすると拡大します)

Img_7703_1024x768

全延長2000mで幅は1.2mと狭いですが、1日1000トンもの水が流れています。

承応3年(1791年)熊川分水の工事願いが提出されましたが、100年もの時間を経て様々な難しい問題を克服して、明治23年(1890年)にようやく完成しました。

工事期間中は延べ7000人余りの人が労働に従事しました。

Img_7706_500x375

この辺りは多摩川から数百メートルしか離れていませんが、拝島崖線の上の拝島段丘に位置しており、水には困っていたようです。

↑熊川神社近くの、崖線の下に降りる坂を下ってみます。

確かに実際に段丘下に降りてみると、だいぶ高低差があることがわかります。

Img_7707_500x375

ところで、よく車止めの上にちょこんと置いてあるモニュメントがありますが、ここのものは小鳥のようです。

なんとそれぞれに名前がついていました。

右から、スズリン、すずか、ビッグバード、スズラン、スメちゃん、パーチク、スズピー、花み。

Img_7708_500x375

続いて、ムー、チェリー、ちゅんた、ハニー、チュロ、チュッチュ、スズちゃん、リュウくんです。

福生第五小学校と書かれていたので子供たちのネーミングなのでしょうけれど、いかにもスズメという名前が多い中、時々微妙なものもあるのが面白いです。

ここには「下の川緑地せせらぎ遊歩道公園」がありますから、少しみてみます。

続きを読む "拝島段丘の上を流れる熊川分水と下を流れる下の川に咲いている水芭蕉みたいな花" »

2018年6月10日 (日)

都内で2番目に古い安土桃山時代に建築されたのに見ることと七福神巡りもできる熊川

前回、都内で一番古い神社建築である豊鹿島神社の本殿は、覆殿の中にあり外から見ることは出来ませんでした。

福生市にある熊川神社本殿も、建築物として東京都指定有形文化財となっています。

都内で2番目に古いということですが、今度こそ直接見てみたいものです。

Img_7679_500x375

熊川神社は平安時代の初め、多摩川で産鉄をしていた部族が、鉄神として白蛇神(宇賀神)を祀ったのが起源だそうです。

古代の礼拝塚(糠塚)が、後世、神社となったもので、古代の多摩川の砂鉄産鉄に大きく関わっていたといいます。

多摩川で砂鉄を採っていたということさえも知りませんでした。

Img_7680_500x375

↑カラスが水を汚さないようにということで、手水舎に蓋が被せてありました。

確かに、本殿近くの木の上で数多くのカラスの鳴き声がしていました。

この神社は礼拝大明神と言われたいたものが、明治時代から熊川神社という名称になったといいます。

Img_7687_500x375

↑まずは熊川神社の拝殿です。

この神社で、映画「ちはやふる-上の句-」と「ちはやふる-下の句-」の撮影が行われたそうです。

御祭神は大国主命ですが、昭和35年から交通安全のためにあった拝島不動尊も拝島駅改築に伴い、平成18年からここ熊川神社の御祭神の一柱とされたことが書かれていました。

Img_7695_500x375

↑いよいよ本殿ですが、覆殿の中とはいえ見ることが出来ました。

神様にお礼とお祈りしながらも、柱の隙間からさらに見させていただきます。

Img_7697_500x375

文化財の説明板によりますと、熊川神社本殿は、一間社流、見世棚造で、奥側の一間の身舎と手前側の向拝と呼ばれる二つの空間から構成されています。

反対側からも見てみます。

続きを読む "都内で2番目に古い安土桃山時代に建築されたのに見ることと七福神巡りもできる熊川" »