フォト
無料ブログはココログ

ランキングに参加しております。いずれかポチッとお願いします。

2021年1月17日 (日)

藤原四家のうち式家の神社である上宮大澤神社で平安時代の歴史上の人物を復習

新小金井街道の小金井市貫井南町に「上宮大澤神社入口」という標識がありました。

大澤(大沢)と言えば、もっと西にある三鷹市の地名なので興味があり立ち寄ってみました。

境内と道路と駐車場の境がよくわかりませんし、中には住宅もあるようですが、全体が神社の敷地なのでしょうか。

Img_1151-500x375

狭いながらも美しい竹林に立つ神社案内板によると、創建は平安時代である天慶年間(938〜945)といいます。

藤原外記壽治(げきひさはる)が、大澤の池の上のこの地が山紫水明のいいところなので、大澤氏を名乗るとともに神社を創始したといいます。

大化の新で知られる中臣鎌足が藤原姓を賜わり藤原氏の祖となっていますが、その子孫だといいます。

Img_1152-500x375

↑7名の祭神が記載されていましたが、古事記や日本書紀に登場する神々ではない、歴史上実在の人物もいるようなのでそれぞれを調べてみました。

まず①「天児屋根命」は古事記・日本書紀にも載っている神になりますが、中臣氏・藤原氏の太祖神です。

②「藤御食子命(中臣氏)」は中臣御食子のことで鎌足の父になります。

Img_1155-500x375

↑鳥居から本殿までの距離は短く、右には社務所があります。

寒い日々なので、午後なのに手水鉢の水は一部凍っていました。

Img_1157-500x375

続いて、③ 「藤宇合命(藤原式家)」は藤原宇合(うまかい)のことです。

平安時代に非常に栄華を極める藤原氏の礎を築いたと言えるのは、奈良時代の藤原不比等です。

不比等は中臣鎌足の子で、その4人の子は北家、南家、京家、式家の藤原四家を形成します。

うち式家の祖が藤原宇合です。

本殿の前まで行くと参拝者を感知して雅楽が流れます。

» 続きを読む

2021年1月10日 (日)

萌芽に期待する三本榎と引又街道と拡幅されていく新青梅街道

武蔵村山市の新青梅街道には「三本榎」という交差点があります。

ここは都道5号線と55号線の交差点です。

3本の榎の木があるのだろうと思い、辺りを見てみると「三本榎史跡公園」はあるものの、ちょっと様子が変です。

Img_1134-500x375

「三本榎(乙幡榎)」と書かれた標柱や説明板があるものの肝心な木がありません。

武蔵村山市指定史跡の三本榎のうちの乙幡榎は、平成28年強風により幹の一部が折れ、保護措置を行いました。

しかし、令和元年5月には樹医より枯死した可能性が高いとされ、さらに令和2年6月には幹上部が折れ落下したため、止む無く幹本体を伐採したそうです。

Img_1135-500x375

ただし、残存する根系部から後継樹となるよう萌芽更新による育成を行っているそうです。

萌芽更新とは、広葉樹の切り株から伸び出すのでその萌芽を育て、樹木の若返り(再生)を図ることです。

三本榎の由来としては、やはり、3本の榎はあるのようで、もう一本は都道55号線の向かい側にある加藤榎です。

Img_1139-500x375

枯れた乙幡榎とこの加藤榎は、樹齢二百余年と推定されています。 

それぞれの榎に付いているのは何の名前なのかと思いましたが、昔、弓の遠矢競争で矢が落ちた場所にそれぞれの名の榎が植えられたそうです。

Img_1141-500x375

↑3本目は東京都水道局学園配水場敷地内にある奥住榎で、こちらは大正時代末期に植え替えられ樹齢は60年ほどです。

三本榎の南を東西に走る道路は、引又街道(市街道)といい、江戸時代から明治時代にかけて重要な道路で、三本榎はここを往来する人々の休憩所でした。

2枚目の写真の乙幡榎の塚にあった庚申塔は、寛政11年(1799)に造立されたものです。

その引又街道の様子を見てみます。

» 続きを読む

2021年1月 3日 (日)

まだ海辺だった頃に榛名様が上陸したという御船山と榛名神社のある富士見市勝瀬

6000年程前、縄文海進と呼ばれる海水面の上昇により荒川流域は、かなりの部分が海でした。

4年半前に見に来た富士見市にある水子貝塚は、その当時は海沿いだったということでこの地にありました。

Img_1130-500x375

↑同じ市内の勝瀬というところ、ららぽーと富士見のすぐ近くというと場所のイメージが湧くでしょうか、「お船山」というところがあります。

長さ約50メートル 、幅約25メートル 、高さ約2メートル ですから、実際には山というほどの高さではありません。

Img_1125-500x375

↑案内板によると、昔この辺が海辺だった時に、榛名様がお供二人とともに遠くから鉄の船で来て上陸しましたが、その後ここで船が沈んだということです。

お船山に棒を刺すと、鉄の船に当たり音がするとの言い伝えもあるそうです。
Img_1127-500x375

↑お船山越しに、林のようになった100メートルほど北の上陸したところが見えます。

また、まだ乗船中に船がお船山で沈んでしまう時、向こう岸の藤の木の蔓をつたい、一行は上陸できたという説もあるそうです。
Img_1131-500x375

↑いずれの説でも上陸したというところに榛名神社があります。

創建年代等は不詳ながら、文明9年(1477)再建の棟札が残されていることから、少なくとも室町時代には既にあったということです。
Img_1112-500x368

↑狛犬の乗っているところには岩がありますが溶岩なのでしょうか。

榛名神社やお船山という名称からも山にゆかりがあるようです。
境内に富士塚があるのかも気になります。

» 続きを読む

2020年12月27日 (日)

東大和市前身の高木村外五ヶ村の役場があった高木神社と塩釜神社

東大和市内の青梅街道を走る西武バスに「塩釜神社前」というバス停があります。

また、道路沿いには「安産の守神 塩釜神社」という大きな看板もあります。

矢印の方向に行き、公園とともに神社のあるところを見ると、ちょっと想定とは違っています。

Img_1089-500x375

↑「高木神社」と書かれておりその社務所があります。

まず、ここで目を引いたのは「東大和市旧跡 高木村外五ヶ村連合戸長役場跡」という説明表示板です。

Img_1087-500x375

東大和市は、明治時代初期には高木、清水、狭山、奈良橋、蔵敷、芋窪の六ヶ村に分かれていました。

その村ごとに戸長が選出されていましたが、明治17年(1884)に町村制度の大改正が行われ、500戸を基準として連合した地域に、一人の官選の戸長をおくことになりました。

Img_1093-500x376

六ヶ村を一区域として、戸長がここにあった戸長役場で事務を執ったというものです。

ほぼ現在の東大和市域の原型が作られたというもので、東大和市旧跡に指定されています。

↑建物はありませんが、書類入れだった土蔵だけは残っています。

そして、塩釜神社があります。

Img_1085-500x375

大正15年(1926)建立の「国幣中社塩竈神社分社」という碑が立っています。

宮城県塩釜市にある塩釜神社から分祀してもらった個人の土地の屋敷神だったものを、明治10年(1877)にここに勧請したといいます。

ここは予想外に、高木神社の末社という位置付けのようで、その高木神社との位置関係はこんな感じです。

Img_1091-500x375

↑右側にあるのが、先程見た塩釜神社の鳥居と社殿です。

さらに大きな鳥居と社殿が左側にある高木神社を見てみます。

» 続きを読む

2020年12月20日 (日)

熾烈な商圏争いのイオンタウンふじみ野と閉店したイトーヨーカドー上福岡東店跡地

一ヶ月ほど前の令和2年11月21日にオープンした「イオンタウンふじみ野」」に行きました。

日本無線埼玉工場が30年間あったという跡地で、53406平方メートル、総賃貸面積つまり店舗面積のことだと思いますが35254平方メートルです。

Img_1071-500x375

この周辺には大型商業施設施設が数多く出店していて、ららぽーと富士見までは3300メートル、イオン大井店までは2400メートルほどの距離です。

大井サティがイオンになりましたが、当時としてはサティは十分大規模といえる商業施設でした。

店舗面積24200平方メートルですから、お互いイオンですがライバルになります。

Img_1069-375x500

↑ここは工場を更地化して建設したのでしょうが、大きな木がありました。

調べてみたら、ヒマラヤ杉をシンボルツリーとして既存の樹木 を生かした約1111平方メートルの広場を設置したということです。

Img_1063-500x375

駐車場は地上平面と3階建建物の屋上に1800台分あります。

↑屋上の方は平日に行ったため、かなり空いていました。

イオン大井の駐車場は1326台です。

イオンタウンふじみ野の規模イメージとしては、イオンモール東久留米が敷地面積54000平方メートル、店舗面積39900平方メートル、駐車場1700台ですから近いものかもしれません。

Img_1060-500x375

↑屋上からの見晴らしはよく、東の方を見ると左にはさいたま新都心の高層ビル、中央には東京スカイツリーも見えます。

左のららぽーと富士見は敷地面積152000平方メートル、、店舗面積60000または80000平方メートルもありますから別格ですが、顧客は重なる部分も大きそうです。

ところで、西の方の景色では、実は先程から気になっていたところがあります。

» 続きを読む

«かつてあった高麗郡と平成の天皇皇后も参拝したという高麗神社