フォト

ブログの記事

無料ブログはココログ

ランキングに参加しております。いずれかポチッとお願いします。

08北多摩南部

2017年8月20日 (日)

ららぽーと立川立飛の駐車場混雑状況から休日無料化できそうかの考察、ついでにタチヒビーチ

平成27年12月にオープンした「ららぽーと立川立飛」は、駐車場が3100台分ありましたが、開業当時は立川市や警察も含め、周辺道路をとんでもない渋滞にさせてしまうのではないかと危惧されていました。

そのため、駐車場は有料として車での直接の来場を抑え、周辺にもいくつかの駐車場を確保した上で、そこから無料シャトルバスが運行されていました。

しかし、多摩都市モノレール立飛駅のすぐ前という素晴らしい立地だったこともあり、心配されたほど渋滞は起きませんでした。

Img_6456_500x375

そのため、周辺の駐車場やシャトルバスは廃止されていきました。

また、開業当時は平日も休日も有料であった駐車場も、今では平日は終日無料です。

ですが、休日(土、日、祝日)は今でも有料となっています。

モノレール立飛駅からは、ららぽーと立川立飛の北西側2階に直接入れるようにペデストリアンデッキで繋がっています。

Img_6462_500x375

この日は雨天だったので、大した距離ではないにしろ、濡れないように屋根を付ければいいのにと感じました。

多摩都市モノレールでは、ここだけの効果とも言い切れませんが、一日平均乗車人員が平成27年度は前年度比6.3%増加、28年度は2.4%増加していますし、そもそも、道路上は難しいにしても、敷地内は運営する三井不動産商業マネジメントが屋根を設置してもよいのではないでしょうか。

1階の広場では子供が水で遊べるような遊具も設置されているようですが、雨だからか閉鎖されています。

Img_6463_500x375

ところで、この「立飛」というのはここを含めた広い敷地を所有している立飛ホールディングス株式会社傘下の立飛企業のことで、以前の立川飛行機株式会社でした。

5年前の冬にここに来た時は、当然にららぽーとの影も形もありませんでした。

敷地の北東側から見た2012年(平成24年)12月には、奥に見えるモノレール立飛駅までの間にららぽーとはなく、近くにはゴルフ練習場などがありました。

Dsc00066_500x375

駐車場の話に戻ると、無料化された後、車での来場者が増えたものの、平日に道路を渋滞させることはありませんでした。

昨年のある平日に私が訪れた時も、他のショッピングモール同様、やはり店内も駐車場もガラガラでした。

平日とはいえ、お盆休みの日はどんなものかと見に来てみると、駐車場はかなりの混雑です。

Img_6455_500x375

店内やフードコートは多くの家族連れなどで休日並みに賑わっていましたが、周辺道路は少し混んではいるものの大きな渋滞は見られませんでした。

休日の駐車場料金は1時間500円、以後30分ごとに250円となっていますが、お盆休みではあるものの平日であるため無料となっている日の様子を見ることにより、休日無料化ができるかを考える材料になるのではないでしょうか。

休日の駐車料金は、ちょっとややこしい料金体系の仕組みもあります。

続きを読む "ららぽーと立川立飛の駐車場混雑状況から休日無料化できそうかの考察、ついでにタチヒビーチ" »

2017年7月 9日 (日)

国分寺崖線にある大学構内にあって東京の名湧水57選にもなっている新次郎池と野川への水の流れ

国分寺崖線は、古代多摩川が北から南へと長い年月をかけて流れを変えていく中でできた、立川市から大田区のあたりまで約30km続く河岸段丘です。

高低差が15〜20mほどあり、そこには数多くの湧水があります。

Img_6295_375x500

その中で、国分寺駅近くの東京経済大学の構内にも湧水による池があると知りました。

この大学への所用がありましたので、ちょっと寄ってみることとしました。

西にある正門から入り、東端の校舎裏の階段を下りていきます。

↑振り返ってみると、国分寺崖線の結構な高低差であることがわかります。

Img_6297_500x375

↑ここに新次郎池があります。

ここは東京都環境局が選定した東京の名湧水57選の一つとなっています。

5箇所の湧水があり、元々はわさび田だったそうです。

それを北澤新次郎学長の時代である1960年前後に池として整備したため、この名が付いていると説明板がありました。

Img_6299_500x375

ちょっと想定外の名前の由来でした。

大学敷地としては南東に位置します。

夜中に台風が通過し、結構大雨が降った翌朝に行ったのですが、雨の直後過ぎたためか、水は溜まっているものの湧いている様子はありませんでした。

Img_6301_500x375

↑この池から南方に向かった細い川のような水の流れがあるようなのでその先を追ってみます。

事前に地図を見た時は、この南東側には大学の門は無く、外部から出入りが出来ないと思っていましたが、予想外に門がありました。

Img_6304_500x375

↑東京経済大学敷地の南東端から北を見ていますが、東側の道路に沿って、手前の南側に流れるように川はあります。

この新次郎池周辺は公開空間として開放されていました。

案内図があったので見てみると、よく耳にする「公開空地」と「公開空間」が区別され、地図に載っています。

続きを読む "国分寺崖線にある大学構内にあって東京の名湧水57選にもなっている新次郎池と野川への水の流れ" »

2016年11月20日 (日)

小金井市にある浴恩館公園は紅葉も美しく下村湖人も関わる文化財センター

紅葉の美しい季節になりましたから、花小金井駅から歩いて都立小金井公園に行ってみることとしました。

しかし、相変わらずの人出の多さにちょっとうんざりして、小金井公園は北から南に素通りして、玉川上水を渡り少し進むと、すぐに雰囲気の良さそうなところがありました。

Img_5310_500x375

↑浴恩館公園といい、「浴恩館」を中心とした公園です。

浴恩館とは昭和3年に京都御所で行われた昭和天皇即位大嘗祭の際の、神職の更衣所を(財)日本青年館が譲り受けて、ここに移築したものといいます。

浴恩館では青年団のリーダーを養成するために、後に小説「次郎物語」で有名になる下村湖人が所長となっていました。

Img_5311_500x375

現在は、庭を含めて小金井市の公園となっており、地図を見ると敷地の北と南に池があり、その間が川のようになっているようです。

↑しかし、北の池は枯れていて、ほとんど水の流れはありませんでした。

Img_5298_500x375

敷地内には、多摩川水系野川の支流である仙川が流れており、水はこの仙川に流れていくのでしょう。

↑この橋は次郎橋と名付けられています。

次郎物語は5部からなる、主人公の次郎が幼少から青年となるまでの成長の物語です。

Img_5299_500x365

↑その仙川の上流方面を見ていますが、仙川自体にも水の流れはありませんでした。

特に第5部は、湖人の浴恩館での実際の教育の実践に基づいて書かれているとのことです。

私の頭の中では、「浴」という字から温浴が浮かび、温泉がイメージされたところにこの浴恩館の建物を見ると、温泉旅館かなと感じてしまいました、すいません。

Img_5312_500x375

↑この建物が昭和6年からある浴恩館で、平成5年からは小金井市の郷土資料を展示収蔵する文化財センターとして利用されており、市史跡となっています。

2020年東京オリンピック・パラリンピックにおける国立競技場建替においても、一緒に建替されることで一躍有名になった「日本青年館」の所有でしたが、この建物は青年団での活用としての維持が難しく、昭和40年代には小金井市に売却されたようです。

現在は文化財センターとしてすっかり改装され、内部には先土器時代、縄文時代から現在に至る様々な展示がありました。

Img_5314_375x500

↑内部に入ると渡り廊下があり、その向こうには当時の寮である南寮もありますが、ここは改装されていないようです。

浴恩館は昭和6年から全国の青年団の指導者層が集まり、寝食を共にして人間形成をする講習所でした。

部屋の中を見ると、なぜか懐かしさを感じました。

続きを読む "小金井市にある浴恩館公園は紅葉も美しく下村湖人も関わる文化財センター" »

2016年4月17日 (日)

ようやく動き出した国分寺駅北口再開発は駅前交通広場が不思議なところにある

JR中央線は連続立体交差化も完了し、各駅前の街並みも変わってきています。

国分寺駅では昭和63年と平成元年に、南北自由通路と南口のターミナルビルが完成したものの、北口の方は道路も狭く、バス停も駅からかなり離れた場所にあり不便です。

20年以上前から再開発が計画されていましたが、それがようやく動き出し、昨年夏からは新築ビルの工事も始まりました。

Kokubunji3_2

国分寺駅北口地区第一種市街地再開発事業が約2.1haの規模で行われています。

この計画の特徴は、通常駅を降りると目の前にある交通広場がなく、まず、「ウエスト」と「イースト」と名付けられたツインタワーがあって、その奥に交通広場があることです。

よって、駅構内から計画地の工事現場の様子を直接見ることができます。

Img_4160_500x375

JR中央線の北側にある西武線構内から、再開発事業計画地の南西端に立ち、ウエストの現場を見ています。

ここにできる「シティタワー国分寺ザ・ツイン」の「ウエスト」は36階建てで、B1F~4Fが店舗部分、5Fが公益業務施設、6F~36Fが住宅部分です。

三越伊勢丹グループの商業施設が出店する予定だそうです。

Img_4168_500x375

改札をでて北口に行くと、駅と工事現場の隙間に仮設歩行者用通路ができています。

工事用囲いの一部が透明になっていて、中を見ることができます。

ウエストとイーストの間にも歩行者用通路がありますから、「ウエスト」工事現場の北東端から先程いた南西方向を見てみます。↑

Img_4171_500x375

↑今度は「ウエスト」の北西端から、さらに北に予定されている交通広場予定地を見ています。

駅からここに来るためには「ウエスト」を潜り抜けなければいけませんが、マンションの下とはいえ、商業施設があり、広い通り抜け通路も確保されるようなので、できてみれば、さほど違和感はないのかもしれません。

奥にある2階建ての仮設のパチンコ店のところまでが予定地です。

Img_4173_500x375

↑計画地北西端から振り返ってみると、駅南口にはマルイなどが入っているセレオ国分寺のターミナルビルやマンションなどが立ち並び、北口とは対照的です。

Img_4180_500x375

↑「イースト」の方も、計画地西側から見てみると地下工事が進んでいます。

「イースト」は35階建てで、B1F~3F(住友不動産HPによる)、1F~4F(パンフレットによる)が店舗部分、5F~35Fが住宅部分です。

全体像を見てみたいので、高いところから見られるところを探しに行きます。

続きを読む "ようやく動き出した国分寺駅北口再開発は駅前交通広場が不思議なところにある" »

2016年3月20日 (日)

イオンモールむさし村山や若葉ケヤキモールの客足は、ららぽーと立川立飛オープンで減ったか

2006年(平成18年)11月に、華々しくオープンした「ダイヤモンドシティ・ミュー」は、現在は「イオンモールむさし村山」という名前です。

敷地面積137000平方メートル、店舗面積84000平方メートルという広大な面積に、店舗数は約180もあり、当時は近隣に大型ショッピングモールもなかったため、人があふれていました。

そこに昨年末、4.5kmほど離れた場所に大きなライバルが出現したので、どんな様子になっているか、車で見に行ってみました。

Img_3981_500x375

休日とはいえ、予想外にというか、周辺道路は渋滞していて、駐車台数4000台という駐車場も満車で、車を停める場所探しに苦労しました。

店舗内も、オープン当初よりは少ないとはいえ、混雑していました。

Img_3984_500x375

ここには当初は、大きな核店舗として三越とジャスコの2つがありましたが、2009年(平成21年)に三越が撤退してしまいました。

その跡地がどうなってしまうのか不安でしたが、1階はFLAXUSという衣料品店、2階にはスポーツ用品店Victoria、3階に家電量販店のnojimaノジマが入っています。

Img_3990_375x500

2007年(平成19年)、運営会社のダイヤモンドシティがイオンモールと合併したことに伴い、「ダイヤモンドシティ・ミュー」から「イオンモールむさし村山ミュー」に、さらに、2011年(平成23年)、今の「イオンモールむさし村山」に再改称しています。

「ミュー」という名称は微妙でしたが、消えてしまうと寂しいものです。

同じ時期、もう一つの核店舗「ジャスコ」は「イオン」に名称変更されています。

Img_3987_500x375

シネマコンプレックスの「ワーナー・マイカル・シネマズむさし村山」も「イオンシネマむさし村山」と名称変更されていますが、数多くの人がいました。

4か月ほど前の、2015年(平成27年)12月に「三井ショッピングパーク ららぽーと立川立飛」がオープンして、大きな影響を受けて、空いてしまっているかと思っていましたが、そうでもないようで安心しました。

フードコートにもたくさんの人がいます。

Img_3985_500x375_2

そうなると、同じ立川市にある比較的小さなショッピングモールの方が、打撃を受けてしまっているのかも気になるので、行ってみます。

続きを読む "イオンモールむさし村山や若葉ケヤキモールの客足は、ららぽーと立川立飛オープンで減ったか" »

2015年5月24日 (日)

西武立川駅前の変わり様と昭島のアウトドア専門のショッピングモール

西武線の拝島駅の一つ手前に西武立川という駅があります。

駅名から判断して、JR立川駅まで行こうと降りてしまったら、とんでもないことになる位、両駅は約5km離れています。

駅前には店舗も住宅も何もない駅だったのですが、車窓からの景色が大きく変わっているので、思わず降りてみました。

Img_3271_500x375

駅前広場ができて、スーパーの入った店舗もありますし、向かい側にはマンションもあります。

駅舎も立派になっていますし、マンションの横には戸建て住宅も並んでいます。

Img_3274_500x375

すぐ近くには玉川上水が流れており、ちょうど2年前には玉川上水の取水口を目指して自転車の旅をした時に通りました。

この駅の近くではなぜか暗渠になっており、上部は公園になっていましたが、そこは変わっていないようです。

Img_3294_500x375

↑左側は昭和の森ゴルフコースとその練習場となっており、昭和飛行機工業の広い敷地が広がります。

少し進めば、木々の中の玉川上水の景色になります。

地図を見て知ったのですが、西武立川駅近辺は、立川市と昭島市の境界に位置しており、JR昭島駅までは約1.7kmとさほど遠くないようなので、歩いてみました。

歩道のある道路ですが、車道は渋滞しており、今日も暑い一日だったので、あまりいい散歩とは言えませんでした。

Img_3278_500x375

やがて、太鼓の音が聞こえてきますが、どうやらお祭りのようです。

あきしま郷土芸能まつりが行われていました。

一部道路を通行止にしているため、道が混んでいたようです。

↑既に昭島駅のすぐ近くまで来たようで、向こう側はモリタウンというショッピングセンターとなっています。

そのすぐ近くに、27年3月にアウトドア専門のショッピングモールができたといいます。

Img_3280_500x375

どんなところなのでしょう。

続きを読む "西武立川駅前の変わり様と昭島のアウトドア専門のショッピングモール" »

2015年5月 4日 (月)

神田川の源泉の井の頭公園はもうすぐ100周年なのでよみがえらそうと

暖かいというか暑いくらいのゴールデンウイークの中の1日、井の頭公園に行きました。

吉祥寺駅から歩いて行きますが、井の頭通りの丸井からの道は、人が多すぎて渋滞気味です。

すっかり建て替わってきれいになった いせや公園店にも行列ができていました。

公園に到着し、井の頭池の七井橋を渡ると、たくさんのスワンボートで、ここも渋滞です。

Dsc03541_500x375

井の頭池は神田川の源泉といわれており、かつては神田上水として江戸市民の飲料水として利用されていました。

ここは湧水が豊富で、7つの湧水があったことから七井の池とよばれていたとのことから、この橋も七井橋と名付けられました。

Dsc03540_500x375

↑上流側である北西方向です。

この風景、噴水を見ると、日本テレビ系ドラマの「俺たちの旅」を思い出しますねえ(古い)。

古いといえば、井の頭恩賜公園は大正6年(1917年)に日本初の郊外型公園として開園し、平成29年(2017年)5月には開園100周年となります。

湧水を探しにその一番端まで行くと、湧水らしきところがあります。

Dsc03544_500x375

「お茶の水」といい、徳川家康がこの湧水をくみ、関東随一の名水だと誉め、お茶をいれたことからこの名がつきました。

残念ながら、現在はポンプで地下水をくみ上げています。

というか、この井の頭池は今では湧水でなく、地下水を組み上げて放流しています。

湧水がなくなり、植物プランクトンが増え、水質が悪化し、さらに、オオクチバスやブルーギルなどの外来魚が多数いて、在来魚が減少し、小魚やミジンコのかくれがとなる水草もほとんどないとのことです。

Dsc03542_500x369

↑ということで、「よみがえれ!井の頭池!」と、外来生物の駆除や水草の植え付けなどで、井の頭池の生態系を回復させ、自然の浄化能力を活用し、池の底が見えるように水を浄化する取り組みが進められています、

平成25年には、「かいぼり」という、水を抜いて天日干しする作業が大規模に行われましたが、これを27年度、29年度にも行うようです。

この時は、多数の自転車が池の底から見つかり、問題となりました。

Dsc03548_500x375

↑少し先には弁財天がありますが、このプレートに書かれていたのは、その説明ではなく、「東京都指定遺跡 井の頭池遺跡群」でした。

神田上水水源池として旧跡指定されていましたが、昭和38年ころの発掘調査により、縄文時代中期から後期の竪穴式住居跡が発見されたそうです。

湧水近くの旧石器時代から縄文時代の遺跡でした。

さて、それでは数多くの人々がそれぞれの休日を過ごしている中、南東端の神田川上流部に行きましょう。

続きを読む "神田川の源泉の井の頭公園はもうすぐ100周年なのでよみがえらそうと" »

2014年12月13日 (土)

東京マガジンバンクへ「地図で読む新幹線」の講演会に行く

立川駅から歩いて20分ほどのところに東京都多摩教育センターという建物があり、その中に東京都立多摩図書館があります。

ここはJR南武線西国立駅からでも10分かかる、ちょっと不便な場所です。

Img_2895_500x375

都立多摩図書館のHPを見ていたら、12月7日に「地図で読む新幹線-東海道新幹線開業50周年-」という今尾恵介氏の講演会が、ここにあるホールで開催されるとのことなので、ネット申し込みをして行ってきました。

Photo

昭和62年に多摩社会教育会館として改築されたこの建物には、849席もの規模のホールがあり、今回はここが会場のようです。

ただし、地図等の画面を使って説明する講演会のため、定員は200名となっています。

立派なつくりの建物で、図書館前にはロビーもあります。↓

ホールへの入口は写真左に別にあり、ガラスの向こうにはホールのロビーも見えます。

Img_2901_500x375

今尾恵介氏の本は何冊か買って読んでいますが、地図と新幹線に関する講演は面白く、2時間の講演はあっという間に終わりました。

私も地図好きですからいいですが、一般の人からするとちょっと地図マニアな内容も一部あったことと、新たに発売された東海道新幹線の車窓案内の本のPRらしき内容があった点もありましたが、著作者としてはやむを得ないことでしょう。

Img_2897_500x375

都立多摩図書館は「東京マガジンバンク」として、公立図書館で最大規模、全国初の雑誌専門図書館ということで、17000タイトル集結しているということなので期待して、よってみました。

続きを読む "東京マガジンバンクへ「地図で読む新幹線」の講演会に行く" »

2014年6月15日 (日)

前川國男邸、三井邸、高橋是清邸を江戸東京たてもの園で見る

都立小金井公園の中に、江戸時代から昭和初期までの文化的価値の高い歴史的建造物を移築し、復元、展示、保存している「江戸東京たてもの園」があるので行きました。

出入口となるビジターセンターは、1940年(昭和15年)に皇居前広場で行われた、紀元2600年記念式典のために建設された式殿です。

Dsc02238_500x375

翌年、当時の小金井大緑地(現在の小金井公園)に移築され、光華殿と名付けられたものです。

ここから、江戸東京たてもの園に入ります(入場料400円)と、中には30棟もの復元建築物があります。

その一つが、前川國男邸です。

Dsc02291_500x375

日本の近代建築の発展に貢献した建築家で、少し前に見に行った国立西洋博物館新館や東京文化会館を設計した人です。

その他にも、1年前に見に行った神奈川県立図書館や、よく行く新宿の紀伊国屋書店の紀伊国屋ビルなども設計しています。

どんな自宅なのかと思いましたが、思っていたほど大きくありませんでした。

1942年(昭和17年)に建てられたもので、戦時体制下、建築資材の入手が困難な時代だったようです。

Dsc02285_500x375

ここ江戸東京たてもの園では、数多くの建物は靴を脱いで中を見学できるようになっています。

吹き抜けの居間を中心にシンプルな間取りになっていましたが、台形のテーブルなど、ところどころにさすがと思わせる部分がありました。

続いて、三井八郎右衛門邸です。

Dsc02292_500x375

この名前は、三井家当主が代々名乗った名前なのですが、ここは終戦後の財閥解体時の当主だった第11代の邸宅として、港区西麻布に1952年(昭和27年)建築されたものです。

さすが、三井財閥と思わされる広さと内装です。

Dsc02252_500x375

ここには、さらに1874年(明治7年)の土蔵も復元されており、中にも入れます。

この他にも、数多くの建物がありますが、歴史的に有名な元首相の家もあります。

続きを読む "前川國男邸、三井邸、高橋是清邸を江戸東京たてもの園で見る" »

2013年11月16日 (土)

ヘリコプターがいっぱいの立川防災航空祭2

2013年11月10日の立川防災航空祭に行った話の続きです。

航空祭といっても、ここ立川飛行場は主にヘリコプターの離着陸に利用されていますから、航空祭の主役もヘリです。

CH-47JA(チヌーク)が整理券を持った人を乗せ、行ったり来たりしているのを横目に、午前中にいたエプロンの北側付近に戻ってみると、地上展示の配置が変わっており台数も増えていました。

Dsc01076_500x375

↑手前にあるのは、OH-1(通称ニンジャ)です。

川崎重工業の造った国産ヘリで、観測ヘリコプター(偵察用?)です。

横に比べて正面から見ると、だいぶイメージが違います。

Dsc01079_500x375

そして、次はAH-1S(コブラ)です。

こちらは攻撃ヘリコプターで、普段立川駐屯地に配備されていません。

Dsc01080_500x375

続いて、AH-64D(アパッチロングボウ)です。 

これも、立川にはいません。

Dsc01081_500x375

横からも見てみます。

Dsc01084_500x375
さすが、攻撃ヘリコプターです。 

後ろでは、相変わらずチヌークが飛んでいます。 

さらに、となりには多用途ヘリコプターのUH-60JA(ブラックホーク)です。

Dsc01085_500x375

こちらも陸上自衛隊機ですが普段立川にはいません。 

並んで航空自衛隊機の同じくUH-60J(ブラックホーク)、その奥には東京消防庁のヘリもいます。 

Dsc01086_500x375

午前中にはここに、VIP輸送用のEC-225LPもいました。

さすがVIP用で、自衛隊機としては塗装色が全く違います。

Dsc00982_500x375

向きを変えると、立川駐屯地に多く配備され、普段、近隣の上空をよく飛んでいるヘリがありました。

続きを読む "ヘリコプターがいっぱいの立川防災航空祭2" »