フォト

ブログの記事

無料ブログはココログ

ランキングに参加しております。いずれかポチッとお願いします。

2018年12月 9日 (日)

白子川の河岸段丘にある武州白子熊野神社の黄葉と富士塚

練馬区から北に向け白子川が流れていることは知っていましたが、和光市に白子という地名があることは知りませんでした。

板橋区と和光市の都県境を流れ新河岸川に合流する白子川の名前の由来のようです。

Img_8288_500x375

↑その川越街道と東武東上線の間、駅でいうと成増駅と和光市の中間に熊野神社があります。

背後は林になっているので分かりづらいですが、急斜面となっています。

Img_8268_500x375

この神社は白子村の鎮守として栄え、創建年は不明ですが社伝によれば約1000年前といいます。

白子は江戸時代には川越街道の宿場町として栄えていたそうです。

熊野神社本殿に向かって右側、方角としては北側には富士塚があります。

Img_8285_500x375

鳥居があり、富士嶽神社となっています。

入り口にはいくつもの碑があります。

Img_8274_500x375

ハチに注意との表示もありますが、いつもどう注意すればいいのか考えてしまいます。

まあ今は寒くなってきたので安心です。

Img_8276_500x375

↑しばらく登ると、登山道は左に折れ、ここにも鳥居があります。

右にも何かあるのでしょうか。

見ての通り、すぐ奥はマンションが建っています。

» 続きを読む

2018年12月 2日 (日)

立川ではなくて所沢にある国指定重要文化財の砂川遺跡と砂川の源泉

砂川遺跡という名前を聞くと、砂川事件を連想するので、立川の周辺にあるのかと思ってしまいます。

在日米軍立川基地拡張に関する事件の裁判ですが、東京都北多摩郡砂川町、現在の立川市の話だったはずです。

Img_8232_500x375

しかし、この砂川遺跡は埼玉県所沢市三ヶ島にあります。

所沢市で最初に発見された旧石器時代の遺跡だそうです。

畑の間のあまり広くない道路沿いで、案内板が無ければ気付かずに通り過ぎてしまうようなところです。

Img_8231_500x375

ナイフ形石器を含む769点もの石片が出土し、1万3000年前のものといいます。

いつもながら、こうした遺跡の年代を聞くと、気の遠くなるくらいの時間の長さを感じます。

Img_8233_500x375

ここは「砂川遺跡都市緑地」として整備されています。

調査では、石器類の出土地点の全記録と出土した石器類の接合という作業が初めて試みられ、ナイフ形石器等の製作工程が明らかとなりました。

Img_8234_500x375

石器類が集中しA地点↑とF地点↓から出土したということで、そこはブロックで囲い表示してあります。

出土した石器類は、「埼玉県砂川遺跡出土品」として国の重要文化財に指定され、明治大学博物館等に所蔵されているそうです。

ここには展示施設はありません。

Img_8237_500x375

また調査により、当時の人々が常に石を携行して移動し、そこで石器を作ったり、他の場所で作ったものが持ち込まれたり、他の場所へ持ち去ったりするなど、人々の生活や動きが実証されました。

日本の旧石器時代研究に大きな成果をあげたそうです。

ここはのどかな田園風景で、昔を感じさせてくれるいいところです。

Img_8236_500x375

でも、遠くに見える小手指駅前のタワーマンションが現在とのミスマッチ感を出しています。

ところで、立川ではないのに砂川という名が付いているのは、砂川という川が流れているからです。

久しぶりに、砂川で川の源泉探しをしてみました。

» 続きを読む

2018年11月25日 (日)

三春滝桜の子孫樹とやっと見つけた都立中藤公園の入口とデエダラまつりの元

引き続き、都立中藤公園を探して自転車道周辺を巡っていきます。

御岳トンネルを出ても周辺に行ける接続道がないようななので、次の赤堀トンネルに向かっています。

赤堀トンネルの右手前に「赤堀トンネル上の山桜」との表示があります。

上には山桜があり、手前は逆光ですが、花が咲いているように見えます。

Img_8198_500x375

また、同じく右上の木について、「福島県三春滝桜の子孫樹」と書かれています。

本当に子孫樹なのかは確認出来ませんでした。

前回も見た公園HPによると、赤堀トンネルの上にも一部開園部分があるようです。

Kouen

このトンネルを抜けたところから南へ道路を迂回して、行ってみることとします。

どこでどう間違えたのか、赤堀トンネルの上部へ行く道が見つからず、大きく迂回して、一つ手前の御岳トンネル上部の道に行くことになり、そこに辿り着きました。

Img_8199_500x375

↑しかも、先程自転車道を通った時は後ろを振り返らなかったので気付きませんでしたが、階段があり、自転車道と繋がっています。

Img_8200_500x375

↑さらに、トンネル上部の奥の方を見ると、小さな「都立中藤公園」との表示があります。

さらに奥には、東京都による都市計画公園事業のお知らせ表示板もありました。

Img_8201_500x375

かなりの広範囲である57.7ヘクタールが公園区域となっているようです。

そのうち色のついた西側の28.41ヘクタール部分が事業認可を取って、用地取得が進められているようです。

Img_8202_500x375

↑先程の小さな公園表示板のあった入口から公園に入って行くと、斜面に登り坂の通路が整備されています。

Img_8203_500x375

↑隣はみかん畑のようで、数多く実っていました。

整備されている開園面積は広くなく、すぐに展望台のような、ベンチのあるところに到着です。

» 続きを読む

2018年11月18日 (日)

これまで知らなかったのに地図にある都立中藤公園を目指して探検気分の山歩き

多摩湖の南西側となる狭山丘陵の中央南部辺りに、Googleマップを見ると「東京都立中藤公園」との表示があります。

もっと西に東京都立野山北・六道山公園があることは知っていましたが、中藤公園は初めて聞いた名前です。

Img_8180_500x375

↑ゆったりした田園風景も見られる住宅街を東西に通るこの道路から、地図を見ると公園や池のある北に向けて道があります。

「この先行き止まり」との看板表示されていますが、おそらく自動車のことで、徒歩では通れることでしょう。

Img_8182_500x375

↑この道の入口には、狭山丘陵の緑地があるためか、東京都水道局の「中藤水源」がありました。

進むとすぐに道路は狭くなり、山道となります。

Img_8183_500x375

ちょっとした探検気分です。

気温も少し低くなった気がします。

やがて左手に「魚つり禁止」と書かれていますから、気付きませんでしたがここに池があるようです。

Img_8184_500x375

池は南北に2つに分かれているようで、その間から見てみると水はほとんどありません。

魚釣りどころか魚が居なさそうです。

歩いていると、引っ切りなしに耳元で虫の羽音が聞こえてくるのですが、これがハチなのか、叩いていい虫なのか分からないのが困りました。

Google マップではこの辺に東京都立中藤公園と表示されているのですが、公園らしさは感じられません。

↑Yahoo!マップでは「中藤公園」との表示です。

先程の魚つり禁止は武蔵村山市の名前でした。

やがて、かなり前に見たことのある景色に出会いました。

Img_8187_500x375

↑トンネルだらけの不思議な自転車道の赤坂トンネルです。

6年半前に来ました。

自転車道はここで終点ですが、100メートルほど北に行くと別世界が広がっていたはずです。

Img_8189_500x375

↑しかし、台風の影響でしょうか、倒木のため行けなくなっていました。

この先は人があまり行かず、特に前に来たのは季節も春だったせいか、蝶が飛び交い、ウグイスの声が聞こえる素晴らしい場所でした。

ところで、場所は分かったものの結局のところ都立公園らしさがありません。

» 続きを読む

2018年11月11日 (日)

安積発祥の地といえる安積国造神社で進みゆく紅葉を見る

安積というと安積疏水が有名で、場所的には郡山の辺りかな位しか分かっていませんでした。

郡山に行ったので、郡山駅周辺を歩いていると、西に向かい5分程度のところに「安積国造神社」がありました。

国造といえば、「くにのみやつこ」と読むのを習ったことを思い出しました。

Img_8228_500x375

はるか昔、3代成務天皇5年(135年)のことですが、比止禰命(ひとねのみこと)が、初代安積国造に任ぜられて安積国を建国したといいます。

そして、神社を創建して、和久産巣日神と天湯津彦命禰命を祀り、比止禰命の死後には比止禰命が合祀され国造神社となったそうです。

Img_8227_500x375

安積国の開祖が祀られているということです。

ここは郡山総鎮守、安積発祥之宮である安積国造神社となります。

三の鳥居の先には「安積発祥」という碑と石もありました。

Img_8221_500x375

歴史的にはその後にも、坂上田村麻呂の東征の際には宇佐八幡大神が祀られました。

また、東北遠征時の源頼義が戦勝祈願し、義家は神領を寄進したとあります。

拝殿はすぐ先にあります。

Img_8216_500x375

立派な歴史を感じられる拝殿ですが、1810年(文化7年)に再建されたものです。

郡山市内では数少ない江戸時代の現存する建築物となります。

Img_8226_500x375

↑正面以上に斜めから見ると、一層美しさが際立ちます。

安積というのは、郡山市と合併した旧安積郡の範囲だけでなく、古くはほぼ郡山盆地全体という広い範囲の国名だったそうです。

大化の改新後は陸奥国の一部となりました。

Img_8217_500x375

↑この神社の境内はさほど広くはありませんが、様々な建築物があります。

やはり、本殿が気になるところです。

» 続きを読む

«多摩ニュータウン遺跡群に盛り土した縄文の村にある3種類の住居跡を見て改めて縄文時代の長さを思う