フォト

ブログの記事

無料ブログはココログ

ランキングに参加しております。いずれかポチッとお願いします。

2018年6月24日 (日)

国登録有形文化財がいくつもある石川酒造と大ケヤキと熊川分水と下の川の合流地点

玉川上水から分流した熊川分水の流れを、熊川神社から下流に辿ってみました。

しばらく道路沿いに見ることのできた流れは直角に曲がって見えなくなり、道路と民家の間というよりも民家の敷地内を流れているところがあります。

交通量の多い睦橋通りを渡ると、民家と民家の間を流れていきます。

Img_7727_500x375

↑この背中越しの道の向こう側では、何やら蔵造りの建物の敷地内に熊川分水は流れていくようです。

こちらは「石川酒造」という造り酒屋で、文久3年(1863年)に創業したといいます。

ギリギリ江戸時代です。

Img_7728_500x375

↑「新蔵」といい、明治30年(1897年)建築のもので、酒の熟成に使われている土蔵です。

国登録有形文化財になっています。

Img_7717_500x375

↑さらに古い明治13年(1880年)建築の「本蔵」もあり、ここで日本酒「多満自慢」が醸造されています。

これも国登録有形文化財です。

手前には熊川分水の碑も見えます。

Img_7726_500x375

↑ここ石川酒造では蔵見学も無料で出来るとのことですから、このような案内表示板もあります。

さらに古い建物もあるようです。

Img_7718_500x375

↑「長屋門」という250年前の江戸時代の建築といいますから1770年頃でしょうか、石川家が造り酒屋を営む以前からのものだそうです。

こちらも当然に国登録有形文化財です。

ちょっと石川酒造の宣伝のようになってきたので、熊川分水の先に進みましょう。

» 続きを読む

2018年6月17日 (日)

拝島段丘の上を流れる熊川分水と下を流れる下の川に咲いている水芭蕉みたいな花

熊川神社のすぐ横を流れている水路があり、熊川分水といいます。

何の分水なのかと言えば、玉川上水からの水を取り入れています。

Img_7705_500x375

奥多摩街道と並行するように熊川地区の中心を流れ、福生南公園で下の川に流れ込んでいます。

4年半前に来た熊牛会館の近くにある料亭幸楽園の東側辺りから分水しています。

ちなみに「下の川」は一般名詞でなく川の名前です。

↓(クリックすると拡大します)

Img_7703_1024x768

全延長2000mで幅は1.2mと狭いですが、1日1000トンもの水が流れています。

承応3年(1791年)熊川分水の工事願いが提出されましたが、100年もの時間を経て様々な難しい問題を克服して、明治23年(1890年)にようやく完成しました。

工事期間中は延べ7000人余りの人が労働に従事しました。

Img_7706_500x375

この辺りは多摩川から数百メートルしか離れていませんが、拝島崖線の上の拝島段丘に位置しており、水には困っていたようです。

↑熊川神社近くの、崖線の下に降りる坂を下ってみます。

確かに実際に段丘下に降りてみると、だいぶ高低差があることがわかります。

Img_7707_500x375

ところで、よく車止めの上にちょこんと置いてあるモニュメントがありますが、ここのものは小鳥のようです。

なんとそれぞれに名前がついていました。

右から、スズリン、すずか、ビッグバード、スズラン、スメちゃん、パーチク、スズピー、花み。

Img_7708_500x375

続いて、ムー、チェリー、ちゅんた、ハニー、チュロ、チュッチュ、スズちゃん、リュウくんです。

福生第五小学校と書かれていたので子供たちのネーミングなのでしょうけれど、いかにもスズメという名前が多い中、時々微妙なものもあるのが面白いです。

ここには「下の川緑地せせらぎ遊歩道公園」がありますから、少しみてみます。

» 続きを読む

2018年6月10日 (日)

都内で2番目に古い安土桃山時代に建築されたのに見ることと七福神巡りもできる熊川

前回、都内で一番古い神社建築である豊鹿島神社の本殿は、覆殿の中にあり外から見ることは出来ませんでした。

福生市にある熊川神社本殿も、建築物として東京都指定有形文化財となっています。

都内で2番目に古いということですが、今度こそ直接見てみたいものです。

Img_7679_500x375

熊川神社は平安時代の初め、多摩川で産鉄をしていた部族が、鉄神として白蛇神(宇賀神)を祀ったのが起源だそうです。

古代の礼拝塚(糠塚)が、後世、神社となったもので、古代の多摩川の砂鉄産鉄に大きく関わっていたといいます。

多摩川で砂鉄を採っていたということさえも知りませんでした。

Img_7680_500x375

↑カラスが水を汚さないようにということで、手水舎に蓋が被せてありました。

確かに、本殿近くの木の上で数多くのカラスの鳴き声がしていました。

この神社は礼拝大明神と言われたいたものが、明治時代から熊川神社という名称になったといいます。

Img_7687_500x375

↑まずは熊川神社の拝殿です。

この神社で、映画「ちはやふる-上の句-」と「ちはやふる-下の句-」の撮影が行われたそうです。

御祭神は大国主命ですが、昭和35年から交通安全のためにあった拝島不動尊も拝島駅改築に伴い、平成18年からここ熊川神社の御祭神の一柱とされたことが書かれていました。

Img_7695_500x375

↑いよいよ本殿ですが、覆殿の中とはいえ見ることが出来ました。

神様にお礼とお祈りしながらも、柱の隙間からさらに見させていただきます。

Img_7697_500x375

文化財の説明板によりますと、熊川神社本殿は、一間社流、見世棚造で、奥側の一間の身舎と手前側の向拝と呼ばれる二つの空間から構成されています。

反対側からも見てみます。

» 続きを読む

2018年6月 3日 (日)

東大和市にある都内最古で唯一の室町時代に建立された豊鹿島神社は都指定文化財

建築物の東京都指定文化財というと、大抵はどこかでは聞いたことのあるような有名なものが多くあります。

一覧を見ていて、私が失礼ながらよく知らなかった神社が東大和市にありました。

Img_7590_500x375

↑旧青梅街道の芋窪の辺りから北に向かって行くと、その神社の鳥居があります。

右側ののぼりには「鳥居では一礼を」と書かれており、つい忘れがちですがその通りです。

参道を進み階段を上ると豊鹿島神社の社殿があります。

Img_7595_500x375

この神社の本殿は文正元年(1466年)の造営とのことで、都内にある最古かつ唯一の室町時代の神社建築です。

↑前はよく理解していませんでしたが、今はいくつかの神社を巡ったのでわかってきた、こちらは拝殿です。

Img_7602_500x375

↑後ろにあるはずの本殿ですが、大切な文化財といいことで覆殿の中にあるようです。

この覆殿も趣きのある建物です。

ですが、残念なことに本殿は全く見えません。

Img_7599_500x375

隙間から見ることさえ出来なくなっています。

本殿は一間社流造で間口170.7cm、奥行152.4cmだそうです。

社殿の裏側は狭山丘陵の斜面となっており、急坂となっています。

Img_7606_500x375

↑いくつかの境内社があるようです。

豊鹿島社は社伝によれば、文武天皇の慶雲4年(707年)に創建されたといいますから、奈良時代よりも前です。

かつては鹿島大明神でしたが、明治時代以降に「豊」のついた現在の名称になったようです。

境内社の中には、いくつもの鳥居が立っているものもあります。

» 続きを読む

2018年5月27日 (日)

くじら橋という名前がピッタリな土木学会田中賞も受賞した橋とみはらしの家

稲城市の稲城中央公園は通常イメージする公園というよりは、グラウンドや体育館などが多数ある運動公園です。

この入口にはクジラの親子の像があります。

Img_7647_500x375

何でだろうと思いましたが、このすぐ近くに「くじら橋」があるからのようです。

南多摩尾根幹線を跨ぎ、稲城中央公園の総合グラウンド側と、かつての稲城第二公園と言っていた野球場側を繋ぐ歩道橋です。

Img_7649_500x375

1997年(平成9年)に竣工しました。

この橋は技術的にも 難度の高いプレストレストコンクリート構造物で、優れた技術と特色、美観を有すると認められ、土木学会田中賞を受賞しています。

Img_7653_500x375

歩道橋と言いながらも、幅員は広い所では24.4mm、狭い所でも16.8mもあります。

橋上から植込み越しで見づらいですが、東方向には東京都心部が見渡せます。

Img_7654_500x375

西向きにも多摩丘陵を見ることができますが、南多摩尾根幹線は何と言っても中央分離帯の広さが印象的です。

Img_7656_500x375

近くにある交差点の名前も「くじら橋」です。

地元の小学生からの公募で命名されたといいますが、本当に子供らしいいいセンスです。

下から見てみるとよくわかります。

» 続きを読む

«新青梅街道からイオンモール東久留米に真っ直ぐ行ける道がようやく開通しそうになってきた