フォト

ブログの記事

無料ブログはココログ

ランキングに参加しております。いずれかポチッとお願いします。

2018年10月14日 (日)

仁徳天皇陵といわれる大仙陵古墳は近くで見ても地上80メートルの21階から見ても大き過ぎる

歴史の教科書に載っていた日本最大の仁徳天皇陵古墳のカギ穴型の写真は、今でも覚えていて頭に浮かびます。

近年、大仙陵古墳と教科書には表記されるようになったといいます。

本物をぜひ一度見てみたいと思っており、大阪府堺市に行って来ました。

Img_8123_500x375

堺市役所の21階に展望ロビーがあり、地上80メートルという高いところからから見ることが出来るということなので、まずはカギ穴の形を見ようと行きました。

↑右が前方部で中央付近が後円部となりますが、残念なことに木が鬱蒼とした小山にしか見えません。

Img_8119_500x375

↑では間近で見てみようと、レンタサイクルで行くことにしました。

さかいコミュニティサイクルといい、堺市内に8カ所のサイクルポートがあってどこへも返却することができ、300円で1日利用もできるシステムです。

ただし、市役所前のサイクルポートは無人なので、1日利用者は手続きのため、300メートル程離れた有人のサイクルポートに行く必要がありました。

Img_8145_500x375

10月とは思えないような暑い日でしたから、快適なサイクリングとも言えませんでしたが、仁徳天皇陵の後円部のある北端に到着です。

↑国道319号線が中央環状線から高野街道に分岐する交差点の歩道橋があるので、その歩道橋の上から古墳の東側に沿って見ています。

↓こちらは西側に沿って見たものです。

Img_8144_500x375

仁徳天皇陵古墳には濠があり、かつ大き過ぎて形がよく分かりません。

しかも、台風の影響により木が北に向けて倒れているため、余計見づらくなっています。

エジプトのクフ王のピラミッド、中国の秦の始皇帝陵と並ぶ世界三大墳墓の一つといわれ、5世紀中頃に約20年をかけて築造されたといいます。

Img_8146_500x375

↑周回できる自転車歩行者道があるので時計と反対周りスタートしてしばらく進むと、正面まで左に1600メートル、右に1250メートルと表示されています。

一周3キロ近くあるのですから、やはり大きいのだと改めて感じます。

Img_8147_500x375

↑南西端に着くと、前方部の四角形の角を見ることができ、初めて古墳の形を実感出来ました。

南側に通っている御陵通りの向こう側には大仙公園があり、園内の堺市博物館では無料シアターで百舌鳥古墳群の解説映像を見ることができます。

12分ほどの2種類の映像が30分ごとに上映されていますので、両方とも見て勉強しました。

» 続きを読む

2018年10月 7日 (日)

町田市川崎市境の尾根道を歩いてみて南北の景色を眺めるとマイコンシティというのがある

前回見てきた鶴川街道の都県境にある真光寺公園の北西端から木々の鬱蒼とした尾根道を歩いてみました。

この尾根道が東京都町田市と神奈川県川崎市の境界となっています。

Img_8053_500x375

↑右方つまり鶴川街道とは反対に北東に向けて歩き始めると、すぐに尾根は東へそして南東へと向きが変わります。

また、左側の斜面は緩やかで木々ではなく畑が広がり、明るくなりました。

Img_8054_500x375

↑この辺りでは北東に向けて遠くを見渡すことができます。

手前に小田急多摩線の黒川駅周辺の高架が、その先には京王相模原線の高架が見えます。

若葉台周辺の高層マンションも見ることができます。

Img_8055_500x375

↑すぐにまた木々の中に入っていきます。

耳元で聞き慣れない超低音の羽音が聞こえました。

おそらくかなり大きな虫と想像されますので、スズメバチではないかと急いで歩きます。

やがて南に向けて真っ直ぐ進む道と、左方つまり東に向かう道に分かれますので、東に進みました。

戻ってから地図を見て確認してわかったのですが、南に向かう道は真光寺公園に沿っていたようです。

Yahoo!マップの地形図で見ると、どちらも尾根道のようです。

Img_8056_500x375

↑東ルートでは、やがて今度は右に向けて視界が広がります。

建物の壁にはCanonと書かれていました。

そして下り階段がありました。

Img_8057_500x375

↑振り返ってみると、黒川宮添特別緑地保全地区という表示板がありました。

こうして緑が残されているのは素晴らしいことです。

これで終わりかとも思いましたが、この先にも道は繋がっていました。

» 続きを読む

2018年9月30日 (日)

池が印象的な真光寺公園と鶴川街道の都県境のごく軽い峠越えのある所

鶴川街道を西に向けて走って行くと、京王相模原線若葉台駅近くで東京都稲城市から神奈川県川崎市に入ります。

でも、標識を見なければ気づかないような、境界らしい川も山も道も何もないところです。

2km足らずで再び神奈川県から東京都に入りますが、ここはごく軽い峠越えをした気分を少しだけ感じるようなクネクネした道路となっています。

Img_8041_500x375

↑それを越えたすぐ先の左側に真光寺公園があります。

バスの終点停留所名にもなっていますし、狭いながらも駐車場もあります。

この公園の東端には池があります。

Img_8043_500x375

石神井公園や井の頭公園などの池を中心とした公園は数多くありますが、ここは違うようです。

ボート乗り場もありませんし、天気のせいもあるかもしれませんが、山奥の池か湖のような風景です。

Img_8067_500x375

↑ただし、少し日が差すと水の色も変わり、雰囲気が全く違って見えます。

公園は、入口のある南側から北側に向けて登り斜面となっています。

Img_8045_500x375

芝生の広がり、奥に向けて丘の登り斜面のある、のどかないいところです。

東側から池に沿って登っていこうとすると、池は奥まで続いておらず大きくはないようです。

Img_8046_500x375

↑その奥にはトイレの他、ちょっと広い空間もあり、ここには机と椅子もありますから、のんびり弁当でも食べるのもいいでしょう。

奥には低い山があり、囲まれ感もあります。

先程の芝生の登り斜面の横の階段で上に登って行きます。

» 続きを読む

2018年9月23日 (日)

若葉台近くの鶴川街道から東へと進めるようになる坂浜平尾線と棚田の美しい風景

京王相模原線の若葉台駅近くを通り、コーチャンフォー若葉台店の前を通って鶴川街道に行く道はT字路となっています。

その先に道路が出来てきていました。

Img_8071_500x375

この道は広域的には通ったことがありませんでしたが、西の方は尾根幹線道路を通り越し、永山駅の北側の多摩ニュータウン通りまで繋がっています。

多摩都市計画道路3・4・17号坂浜平尾線として、東は新百合ヶ丘駅の近くまで繋がっているようです。

Img_8072_500x375

しかも改めて地図を見てみると、現在工事をしている数百メートルよりも先は既に開通しているようです。

この部分だけ未開通となっています。

ここは橋梁となっているようです。

Img_8084_500x375

そのさらに向こうには京王相模原線が通っていますが、こちらは新しくなさそうですから、地形を考えて既に高架化されていたようです。

川の様子が見えませんので、西側に行って横からこの橋梁を見てみます。

Img_8087_500x375

↑未開通部分を迂回する車が数多く走る学園通りから、ここを流れる三沢川を見てみますが、あの橋梁ほどの川幅と水量は無いようです。

おそらく河川改修を想定しているのでしょう。

ここからは肝心な先ほどの道路下の川が見えないので、ちょっとだけ奥に行ってみます。

Img_8086_500x375

Googleマップを見ながら田んぼの畦道を進みます。

私有地に勝手に入るわけにはいきませんので、道となっていそうなところまで進みましたが、結局道路下の川の様子は見えませんでした。

それでは東側に行ってみます。

» 続きを読む

2018年9月16日 (日)

彫刻が素晴らしすぎる埼玉県指定文化財の箭弓稲荷神社の社殿と野球バットの絵馬

東武東上線東松山駅の西のすぐ近くに「箭弓稲荷神社」があります。

箭弓とは難しく何て読むのだろうというところですが、「やきゅう」と読みます。

創建は和銅5年(712年)ということですから、奈良時代の初めということになります。

Img_8014_500x375

社殿の配置は、日光東照宮と同じ内陣と拝殿を別にする権現造で、屋根は銅葺で千木とカツオ木をつけています。

正面の大きさは545センチメートル、奥行き515センチメートルの風格ある重厚な社殿です。

Img_8015_500x375

↑社殿には至るところに素晴らしい彫刻があります。

この拝殿ははおよそ10年の歳月をかけて完成されたものと考えられ、棟札によると天保6年(1835年)に上棟とされたと記されています。

Img_8018_500x375

↑本殿を右側から見ています。

埼玉県指定文化財となっており、社伝によると、本殿が文化元年(1804)年、幣殿が文化8年(1811)年に建築されたものといいますから、すべて江戸時代後期のものです。

Img_8020_500x375

↑本殿の右後方から見ています。

ところで、箭弓稲荷神社とは不思議な名前ですが、平安時代中頃までは野久稲荷神社だったようです。

Img_8022_500x375

↑本殿を左後方から見ています。

下総国城主の平忠常が謀反を起こし、武蔵国の川越まで押し寄せてきたため、朝廷は源頼信を追討の任に当たらせたといいます。

Img_8023_500x375

↑本殿の左側から見ています。

頼信はこの地「野久ヶ原」に本陣を張り、野久稲荷神社に必勝祈願をしたところ、明け行く空に箭(矢)の形をした白雲が敵を射るかのように飛んで行き、これぞ神のご加護と奮いたち、敵陣に攻め入り勝利したといいます。

» 続きを読む

«4世紀後半に造られたことがわかった東松山市の野本将軍塚古墳