フォト

ブログの記事

無料ブログはココログ

ランキングに参加しております。いずれかポチッとお願いします。

2017年9月17日 (日)

やんばツアーズの八ッ場ダム工事現場見学会はとてもいいし、また行きたくなる

前回の続きで、国土交通省による現場見学会での八ッ場ダム建設工事の様子です。

現場を案内してくれるのは工事現場の厳ついおじさんだと思っていましたが、「やんばコンシェルジュ」という名称の上戸彩に似た若い女性です。

しかも、めちゃくちゃ知識もあり、土木のことも詳しくて、資料も見ずに解説してくれます。

Img_6544_375x500

↑何しろ大規模な工事現場ですから、ダムを造るためのコンクリートを運ぶケーブルクレーンのワイヤーのアンカーも大規模です。

平成28年6月からコンクリート打設工事が始まっているようです。

ワイヤーを間近にしながら、細い通路を進むと、目の前が工事現場です。

Img_6547_500x375

↑こちらは右岸で、向こう側が左岸になり、ここは堤高116mのダムの天端の高さとなるようです。

堤高は利根川水系ダムでは8番目だそうで、現在は3割程度の高さにまで工事が進んでいるとのことです。

吾妻川は左から右へと流れており、重量式コンクリートダムの形が左岸側にちょっと見づらいですが青い線で引かれています。

Img_6550_500x375

↑ここには生コンクリート工場があり、原石山から約10kmにもわたって、石の大小で3種類に分別されてベルトコンベヤーで運ばれてきた骨材が水とセメントを混ぜられて、コンクリートとなります。

そのできたてコンクリートが黄色いバケットに入れられています。

コンクリートは2つのルートで下の現場に運ばれているようです。

Img_6552_500x375

↑左のクローラクレーンはこのコンクリート打設には使われていないようで、ケーブルクレーンで運んでいます。

ケーブルによりバケットは手前に動いて来るとともに、下に降りて行きます。

中央の下の方に向かってバケットが動いています。

ダムの堤頂長は290.8mになりますから、このケーブルも長いです。

Img_6554_500x375

↑バケットは下まで着くと生コンクリートは、いろいろな方向に動けそうな不思議な形をした重機に載せられます。

こちらは主に手前側での作業に使われているようです。

工事が始まったころはもっと低い位置で、堤高116mもの高さ、今でも80m位の長さがあるわけですから、よくクレーンを操縦できるものだと感心します。

このコンクリート運搬にはもう一つのルートがあります。

Img_6561_500x375

↑左岸の壁に沿って、コンクリート工場からクレーンを使わずに、直接ダンプトラックに流れ込むような仕組みもあります。

奥ではそのダンプに積み込んでおり、手前ではダンプから降ろしているのが見えます。

ビルの建築現場で見るようなサラサラしたコンクリートとは全く違い、こうしてダムで使用されるコンクリートはドロドロです。

水分はコンクリートのヒビ割れの原因となるので、極力水とセメントを少なくして、骨材をなるべく多くしているからだそうです。

それでもヒビ割れを全く無くすことは難しいようで、先日テレビで見たその対策も目の前で見ることができました。

» 続きを読む

2017年9月10日 (日)

八ッ場ダムが完成したら水没してしまう前の長野原町の様子を見に行く

八ッ場ダムというと、民主党政権当時の平成21年9月に前原国土交通大臣が建設中止を表明しましたが、その後工事は進められ、平成31年度には完成する見込みとなっています。

これまでいくつかのダムを見に行きましたが、当然ながら湖面に水没してしまった町や村の様子を見ることはできません。

首都圏では唯一のダム工事が行われている現場を見るとともに、現在の様子を確認しに行きました。

Img_6524_500x375

↑特急草津1号の終着駅である長野原草津口駅で下車すると、駅の左隣りに「長野原・草津・六合ステーション」という地域振興施設があります。

ここの2階が「やんばツアーズ」という八ッ場ダム工事現場見学会の集合場所となっています。

1階には土産販売や軽食コーナーがありますので、まずは山菜そば550円で昼食、500円以上の飲食には小さなおこわおにぎりがつきます。

Img_6525_500x375

↑駅前には吾妻川が流れており、八ッ場ダムはここより8kmほど下流に建設されますが、見ているこの少し上流まで湖面になるそうです。

そのため工事により護岸整備されていますが、さすがにこの辺りは湖幅も狭いようで、都内に流れる中小河川でのゲリラ豪雨対策を少し大規模にした河川改修工事後というイメージです。

この「長野原駅前大橋」から、今度は下流側を見てみます。

Img_6527_500x375

↑左の駅に停まっている特急草津号の上野方面にはJR吾妻線のアーチ橋があり、右には国道145号線長野原バイパスの2つのアーチのある「長野原めがね橋」もあり、美しいです。

やはりダム関連事業が進んでおり、既に風景は大きく変わっているようです。

JR吾妻線もあの橋の手前は10kmほどトンネルばかりの車窓でしたが、路線が水没地区にあったため付替で移設されたためだったようです。

Img_6528_500x375

↑やんばツアーズのマイクロバスでは、最初の4kmほどの距離は参加者は数人しかしませんでしたが、この不動大橋左岸にある「道の駅八ッ場ふるさと館」から参加する人が大部分だったようで、ここからは20人の座席は満席でした。

国土交通省主催のこの現場見学会は大人気で、11月まで予約がいっぱいのようです。

この「不動大橋」は湖面2号橋とも言われるものですが、長さ590m、高さ80mでダム湖に架かる橋としては一番長いものになります。

正面には原石山というダムのコンクリートの骨材となる石をとるところがあります。

Img_6529_500x375

↑不動大橋の上からダムのできる下流側を見ています。

ダムが完成したらここからの景色は見えなくなってしまいます。

左下に半円形にあるのは、コンクリートの骨材の石を工事現場に運ぶベルトコンベアです。

右奥に見えているのは、湖面1号橋という「八ッ場大橋」で、ダムはさらに向こう側ですから、ダムという事業のスケールの大きさと影響の大きさを感じます。

Img_6566_500x375

↑その八ッ場大橋の右岸にはプレハブがいくつもありますが、工事関係者の住居、いわゆる飯場です。

そのうち手前の1階建てのものが「なるほど!やんば資料館」で、ダムについての解説やジオラマなどがあります。

そもそも、ここに来るために下調べるするまでは、八ッ場ダムがどこに造られているのか知りませんでしたが、ここの床には位置を示す地図がありました。

» 続きを読む

2017年9月 3日 (日)

鉄道カフェSTEAM LOCOMOTIVEではいくつものジオラマに鉄道模型が走りまくっている

ららぽーと富士見は立川立飛より少し早く、平成27年4月にオープンしました。

以前休日に国道254号線バイパスを通った際、ここの駐車場へ入っていく非常に数多い車を見て、さぞや混雑しているのだろうと思っていました。

しかし、平日に行ってみると、さすがに空いていました。

Img_6513_500x375

↑ジオラマの右側にあるのは、ららぽーと富士見の建物ですが、実際には鉄道はすぐ近くに通ってはおらず、東武東上線鶴瀬駅からバスで6分ほどのところにあります。

無料シャトルバスは運用されていません。

駐車場は4600台分あり、平日も休日も終日無料です。

Img_6510_500x375

このジオラマはその3階の「鉄道カフェSTEAM LOCOMOTIVE with ポポンデッタ」にあるものです。

模型店であるポポンデッタに鉄道カフェSTEAM LOCOMOTIVEが併設されているのです。

どんなところか興味があり入ってみました。

先ほどのららぽーと富士見のジオラマは店の外側からも見られますが、着席して、ジオラマの中を走っている鉄道模型をじっくりと見るためには、何か注文する必要があります。

Img_6497_500x375

セルフ方式で、自分で座席を確保してからレジで注文する仕組みのようです。

さほど空腹でもなかったのですが、ピザトースト680円を頼みました。

340円の飲み物も平日は200円でセットにできるということで、アイスコーヒーと合計880円です。

大きなジオラマが一つあって、その周りに座席があるのかと思っていましたが、そうではなくいくつもあります。

Img_6491_500x375

↑こちらは先程とは別のジオラマで、ついたての両側から向かい合う形で、右側はカウンター、左側はテーブル席となっています。

来ているお客さんは、お母さんと小さい男の子という組合せが何組もいました。

奥に見える入口近くに写っているタワーのようなものは何でしょうか。

» 続きを読む

2017年8月27日 (日)

イオン狭山のすぐ裏にある入間川の上奥富用水堰からの流れは滝のようで美しい

狭山市の国道16号線沿いには、イオン狭山とイオン武蔵狭山の2つがあります。

狭山市駅からこの2店舗を循環する無料シャトルバス送迎バスも1時間に3本運行されています。

1kmも離れていないところに立地していて不自然に思われますが、カルフールが日本から撤退してイオンに売却されたため、そこがイオン狭山となっています。

Img_6471_500x375

↑その店舗のすぐ裏側には入間川が流れているので、買い物のついでに川沿いの様子を見に行ってみました。

5年前の春に、入間川の左岸側にある入間川自転車道を走ったことはありますが、こちら右岸側は初めて来ました。

入間川の流れを見てみると、大量の水があり湖のようです。

Img_6473_500x375

↑上流側で、奥に見えるのは埼玉県道261号線の昭代橋です。

↓下流側を見ると、堰により水がせき止められているようです。

Img_6472_500x375

思った以上に大規模な堰ですが、農業用水のためのもののようで、「上奥富用水堰」だそうです。

堰から流れる水を見てみると、きれいです。

Img_6476_500x375

真横だと分かりづらいかもしれませんが、少し大げさに言えば「ナイアガラの滝」のように幅広い美しい水流です。

テトラポットも規則正しく整然と並んでいます。

Img_6477_500x375

水面間近で下から見上げて見てみたいものですが、近くには行けないようです。

少し下流に向けて歩いてみます。

» 続きを読む

2017年8月20日 (日)

ららぽーと立川立飛の駐車場混雑状況から休日無料化できそうかの考察、ついでにタチヒビーチ

平成27年12月にオープンした「ららぽーと立川立飛」は、駐車場が3100台分ありましたが、開業当時は立川市や警察も含め、周辺道路をとんでもない渋滞にさせてしまうのではないかと危惧されていました。

そのため、駐車場は有料として車での直接の来場を抑え、周辺にもいくつかの駐車場を確保した上で、そこから無料シャトルバスが運行されていました。

しかし、多摩都市モノレール立飛駅のすぐ前という素晴らしい立地だったこともあり、心配されたほど渋滞は起きませんでした。

Img_6456_500x375

そのため、周辺の駐車場やシャトルバスは廃止されていきました。

また、開業当時は平日も休日も有料であった駐車場も、今では平日は終日無料です。

ですが、休日(土、日、祝日)は今でも有料となっています。

モノレール立飛駅からは、ららぽーと立川立飛の北西側2階に直接入れるようにペデストリアンデッキで繋がっています。

Img_6462_500x375

この日は雨天だったので、大した距離ではないにしろ、濡れないように屋根を付ければいいのにと感じました。

多摩都市モノレールでは、ここだけの効果とも言い切れませんが、一日平均乗車人員が平成27年度は前年度比6.3%増加、28年度は2.4%増加していますし、そもそも、道路上は難しいにしても、敷地内は運営する三井不動産商業マネジメントが屋根を設置してもよいのではないでしょうか。

1階の広場では子供が水で遊べるような遊具も設置されているようですが、雨だからか閉鎖されています。

Img_6463_500x375

ところで、この「立飛」というのはここを含めた広い敷地を所有している立飛ホールディングス株式会社傘下の立飛企業のことで、以前の立川飛行機株式会社でした。

5年前の冬にここに来た時は、当然にららぽーとの影も形もありませんでした。

敷地の北東側から見た2012年(平成24年)12月には、奥に見えるモノレール立飛駅までの間にららぽーとはなく、近くにはゴルフ練習場などがありました。

Dsc00066_500x375

駐車場の話に戻ると、無料化された後、車での来場者が増えたものの、平日に道路を渋滞させることはありませんでした。

昨年のある平日に私が訪れた時も、他のショッピングモール同様、やはり店内も駐車場もガラガラでした。

平日とはいえ、お盆休みの日はどんなものかと見に来てみると、駐車場はかなりの混雑です。

Img_6455_500x375

店内やフードコートは多くの家族連れなどで休日並みに賑わっていましたが、周辺道路は少し混んではいるものの大きな渋滞は見られませんでした。

休日の駐車場料金は1時間500円、以後30分ごとに250円となっていますが、お盆休みではあるものの平日であるため無料となっている日の様子を見ることにより、休日無料化ができるかを考える材料になるのではないでしょうか。

休日の駐車料金は、ちょっとややこしい料金体系の仕組みもあります。

» 続きを読む

«さきたま古墳群より200年古く、家康も来ていたという新河岸川沿いの権現山古墳群